2014年05月31日
らーめん大斗(伊賀牛 牛骨白湯らーめん)@東住吉区
140530_1.jpg

真面目なラーメン「大斗」さん...店長の「さげちゃん」は商売人としては
おとなしくて、不器用な感じはするけど...ラーメン作りに関しては、かなり
真っ直ぐな職人なんですよね...そんなさげちゃんが、その時の旬の野菜や閃き
で創る「きまぐれらーめん」...ちょっと前まで「牛骨煮干しらーめん」って
いうのをやってたのですが、週末限定だったのと提供数が少なかったので、
半ば諦めてたんです。しかし友達が食べていた牛骨白湯の写真を見て、今回は
どうしても食べたくて...お店に確認を入れてから伺いました。

140530_2.jpg

【伊賀牛 牛骨白湯らーめん(820円)】('14.5.26実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近の「大斗」さんの限定は、キレッキレなんですよね...無化調を謳うお店
とは思えない程、結構攻めの一杯が続いています。今回もねぇ...僕にとっては
非常にハードルが高い「牛骨」のラーメンですよ...以前も書いたことがあるん
ですが...某店の牛骨ラーメンを食べた時に、ギブアップしそうになってから、
トラウマになっているんですわ...今回はこのクセの強い牛骨を、どのように
さげちゃんが調理するのかが、非常に楽しみだったんです。おっ...意外に大人
しめのビジュアル...褐色のスープの上には多めの油を浮かべている...パッと見
は清湯と勘違いしてしまいそうですね...メンマに煮玉子、葱、チャーシューと
シンプルな盛り付けです。

140530_3.jpg

うわぁ...これはスゴイわ...確かに牛骨のネガな部分が全く無いワケではないけ
ど、それ以上に旨味が強くて、ぐっと惹き込まれるようなスープ...伊賀牛の
特徴なのか下処理の良さなのか、臭みはかなり抑えられていますね...「これ?
牛も使ってるんですか?」っていう感じではなくて、一口目でハッキリ牛骨と
わかります。動物系は牛骨のみで、長時間炊き込んだ白湯スープに、煮干し、
野菜の重ね煮を合わせたスープは、進化した醤油らーめんのカエシでまとめ
られる...これは感動的な旨さですね...正直、こんなに濃くて嫌味のない牛骨の
ラーメンは、初めて食べましたわ...

140530_4.jpg

この内麦を使った平打ち麺も旨いなぁ...なめらかでコシもある。スープ表面の
牛脂が麺に絡んで、何とも言えないスープの持ち上げを見せる...さげちゃんは
「できればトッピングに伊賀牛を使えばいいんですがねぇ...」とボソッと
呟いたんですが、この「艶ポーク肩ロースチャーシュー」も負けてませんよ...
艶ポークらしい濃縮された旨味は、この濃厚スープと相性の良さを見せる...

140530_5.jpg

途中から、ニンニクと生姜を合わせた薬味を投入すると...これまたコクが増し
ますね...生姜の風味もアクセントになっています。このラーメン...限定で終わ
らせるのは勿体ないですよ...ということで、オーナーにかなりプッシュして
みたところ、前向きに考えてくれるとのこと...とりあえずは、今度の土曜日
ぐらいから、提供できるようにしたいそうです。楽しみですね...(*´ω`*)

140530_6.jpg

らーめん大斗
(住所)大阪市東住吉区駒川5-7-3
(TEL)06-6691-2244 
(時間)AM11:30 ~ PM3:00 PM5:30 ~ PM10:30(L.O.)
(休)水曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2014年05月31日 20時51分 | 記事へ | ラーメン | Comment:4 Trackback-
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・