2017年05月09日
カップ麺Watch(NO.338)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は明星の店カップですが、いずれも汁なしで麺量130gの
大盛カップ...「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」と「らーめん専門店
ぶぶか 油そば」…もちろんどちらのお店も未訪でして、このカップ
のみの評価になるんですが...早速いただいてみましょう♪

cup338_a.jpg

【明星「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」】

まずは「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」から…上ブタをめくると
小袋は2つ…液体ソースと後入れのかやくのみ…熱湯5分で湯切りして
それぞれをかき混ぜれば出来上がりなんですが...想像してたビジュア
ルとは違いますね...食べればさらに、その思いは強くなる...僕の頭の
中にある台湾まぜそばとは違い、魚介がかなり前に出た一杯…カツオ
だしを効かせた粘度低めの醤油ダレに、ピリッと辛いチキンとオニオ
ンのオイルを合わせている...もっとラー油ギラギラの、ジャンキーな
一杯を予想してただけに、若干拍子抜けしてしまったんだけど…台湾
まぜそばと思わなければ、これはこれで旨い...ふりかけスタイルの
かやくも面白いですね…味付肉そぼろ、ネギ、ニラ、ガーリック、
チリ、魚粉、刻み海苔と麺量と比較すると少ないけど、価格を考えれ
ば仕方ないか...しかしこの極太麺は圧巻ですね…130gと麺量もたっぷ
りで、食べ応えもある…カップ麺としてはこれが限界じゃないかな…
って感じのブリンブリンの剛麺で、この麺を食べるだけでも価値が
ありますよ…東京で台湾まぜそばの専門店として活躍されているみた
いなので、これはこれで確立されているんでしょう...


cup338_b.jpg

【明星「ぶぶか 油そば」】

続いて「ぶぶか 油そば」です。東京、吉祥寺のらーめん専門店
「ぶぶか」は、明星ではお馴染みでして...もう何度も発売されており
シリーズ化された様な感じなんですが…僕も以前「にんにく醤油豚骨
らーめん」をいただいたことがあります。しかし元々は「油そば」が
評判のお店なんですよね...そういう意味ではカップ麺ではあるものの
このお店の本筋をいただくことになります。上ブタをめくると小袋は
4つ…かやく、液体ソース、ふりかけ、マヨネーズ…極太麺なんですが
熱湯3分で出来上がりです。うん...モチッとした弾力のある油揚げ麺…
なかなかいいじゃないですか…濃厚な醤油ダレとの絡みもいい…この
タレはチャーシュー漬け込みの醤油ダレに、ゴマ油をブレンドした
もので、濃厚ながらも重みのない、どちらかと言えばサッパリとした
味わい…これにマヨネーズの油分とローストガーリックの芳ばしさが
加わると、ジャンキーさが増しますね…キレで食わせるのではなく、
旨味重視な仕上がりです。かやくはチャーシューにメンマ、ナルト…
このふりかけが良いアクセントになっています。小ネギ、刻み海苔、
七味唐辛子、ガーリック、ブラックペッパーと、タレと麺で食わせる
単調になりやすい「油そば」に、食感の変化と旨みを引き立てる良い
脇役...と言ってもいいんじゃないでしょうか…麺量も130gとボリュー
ムがあるし、タレと油のバランスを見直すなど、シリーズ化に従って
細かく改良しているのも好感が持てます。できればお店の油そばを
食べてみたいなぁ〜と思ってみたり…僕は途中で激辛一味を投入して
ピリ辛仕様でいただきました。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月09日 21時39分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・