2017年03月12日
麺屋7.5Hz 東住吉店(中華そば)@東住吉区
menya75_46.jpg

一ヶ月ほど前の話...うちの近所にある「麺屋7.5Hz 東住吉店」さん…
夕方に前を通ると、閉まってることが多かったんです。あれ?定休日
が変わったんかな?少し早めの時間に前を通ると、電気は薄暗い
ものの、なんとか開いているみたい…せっかくだから、中に入って
みましょうか…

menya75_47.jpg

僕が入店したのは午後7時頃…僕が椅子に座ると同時に、暖簾をしま
う感じ…あれれ?と思ったら、店内に張り紙が…「暫くの間、営業
時間 午前七時〜午後七時とさせて頂きます」通し営業でこの営業
時間でも驚きなんですけどね...早朝から深夜まで開いているのがウリ
の店だけに、交代で入る大将が怪我か何かしたみたいですね…
(※ 現在は復帰されて、営業時間も長くなっています。)

menya75_48.jpg

さて…何を注文しましょうか…と言っても、スープは基本の醤油と
塩の二種類で、あとはサイズとトッピングの違いぐらい…久しぶり
なので、やっぱり基本の高井田系が食べたいですよね…

menya75_49.jpg

【中華そば(530円)】(’16.2.6実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目の前に濃い醤油色の一杯が届けられる…コレですよ…定期的に
無性に食べたくなる魔性の一杯ですわ…「並」で530円という
リーズナブルな価格ながら、ザク切りの瑞々しいネギも山盛りだし、
チャーシューやメンマも結構入っている...いつもの如くチャーシュー
を底に沈め、底から栄大号の麺を持ち上げて、旨味を撹拌させる…

menya75_50b.jpg

鶏ガラと昆布でとったスープに、濃厚醤油ダレを合わせている…
まさにキレで食わせる一杯なんですが、若干カドは立たせながらも、
醤油本来の香ばしさや酸味、旨味が広がる…沈めたチャーシューから
も旨味が滲み出て、レンゲを持つ手が離れない...何という中毒性の
あるスープなんでしょうか…

menya75_51.jpg

濃い醤油味のスープと共に、高井田中華そばを代表する味のパーツに
なるのが、「栄大号」の極太ストレート麺...相変わらず重量感があり
モチモチとした弾力がたまらない...こんなに太い麺なのに、スープを
弾くことなく、わしわしと頬張ってブチンと噛み切る醍醐味...(*´ω`*)
この価格でこの満足感は、なかなか得られないでしょう…

menya75_52.jpg

この攻撃的なスープと、胡椒の相性が最高にいいんですよね…多めに
ふりかけて、下品に仕上げてみる…完全タレ勝ちの醤油のキレと、
化調たっぷりによる舌に感じるピリリ感...「このスープ…最後まで
飲み干したら、カラダに悪いだろうなぁ…」と思いながらも、止める
ことが出来ないんですよ...(´ε`;;)これだけ個性のある一杯だから、
当然好き嫌いはあると思うけど、間違いなく大阪を代表する一杯に
なるでしょうね…


中華そば専門店 麺屋7.5Hz(東住吉店)
(住所)大阪市東住吉区北田辺5-12-9
(TEL)06-6622-2422
(時間)AM6:00 ~ PM4:00 PM6:00 ~ 翌4:00
(休)木曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年03月12日 22時40分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・