2017年04月09日
あっぱれ屋(濁とろ塩ラーメン)@京都府
170408_1.jpg

食べ歩き仲間と一緒に、城陽にある「あっぱれ屋」さんに向かう…
前回、お昼の時間をずらして訪問したのが大正解だったので、この日
も超混雑の時間帯を避けて、ゆっくりめの訪問だったのですが…行列
はご覧の通り…もちろん店内も並んではいるんですが、これ位の並び
であれば、行列のうちには入らないでしょう♪(ラッキーw)

170408_2.jpg

あっ…と言う間に、入口付近だぜィ!...「本日のつけ麺売り切れまし
た」と、お決まりの立て看板が...わかってますがな...この時間に来て
つけ麺が食べれるなんて、思ってはいませんよ…(^_^;; つけ麺狙い
なら、開店前の早いうちに並んでおかないと…

170408_3.jpg

広い厨房で無駄のない動き…接客も心地よいし、少々待たされても
腹が立つどころか、感心してしまうんですよね...お弟子さんも加わっ
て、現在四人体制なんですが...夫婦二人でも変わらず回してしまうの
が、この店の凄いところ…

170408_4.jpg

【濁とろ塩ラーメン(900円)】(’17.4.3実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

濃度の違いで「こくまろ」と「濁とろ」に分かれているんですが、
この日はこってり気分だったので...「濁とろ塩ラーメン」を、麺大盛
でいただきました。(大盛1.5玉まで無料)いやぁ...相変わらず美味し
そうでしょう?隠し包丁の入った存在感たっぷりの太メンマに、煮玉
子、小口葱…そして、あっぱれ屋自慢の低温調理チャーシューが綺麗
に盛り付けられる…

170408_5.jpg

この日のスープはアタリみたいですね…粘度もそうなんですが、旨味
が半端ない...豚の背ガラをたっぷり煮込んだ白濁したスープに、数種
の魚粉をブレンドしており、カドの無い塩ダレでまとめている…濃厚
ではあるものの、気になるようなクセは全く感じられず、本当に多く
の人に支持されるスープだと思いますよ…

170408_6.jpg

フェトチーネを思わせる極太の自家製平打ち麺は、若干スープを弾き
気味ではあるんですが、むっちりと弾力があって風味も素晴らしい…
同行した友達も、あまりの旨さに感動しておりました。

170408_7.jpg

卓上にセットされた「コショウオイル」...色んなお店の薬味の中でも
一番気に入っているのが、コレなんですよ...胡椒好きにはたまらない
と思います。

170408_8.jpg

「入れすぎ危険」と書いてあるのですが、いつも入れすぎてしまうん
ですよね...マッタリとした濃厚スープをガツンと引き締める、魅惑の
薬味ですわ...連食だったものの、余裕の全汁でございます。ウチから
はかなり距離もあるし、並ばないと食べれないけど...それでも定期的
に食べたくなる一杯なんですよね...(*´ω`*) ごちそうさまでした。


俺のラーメン あっぱれ屋
(住所)京都府城陽市奈島下小路11
(時間)AM11:30 ~ PM2:30(売り切れ次第終了)
(休)日曜日、祝日、第4土曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年04月09日 22時38分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・