2017年09月24日
カップ麺Watch(NO.360)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は番外編となりまして、麺ではありません...水を入れて
チンして出来上がりのインスタントライスですね...僕的には量が物足
りなくて、敬遠してたんですが…店頭で本当に美味しそうに並んでい
るのを見て、久しぶりに購入してみました。「カレーメシ2 大辛」と
「蒙古タンメン中本 特製 辛旨飯」…どちらも美味しそうでしょう?
早速いただいてみましょう...

cup360_a.jpg

【日清「カレーメシ2 大辛」】

まずは「カレーメシ2 大辛」から…前回は「中辛」を頂いたので、
二度めになるんですが…今回は「大辛」ということで、中辛の10倍の
辛さになるそうな…これは楽しみですね…まず調理に関してですが、
「水を内側の線まで注ぎ…」これが至難の技なんです。水を入れると
同時に中のお米が盛り上がってきて、内側のラインが確認できない…
はい...目分量ですわ…実際に作ってみると、そこまでシビアな感じで
はなく...カップラーメン程、味に影響を与えるものでは無い…500W
で5分30秒…できればこの後、蒸らすことができれば…さらにライス
らしさが出るんですけどね…「米の一粒一粒が立った」とあるけど、
本来のご飯のふっくら感とは程遠く、若干の硬さは残る…これに関し
ては少し蒸らすことによって、改善はされると思う。ご飯単体では
なくて、カレーの中に混ざった状態で出てくるので、食感に関しては
許されるレベルじゃないでしょうか…

カレーに関しては、以前の中辛と比べても、赤唐辛子やブラックペッ
パーの辛さが強調されており、我々辛党の人間にしてみれば、嬉しい
ところ...勿論辛さも常識的なもので、驚く辛さでは無い…(辛いのが
苦手な人にはキツイと思うけど...)日本人好みのカレーで、まさに
欧風カレーの王道の味付けですわ...大抵の人が「美味しい」という
出来になっています。具材も2倍になったそうで...特にダイスミンチ
が大きくなりましたね…ちゃんと「肉食ってる」って感じがします。
ポテト、ニンジンと...具材的にはこんなモンでしょう…前回のカレー
メシと比べると、かなり美味しくなりましたよ...


cup360_b.jpg

【日清「蒙古タンメン中本 特製 辛旨飯」】

続いて「蒙古タンメン中本 特製 辛旨飯」です。なるほどねぇ〜…
誰もが考えたであろう、ラーメンの麺を啜った後の「ライスダイブ」
を商品化したのが、今回の一杯になると思います。そりゃあ旨いに
決まってるでしょう...セブンイレブンではこの「辛旨飯」を始め、
「豆腐スープ」やラーメン等...「蒙古タンメン中本」関連の商品が
用意されているんですが、いずれも辛さと旨さのバランスが抜群で、
中毒になる人が続出するのもわかりますよ…僕もお店でいただいて
みたいと、強く願っています。調理は「カレーメシ」同様…水を注い
で、レンジ500Wで約5分…仕上げに「辛旨オイル」を入れれば出来上
がりです。こりゃあ旨そうだ...しっかりかき混ぜたため、豆腐が崩れ
てしまったのは残念…元々、ご飯は刺激的な辛さを緩和する役割も
あるので、麺と比べると辛さは大人しめだけど…それでも中本らしい
旨辛さは、しっかり表現出来ていると思う…っていうか、食べる前
から旨さは想像できるけどね…(笑)ホント旨いわ…いたずらに辛さ
を押して来ないので(辛いけどw)野菜や豚エキスの旨みが、麺より
わかりやすいかな…キャベツのシャキッとした食感や、豆腐、人参、
キクラゲと具材も頑張っています。量的にはやはり物足りないけど、
十分に朝ごはんにはなりましたわ...この電子レンジ調理のインスタン
トライスも、これから更に種類が増えそうですね...
               

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月24日 10時06分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年09月17日
カップ麺Watch(NO.359)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は映画「ONE PIECE FILM GOLD」と、明星チャルメラの
コラボ商品になるんですかね...こういう企画モノの商品って、時期を
過ぎれば叩き売り状態になりますからね…ルフィの格好をしたチャル
メラおじさんが痛々しくて…(笑)スーパーの山積み状態から何とか
救出...「BBQしょうゆ味」と「ペッパーシーフード味」...早速レポー
トしてみましょう...

cup359_a.jpg

【明星チャルメラ ワンピースヌードル「BBQしょうゆ味」】

まずは「BBQしょうゆ味」から...何と「明星チャルメラ」って、発売
50周年だったみたいですね...それで大人気漫画の映画の公開に合わせ
てのコラボが実現したそうな…今回の「BBQしょうゆ味」は、主人公
「ルフィ」が肉好きということで、2種類の肉を具材にしているとの
こと…上ブタをめくると小袋は入っておらず、ジャパニーズ縦カップ
スタイル…なるほど、ダイズ状豚肉とチャーシューチップをはじめ、
ふわふわタマゴ、ネギとかやくのこんもり感はありますね…チキンと
ポークをベースに香味野菜のエキスを合わせた醤油味のスープは、
もっと「BBQ的な」香り要素を加えるかと思いきや、意外と直線的な
ほんのりカドが残るスープですね…アクセントにペッパーを効かせて
いるんだけど、かなり大人しい…なめらかな平麺は好印象なんだけど
スープが薄っぺらく感じるので、明らかに「麺勝ち」しているように
感じます。決して不味くはないんだけど、もう少し遊び的要素が欲し
かったな…と、正直思いました。


cup359_b.jpg

【明星チャルメラ ワンピースヌードル「ペッパーシーフード味」】

続いて「ペッパーシーフード味」です。今回は大海原を冒険する「ワ
ンピース」の世界観をモチーフにして、シーフードということみたい
です。熱湯3分で出来上がり…イカとカニカマを中心に、シーフード
らしいかやくがこんもり…スープはポークとチキンを乳化させて、イ
カやアサリの旨みを合わせた、さっぱりした魚介豚骨味で、主張は
強くないものの、よくまとまったスープですね...「BBQしょうゆ味」
よりはコチラの方が好み...ペッパーシーフードというぐらいだから、
もっと胡椒を効かせてもいいのになぁ…と、後から多めに投入して
みる…ピリッと引き締まって、旨さが増しましたよ…それにしても
この平麺はいいですね...ヌードル麺ではあるんだけど、歯切れも良く
独立感もある...まさにタテカップにピッタリの麺だと思います。今回
はどちらも個性の弱い仕上がりだったんですが…「ワンピース」との
コラボということで、対象が子供を含めた低年齢層にも合わせていた
のかもしれませんね...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月17日 22時29分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年09月10日
カップ麺Watch(NO.358)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…我が倉庫には、ものすごい数のカップ麺をストックしているの
ですが、ついつい後回しになって「賞味期限」ギリギリのカップ麺が
出てくるんですよね…今回のカップ麺もそうでして…今か今かと出番
を待っておりました。(^_^;; エースコックの「ポーク&ジンジャー味
タンメン」と「リンガーハットのまぜ辛めん」...早速レポートして
みましょうか...

cup358_a.jpg

【エースコック「ポーク&ジンジャー味タンメン」】

まずは「ポーク&ジンジャー味タンメン」から…カドメンでお馴染み
の、スーパーカップ1.5倍シリーズです。大味感の目立つ大盛カップの
中では、よく頑張ってるシリーズですよね…小袋は3つで、先入れの
粉末スープとかやく、後入れの調味油が入っている。熱湯3分で出来
上がりなんですが、写真のように麺が汁を吸い込んで、まるで汁なし
のようなビジュアルになりました。(笑)塩タンメンになるんでしょ
うが、野菜をはじめとするかやくも大人しいし、かき混ぜた際に底に
沈んでしまって、タンメンらしさは今ひとつ…しかし、豚骨ベースの
塩スープはキレがあってなかなか旨い…野菜の旨味もよく出ているし
商品名にもあるように、生姜の風味がよくきいてます。自慢のカドメ
ンは、油揚げ麺のネガな部分を感じさせない密度感のある麺で、角刃
らしいエッジの効いた強い弾力が、なかなかの好印象…スープとの
相性も良かったです。キャベツ、肉そぼろ、コーン、ネギ、生姜と
かやくの種類的にはそこそこ入っているんだけど、タンメンのキャラ
クターを考えれば、もう少しボリュームが欲しかったな…と。スープ
と麺の出来が良かったので、値段分の価値はあると思いますよ…


cup358_b.jpg

【エースコック「リンガーハットのまぜ辛めん」】

続いて「リンガーハットのまぜ辛めん」です。私…リンガーハットに
関しては、味の記憶がないほど期間が開いているんですよね…しかも
「まぜ辛めん」ってメニューも聞いたことがない…リンガーハットと
言えば、野菜たっぷりでやさしい味のチャンポンですからね…上ブタ
をめくると、チャンポンらしくない角刃の太麺(チャンポンは丸刃が
多いですからね…)小袋は液体のタレとかやくの2つのみ…熱湯5分で
湯切りして、タレを混ぜれば出来上がりです。うう…長崎ちゃんぽん
のイメージを全く感じさせないビジュアルですね…キャベツや人参は
国産野菜を使っているそうですが、何より量が少なすぎる…味に関し
ては、さらにリンガーハットのイメージとは程遠い、タレ勝ちの攻撃
的な油そば…これは別モノじゃないかな…ポークベースの醤油味で、
豆板醤やラー油、花椒を効かせたピリ辛仕立て…麻辣のバランスが
いいんですよね…麺もフカッとしたチャンポン麺の特徴はなく、しっ
かりと密度感のある高弾性の太麺で、強いタレに負けることなく存在
感がありますよね…どれをとっても「ちゃんぽんらしさ」を全く感じ
ない、レベルの高い油そばですわ…完全に僕好みだし、いい意味で
期待を裏切られました。(*´ω`*) 実際、お店でもこのメニューは存在す
るのかな…と思って調べてみると、ありました。(^_^;; これは食べに
行ってみようかなぁ...
                

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月10日 22時54分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年09月06日
カップ麺Watch(NO.357)
藤原製麺のZOO(動物園)シリーズも、今回が最後になりました。
売上の一部が動物園に寄付されるとのこと...「福岡市動物園ラーメン
とんこつ」と「東京上野動物園ラーメン 醤油」...早速レポートして
みましょうか...

cup357_a.jpg

【藤原製麺「福岡市動物園ラーメン とんこつ」】

まずは「福岡市動物園ラーメン とんこつ」から...はい…今回は「ヤマ
ネコ」だそうです。パッケージデザインの動物も、それぞれの動物園
で意味がありまして…福岡市動物園では、国の天然記念物であるツシ
マヤマネコの飼育下繁殖に取り組んでいるそうな…今回も藤原製麺
らしく、個別に包装された乾麺と液体スープの小袋が1つ…しっかり
茹で上げて出来上がりです。うむ…見事な程、クセのない塩豚骨です
ね…豚脂やゴマ脂の程良い油分で、サラリとしていながらもコクが
あり、実にまろやかなスープに仕上げています。これに藤原製麺の
中細麺を合わせているワケですよ…まぁ、さっぱり豚骨と生麺を思わ
せる多加水麺との相性は、正直いいとは思わないけど、それぞれの
レベルが高いから許しましょう…(笑)シリーズに共通して言える事
ですが…若干高めの塩分濃度になっており、それぞれ具材を入れて
楽しむようになっているんでしょうね…スープの濃さに関してはお湯
の量で調整して下さいな...


cup357_b.jpg

【藤原製麺「東京上野動物園ラーメン 醤油」】

続いて「東京上野動物園ラーメン 醤油」です。このシリーズの最後に
紹介するのがコレ…上野動物園と言えば「パンダ」ですよね…今回は
醤油ということですが、同シリーズの「京都市動物園」の醤油とは
どう違うのか、興味がありますね…今回も液体スープの小袋が1つと
いうシンプルなつくり...しっかり茹で上げていただきます。ふむ…
濃口醤油の「京都」とは違い、本当に淡い色をした鶏ガラ醤油味…
まろやかでカドは立たせず、ほんのり野菜(玉ねぎ)の甘味も感じま
す。スープがやさしいので、麺の良さが際立ちますますね…生麺に
近いつるつるの多加水麺なんですが、スープとの相性はいいですよ…
これといった特徴はないものの、非常によくまとまったレベルの高い
一杯だと思います。最も藤原製麺らしさが出ているんじゃないでしょ
うか...(*^_^*)
                

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月06日 17時27分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年08月30日
カップ麺Watch(NO.356)
前回から始まった「藤原製麺のZOO(動物園)シリーズ」…売上の
一部が動物園に寄付されるそうで、主にエサ代とかに変わるみたいで
すね...今回は「八木山動物公園ラーメン 仙台辛みそ味」と「京都市
動物園ラーメン 醤油」をピックアップ...早速いただいてみましょう...

cup356_a.jpg

【藤原製麺「八木山動物公園ラーメン 仙台辛みそ味」】

まずは「八木山動物公園ラーメン 仙台辛みそ味」から…パッケージ
デザインは「象」ですね...仙台経済新聞の記事によると、180円の
価格のうち、2円が動物公園に寄付されるそうな...なるほどね…袋を
開けると、従来の藤原製麺の商品同様、麺は別包装…あとは液体スー
プの小袋が1つだけ…本当にしっかりと茹で上げて完成です。「仙台
辛みそ味」ということですが、そこはファミリー向けの商品という
ことで、辛さはかなり控えめにしていますね…ボディはしっかりして
るので、激辛唐辛子を加えて自分好みにカスタマイズしてみる…仙台
赤みその風味が、キリリと引き締まって旨いじゃないですか…自慢の
乾麺は、生麺を2日間かけてゆっくり熟成乾燥させたもの…強いコシ
となめらかな食感は、相変わらず業界トップクラスですね…どんな
スープも安定して受けとめているような感じ…これに好みでトッピン
グを加えれば、さらに印象が変わると思いますよ...


cup356_b.jpg

【藤原製麺「京都市動物園ラーメン 醤油」】

続いて「京都市動物園ラーメン 醤油」です。今回のパッケージは「ゴ
リラ」ですよ...京都市動物園で飼育されている西ローランドゴリラ…
「ゲンタロウ」の顔をイメージしたらしい…今回も別包装された乾麺
と液体スープの小袋が1つ...しっかり茹で上げていただきます。ほう…
京都の老舗である「新福菜館」を思わせるような、真っ黒いスープ…
鶏ガラベースの濃口醤油味で、どちらかと言えばキレで食わせるタイ
プなんだけど、見た目ほどしょっぱくはない...たまり醤油の香ばしさ
や甘み、酸味がよく出ていると思います。おろしニンニクがいいアク
セントになっています。このスープにも唐辛子がよく合うんですよ…
安定の熟成乾燥麺との相性は良く...これまた好みの具材を加えれば
さらに旨くなると思うし、それだけの塩分濃度に設定してると思いま
す。僕が醤油馬鹿っていうのもあるんだけど、今まで食べたこのシリ
ーズの中では、一番好みだったと思います。
                 

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年08月30日 22時54分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年08月21日
カップ麺Watch(NO.355)
しばらく袋麺の記事が続きますよ…今回のテーマは「アニマル」です
わ...小笠原製粉の「キリン 家庭用ラーメン しょうゆ味」は二度目の
登場なんですが...藤原製麺のZOO(動物園)シリーズは、これから
しばらく続きますよ...まずは「藤原製麺 大阪市天王寺動物園 カレー
ラーメン」をチョイスしてみました。どちらも非常に期待しているん
ですが、早速いただいてみましょうか...

cup355_a.jpg

【キリン 家庭用ラーメン「しょうゆ味」】

「キリン 家庭用ラーメン しょうゆ味」からいただきます。「ZOO
シリーズ」とは趣が違うけど、このパッケージもかなり味があります
ねぇ…HPで確認すると、みそ味やしお味…さらにはペンギンやカピ
パラまで存在するみたいですが、ウチらの周辺では、コレしか手に入
りません…(通販になるのかな?)レトロな袋を開けると、トレーに
入った上に、さらにラッピングされた油揚げ麺、粉末スープの小袋と
シンプルな構成...ここまでしっかり梱包されていると、外からの衝撃
を受けても大丈夫そうですね…お鍋でしっかりと麺をほぐして、完成
です。うん…醤油と言っても、ほんのり褐色に濁ったスープ…やや
塩分強めながらも、アタリはやわらかい...色んな具材を加えていただ
くのに、丁度いい塩分濃度ではないかと…懐かしい味わいで、この
スープを嫌う人はいないでしょう…化学調味料、着色料、保存料を
一切使わないというのもポイントが高いですね…主役はプリプリの
多加水麺…この麺は美味いわ…小麦を水の代わりに、豆乳で練り込ん
でいるそうな...やさしい醤油味のスープとも相性バッチリです。パッ
ケージ同様、子供から年配まで、幅広い層に支持されそうな一杯です
ね...美味しかったです。


cup355_b.jpg

【藤原製麺「大阪市天王寺動物園 カレーラーメン」】

動物の顔がパッケージに描かれた袋麺…僕の大好きな「藤原製麺」の
動物園応援シリーズだそうです。売上げの一部が動物のエサ代として
寄付されるそうな…袋麺としては価格がやや高めではあるんですが、
それを聞けば納得できますね...「キリン」の様なトレーはないものの
藤原製麺らしく、麺は個別に包装されている。スープは液体スープの
小袋が1つ...実にシンプルです。注意点は通常の袋麺以上に茹で時間
がかかること...沸騰したお湯に6分半〜7分は茹でてほしいとのこと…
あと3分半ぐらいまでは、ほぐすことなくじっくり待つ…これが美味
しく作る秘訣だそうです。おお…このコシ…なめらかさはスゴイです
ね…自慢の熟成乾燥麺で、現在の乾麺の中では間違いなくトップクラ
スでしょう...鼻に抜ける小麦の香りもいいし、時経劣化も少ない…
茹で時間はかかるものの、ほぼ完璧な麺です。スープはポークベース
で、野菜の旨味も入ったやさしいカレー味でして、子供でも安心して
食べれる辛さでしょう...当然のごとく、激辛香辛料でスパイシーに
仕上げれば、辛党も納得の一杯に…いやぁ〜、基本がしっかりしてる
から、どう調理しても間違いないのですよ…さて、しばらくはこの
「ZOO(動物園)シリーズ」が続きますよ...
                                     

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年08月21日 22時49分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年08月17日
カップ麺Watch(NO.354)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回はエースコックの個性的なタテカップをチョイス…どちら
もパッケージが魅力的なんですよねぇ...「じわとろバター醤油味ラー
メン」と「MEGAゴマ担担麺」…店頭で思わず手に取ってしまいまし
たわ...早速いただいてみましょう♪

cup354_a.jpg

【エースコック「じわとろバター醤油味ラーメン」】

まずは「じわとろバター醤油味ラーメン」から…このシリーズは以前
「塩バター味」をいただいたことがあるんですが、あまりに優等生
過ぎる印象で、あまりパッとしなかったように思うんですが…今度は
醤油味ですか…上ブタをめくるとトレー包材の「バター状ブロック」
が入っており、熱湯3分で出来上がりです。ブロックを入れる前から
バターの香りが鼻をくすぐる…へぇ〜、スープにもバターが入ってる
みたいですね…例のバターブロックを加えれば、さらにバターの香り
が強まる…今回はガーリック入りとのこと...無理矢理溶かすような
ことはせず、自然にじんわりと溶かしながら、いただくことにしまし
ょう…ん?ん?...「何がしたいんだろう…」これが正直な感想です。
チキンがベースで玉ねぎの旨みを加えた醤油味なんですが…カエシの
主張が弱いところに、バターの油分が加わるから、超ピンボケ状態…
主役であるバターの存在が、全体のバランスを崩しているというか…
ベースのスープ自体も非常に弱い印象ですね…麺はザラみのある油揚
げ麺で、形状からしてももっとスープに絡みそうなんだけど、実際は
弾くような感じで、あまり相性がいいとは言えない…バターブロック
に入ったガーリックも、アクセントのブラックペッパーも、ほとんど
味に干渉しないという、実に残念な結果となりました。かやくは玉葱
コーン、ネギ、唐辛子といったところ…良い点を一つあげるなら、
この玉葱の存在ぐらいか...本当に期待してただけに、ショックが大き
かったです。

cup354_b.jpg

【エースコック「MEGAゴマ担担麺」】

続いて「MEGAゴマ担担麺」です。上ブタをめくると、大量の白ゴマ
の量にビビる…小袋は2つで、調味油とふりかけが入っている…熱湯
3分で仕上げにふりかけをかけるんだけど、これまた後入れの白ゴマ
攻撃ですわ...もうね…想像を超えてます。感覚的に言うと、白ゴマを
入れようとビンを振ってたら、口が開いてしまってドバッと入ってし
まった...そんな感じでしょうか…(笑)ポークエキスをベースに、
麻(花椒)や辣(唐辛子)の辛みを効かせた担々スープで、具材には
大量のゴマ以外にチンゲン菜も入ってる...味付けした肉そぼろも入っ
ているみたいだけど、ゴマの存在が大きすぎて…「そう言えば入って
たのかな…」程度にしか感じませんわ…辛味に関してもそうで、麻も
辣も感じにくい程、白ゴマが押し寄せてくる。ただ、よくありがちな
ゴマのペーストではないので、重くならない...プチッという食感が、
麺を啜る度に楽しめて、ゴマの風味、食感をこれでもか…と味わう
ことができる。確かに「やりすぎ君」ではあるけど、面白いし評価
したいと思います。強烈なゴマで目立たないんだけど、なめらかな
食感とつるみが素晴らしい麺で、かなりレベルの高い油揚げ麺だと
思います。この「MEGA」シリーズ、恐るべしですね…次回からこの
シリーズは、要チェックすることに決めました。こちらの予想を
はるかに超えてくる...そんなシリーズみたいですね...いやぁ…楽しま
せてもらいました。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年08月17日 21時02分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・