2017年05月12日
麺や 鳥の鶏次(鶏そば塩)@堺市
170510_1.jpg

以前から気になっていた「麺や 鳥の鶏次」さんに、ようやく訪問
することができました。この中百舌鳥界隈は「ロケットキッチン」
さんをはじめ、結構な激戦地区になってきましたよね…お店の裏側に
ある駐輪場にバイクを停めて(これが意外に停めにくい)お店に入っ
て行く...お昼時を大きくまわった時間だというのに、店内はほぼ満席
状態ですわ…スタッフも多くてキビキビとしており、活気があります
ね…奥にはテーブル席もあるのかな?そこそこの客数が入れそうだし
通し営業で、翌0:30までやってるんでしょ?これは凄いなぁ...

170510_2.jpg

メニューを眺めてさらに思う…写真が入って非常に見やすいし、何度
も足を運ばせるだけの、魅力的なメニューが並ぶ…遊び心もあるし、
ご飯ものも充実させている…痒いところに手が届く…そんな感じで
しょうか...「べらしお」さん系列ということで、色んなノウハウが
入っているんだと思います。

170510_3.jpg

【鶏そば塩(760円)】(’16.9.12実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初めてということで、デフォになるであろう「鶏そば塩」を注文して
みる...器からはみ出そうな程、迫力のある自家製レアチーシューが
目を引きますね…黄色く濁ったスープの上には、フライドオニオンを
ちりばめるなど、魅せ方が非常に上手い…ホウレン草、刻みネギ、
カイワレと見栄えが良く、本当に「食べたい」と思わせるビジュアル
に仕上げていると思います。

170510_4.jpg

国産鶏を8時間以上炊き込んだという旨味たっぷりのスープは、同じ
鶏白湯でも、ロケキチとはアプローチが違いますね…聞けば野菜や
魚介など、鶏以外の要素が全く入ってない純系鶏白湯スープとのこと
まさに鶏の旨味たっぷりなんだけど、濃厚ながらも重過ぎることは
ない…このあたりが幅広い層に向けた、絶妙なチューニングだと思い
ます。旨味で食わせるスープにありがちなピンボケ感は皆無で、カエ
シも角も立たせない、見事なほど優等生なスープです。これといった
欠点がほとんど見当たらない…(それが逆に面白みに欠けるか...)

170510_5.jpg

このスープに合わせるのは、密度感のあるなめらかな平打ち中太麺…
コシも強いし風味もいい…濃厚なスープとの相性も悪くないです。
低温調理法で作られたチャーシューは、厚みがあって肉の旨みに溢れ
ているなど、スープも麺も具材も本当に上手く考えられていて、やや
資本チックではありますが、全く隙のない仕上がりですわ...いやぁ…
参りました。(^_^;;


麺や 鳥の鶏次
(住所)大阪府堺市北区中百舌鳥町2-300
(TEL)072-240-1711
(時間)AM11:00 ~ 翌0:30(L.O. AM0:00)
(休)無休 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月12日 22時17分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・