2017年09月05日
麺と心 7(濃厚魚介そば・新味)@阿倍野区
170904_1.jpg

「JET600」さんを出た後、珍しく連食で向かったのは、同じ
きんせい出身の「麺と心 7」さん…久しぶりの訪問になるんですが…
何たって「ラーメンDAY」ですからね...連食するにしても、レベルを
落としたくない...でもここなら間違いないでしょう...運良く外待ちも
なく、すんなり入れそうですね…

170904_2.jpg

炎天下の中、並んでくれているお客さんのために、ドリンクサーバー
を店の前に設置している…この辺の気遣いは、さすがですよね…

170904_3.jpg

さて…何をいただきましょうか…久しぶりにデフォもいいですね…
連食だから、サイドメニューは我慢しましょう…でも、麺は中盛で
お願いしようかな…(中盛、150gまでは同料金です。)

170904_4.jpg

店内に入っても声かけをはじめ、接客に関しては見事ですよ…この辺
は系列店の「JUNK STORY」さんも同様ですね...実に気持ちがいい…
女性の来客が多い店だけに、髪留めのゴムも用意しています。卓上に
味変の「柚子胡椒」が…僕は大好きなんですよね…

170904_5.jpg

【濃厚魚介そば・新味(926円)】(’17.8.28実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

看板メニューである「濃厚魚介そば・新味」をいただく…元味、極と
あるんだけど、これはトッピングの違いと見ていいのかな?動物系の
レアチャーシューは入ってないけど、魚介オンリーで構成されている
一杯だけに、この盛り付けがベストなのかもしれませんね…昔のビジ
ュアルと比べると、蓮根が入っていたり、ネギが小口になっていたり
と、若干の変化は見られる…しかしまぁ、カジキマグロのレアチャー
シューが入ってるラーメン自体が珍しいですよね…いつもの如く、
「火が通りやすいので、早めにお召し上がりください」とのこと…
もちろん、一番美味しい状態でいただくことにしましょう♪しっとり
として、美味いんですよ…ほのかに柚子の香りがしますね...

170904_6.jpg

いやぁ…見事だな...動物系使わずに、これだけまろやかでコクのある
白湯ができるんですね…カエシもちょうどいい塩梅で、濃厚なんだけ
ど後口がさっぱりしている...魚のアラをベースに、昆布、煮干し、節
類等でまとめあげたスープは、ポタージュを思わせる粘度があるんで
すが、魚介の臭みを全く感じさせない、実に良く出来たスープです。
特に女性受けしそうな感じですね...ラーメンでは珍しい蓮根の歯応え
もアクセントになっているし、煮玉子もええ感じですわ…

170904_7.jpg

自家製の平打ち麺を合わせているんですが、密度感高めの全粒粉仕様
ですね...重量感のあるモチプリの麺は、少々個性の強いスープを持っ
て来ても、負けることはないと思います。まさに「きんせい系列」の
麺と言ったところか…

170904_8.jpg

途中で卓上の「柚子胡椒」を少し多めに投入してみる...少しずつ撹拌
させて味の変化を楽しむ...これがねぇ…見事に合いますがな…まった
りとやさしいスープが、キュッと輪郭が引き締まる感じ...(*´ω`*)
この日は「きんせい」出身のレベルの高いラーメンを連食して、久し
ぶりにラヲタの血が騒ぎましたわ…たまにはいいですよね♪


麺と心 7
(住所)大阪市阿倍野区阿倍野筋4-12-13
(TEL)06-6657-7479 
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM9:00 
(休)無休 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html







■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月05日 22時46分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・