2018年04月16日
カップ麺Watch(NO.388)
今回はマルちゃんの大盛カップ...「ごつ盛り」シリーズをピックアッ
プ…スーパーの店頭で、結構安価で手に入るのが嬉しいですね…麺量
「90g」の大盛サイズ…数多くのラインナップの中から、今回は「坦
々麺」と「ちゃんぽん」をレポートしてみたいと思います。

cup388_a.jpg

【マルちゃん ごつ盛り「担々麺」】

まずは「ごつ盛り 坦々麺」から…上ブタをめくると、粉末スープ、か
やく、後入れの液体スープの小袋は3つ…熱湯3分で出来上がりです。
ふむ…ポークベースで白味噌、ねりごま、豆板醤等を使ったオーソド
ックスな担々スープですね…コクは弱めですが、決してバランスは悪
くない…辛さに関しては「辣」主体で構成されているみたいです。
しっかりとラー油の辛みも、前に出ていますよ…麺は密度感のない
細めの縮れ麺を合わせているんですが…「ごつ盛り」というネーミン
グほどは、がっつりと食べた気分にはならない…かやくも鶏ひき肉、
チンゲン菜、ゴマとチープな印象を受ける…実質、店頭で100円前後
で買えることを考えれば、コスパの高さは光るんだけど、もう少し
何か主張する部分があってもいいんじゃないかと…本当に可もなく
不可もなくの、無難な一杯でした。


cup388_b.jpg

【マルちゃん ごつ盛り「ちゃんぽん」】

続いて「ごつ盛り ちゃんぽん」をいただきました。上ブタをめくる
と、小袋が3つ…かやくと後入れの液体、粉末のスープが…美味しく
いただくために、手順通り作りましょう...ふむ...さっぱりした粘度
低めの白湯スープは、海鮮の旨みが効いている…特にあさりの風味が
際立ってますね…もう少し大味な感じを予想してたんだけど、絶妙な
塩分濃度と適度な油分で、実にバランスがいい…胡椒もやや強めで
アクセントになっていると思います。チープさは否めないんだけど、
僕的にはストライクですね...ちゃんぽんらしい密度感の低いフカッと
した太麺も、やさしい魚介豚骨と相性が良い…麺量もあって、食べ応
えも十分です。キャベツ、イカ、かまぼこ、キクラゲとちゃんぽんと
呼ぶにはやや寂しさはあるけど、価格を考えればバランスのとれた
良く出来た一杯だと思いますよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月16日 21時29分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2018年04月04日
カップ麺Watch(NO.387)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は言わずと知れた超人気店の、タテ型店カップをピックア
ップ...明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」と、エースコック「ラーメン家
みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメン」...早速いただいてみることに
しましょう...

cup387_a.jpg

【明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」】

まずは明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」から...有名な「とみ田 」さん
なんですが、お店でいただいたことはなく、今回もこのカップのみの
評価となります。熱湯5分で、上ブタに貼り付いていた調味油を入れ
れば出来上がり...おお…強烈な煮干ですね…若干のエグミを感じさせ
る程、攻撃的なスープです。ベースとなる鶏白湯もボディがしっかり
しているので、強いながらもバランスはとれていますよ...当然塩分濃
度は高めになるんですが、この厚みのあるスープでピンボケ気味に
仕上げるよりは、ずっといいと思います。幅広の平打ち麺を合わせて
いるんですが、熱湯5分はやや長めかな...スープのりのいい強めのヌー
ドル麺って感じですね...この柔らかめの食感も、僕は嫌いじゃない…
かやくは鶏のほぐし身とメンマ、ネギ…鶏肉はしっとりと柔らかくて
美味しかったですね…本当にレベルが高くて、店カップとしても十分
な内容だと思います。きっとお店で食べれば、さらに感動するんで
しょうね...


cup387_b.jpg

【エースコック「ラーメン家 みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメン」】

続いてエースコック「ラーメン家 みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメ
ン」です。「あっぱれ屋」で修行して、奈良の富雄で独立…今や押し
も押されぬ名店となった「みつ葉」…奈良ということで行けない距離
ではないんですが、実は未訪なんですよね…お店で食べてないとはい
え、僕の頭に浮かぶのが、師匠である「あっぱれ屋」さんの「こくま
ろしょうゆラーメン」…基本的な路線は変わらないと思うので、それ
を頭に入れて、いただいてみることにしましょう…上ブタに貼り付い
た調味油の他に、中にも後入れの粉末スープがある…この粉末を最後
に入れるのが、どうやらカギになりそうですね…熱湯5分でいただい
てみましょう...おお…なかなかの泡立ちじゃないですか…師匠のお店
もエスプーマしてるのですが、カップ麺でも泡系は一時期流行りまし
たからね…でもやはりと言うか、かなり薄っぺらい印象で、お店で
出しているのとは全くの別物だと思います。ポークベースでピンボケ
気味かと思えば、醤油の主張もちゃんとしており、味の輪郭は残して
いる。これが店カップでなければ、何の問題もないんですけどね…
多加水の平麺を合わせているんですが、熱湯5分では足りないように
感じました。これまた全く別物なんでしょうね…かやくはまあるい
焼豚にネギ、メンマ…価格を考えればこんなものでしょう…キレで
食わせるカエシ主体のラーメンの再現はしやすいワケで…この旨味
たっぷりの一杯を再現するのは、至難の技だと思いますけどね…ま、
コストであるとか、色んな問題があるんでしょうが…


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月04日 23時06分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2018年03月26日
カップ麺Watch(NO.386)
私...お客さんから、よくよくお土産や差し入れで、インスタント麺を
いただくことがあるんですが…今回の袋麺も頂き物ですわ...「もへじ
海老しお」と「農心 旨辛海鮮ちゃんぽん」…何のつながりもない2つ
の袋麺なんですが、早速いただいてみることにしましょう...

cup386_a.jpg

【もへじ「海老しお」】

まずは「もへじ 海老しお」から...「もへじ」ということですが、製造
はあの「藤原製麺」ですよ...絶対に不味いワケがない…パッケージを
開けると、梱包された乾燥麺と液体スープの小袋が1つ…お鍋でしっ
かり茹で上げていただきましょう...うん...じんわり旨いなぁ…利尻昆
布のだしが入ってるそうですが、油分は少なめで塩カドを丸めた優し
いスープ…海老の風味がよく利いてますよ…完全にインスタントの域
は超えていると思うので、それなりの具材を加えれば、大化けしそう
ですね…麺は藤原製麺の特徴である「熟成乾燥麺」…抜群のコシと
滑らかさ…本当に見事な麺ですよね...途中から胡椒をふりかけて、味
変を楽しむ…(胡椒との相性がいいんですよ…)これは旨い…店頭で
見つけたら、間違いなく「買い」の商品だと思いますよ...


cup386_b.jpg

【農心「旨辛海鮮ちゃんぽん」】

続いて「農心 旨辛海鮮ちゃんぽん」です。「プレミアム」という文字
が誇らしいのですが、実際従来の農心の商品とは雰囲気が違う…粉末
スープ、調味油、かやくと小袋が3つ入っているんだけど、この小袋
ひとつをとってみても進化が見られます。調味油が飛び散らないよう
な工夫がされている等、クオリティが高くなったように感じますよ...
超極太麺をしっかり煮込んでいただきましょう…へぇ〜、炒めた際に
出る香ばしさが、よく再現できてますね…ベースは農心が得意とする
牛肉、豚肉の旨みの詰まった旨辛スープ…そこに海鮮の旨みが加わる
ことにより、中毒性のある従来のスープをさらに一段階レベルアップ
した感じ...袋麺なのに、キャベツ、チンゲン菜、いかフレーク等の
具材が入っているのも嬉しいですね...特筆すべきは、この極太の平麺
ですよ…モチプリの強烈な弾力を持つ多加水麺は、一見スープを弾き
そうなんだけど、麺表面に溝を入れることにより、しっかりスープと
絡むように計算されている。麺量が108gとたっぷり入っているのも
嬉しいですね…高品質のパッケージに、風味のレベルが上がったピリ
辛スープ…さらには工夫の施された極太麺と、間違いなく従来の商品
より進化が見られると思います。美味しかったですよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月26日 22時51分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2018年03月19日
カップ麺Watch(NO.385)
スーパーの店頭で一際目立つ袋麺を手に取ってみる。「ヤマモリ」の
タイラーメンシリーズ…手軽に本場タイの味が楽しめるということで
パッケージも本場の雰囲気が出ていますね…「辛くて、旨くて、クセ
になる」...いいじゃないですか...共に「激辛」と書いてあるし、かな
り気になるので購入...「グリーンカレー味」と「卵でたべるトムヤム
エビ味」...早速いただいてみましょうか...

cup385_a.jpg

【ヤマモリ タイラーメン「グリーンカレー味」】

まずは「グリーンカレー味」から…鍋で煮込んで作るワケですが、
茹で上がるのが早く、あっという間に出来上がり…この麺であれば
チキンラーメンのような作り方でも、イケそうな気がします。へ〜っ
こりゃあ結構な辛さですよ…いつもの如く「辛味武装」の用意はして
たんですが、全く必要の無いぐらい、キレのある辛さに仕上がってい
ます。ハープをはじめとする香草の香りも利いてるし、ココナッツミ
ルクのコク、レモングラスの酸味と、スープに関しては結構なレベル
ではないでしょうか...それだけにもう少し出来のいい麺を合わせてく
れればよかったんですけどね…密度感の低いスカスカの油揚げ麺で
「この方が本場っぽい」と言われれば、確かにそうなんですが…せっ
かくの日本製なので、もっと弾力があって風味のいい油揚げ麺を選べ
たのではないかと…スープがいいだけに、少し残念です。残ったスー
プにライスダイブさせれば、かなり美味しいと思いますよ...


cup385_b.jpg

【ヤマモリ タイラーメン「卵でたべるトムヤムエビ味」】

続いて「卵でたべるトムヤムエビ味」です。はい…商品名に従って、
卵をおとしていただいてみる…うお!これは辛い!多分、日本で売ら
れているインスタントのトムヤムの中では、一番辛いんじゃないでし
ょうか...まさに激辛ですわ…卵を溶いて、ある程度辛みがマスキング
されているハズなのに、この辛さですからね...基本的には前回とよく
似ていて、ハーブを利かせており、エビの旨みとレモングラスの酸味
が合わさった、旨辛酸っぱのスープ…特に今回は酸味を強く利かせて
いる、これは本当に旨い!それだけにもっとレベルの高い麺と合わせ
てみたいところ…(前回も書いたけど...)特に今回は残ったスープに
ご飯を入れて雑炊にすると、たまらんと思いますよ...いやぁ…この
シリーズはなかなかやりますね…タイのスープが好きな人の期待を
裏切らない一杯ですわ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月19日 22時37分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2018年03月11日
カップ麺Watch(NO.384)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回はセブン限定のカップ麺...「一風堂 クラムチャウダーヌー
ドル」と「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」をピックアップ…どちらも
日清が製造担当なんですが、本当に人気がありますよね...早速いただ
いてみましょうか...

cup384_a.jpg

【日清「一風堂 クラムチャウダーヌードル」】

まずは「一風堂 クラムチャウダーヌードル」から…「from New York」
とあるように、世界で成功を収めている「一風堂」のニューヨーク店
で大人気のオリジナルメニューを、逆輸入した感じですかね…僕の知
る豚骨ベースのスープとは、全く異なるみたいです。熱湯5分で仕上げ
にトリュフオイルを入れれば出来上がり...おお…本当にトリュフの香
りがするじゃないですか…粘度はあるけど、クリーム的な感じは控え
めで、貝系(あさり)の旨味がかなり強いですね…チーズパウダーや
ポテトフレークの後押しもあって、重量感のあるスープになっていま
す。完全に旨味で食わせるタイプですわ…胡椒がいいアクセントに
なっていると思います。これがニューヨーカーお気に入りの味付けな
んですね…独立感のあるなめらかな平麺が、旨味たっぷりのスープと
よく合うんですよ...この油揚げ麺はいいなぁ…僕の大好きなポテトも
入ってるし、ベーコンが本当に美味しいですね…トリュフオイルで
リッチ感も味わえるし、貝系の旨みもしっかりしており、クラムチャ
ウダーの旨さを堪能できる一杯に、仕上がっていると思います。


cup384_b.jpg

【日清「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」】

続いて「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」です。このシリーズは何度か
いただいているのですが、微妙に商品名が変わっておりまして…色ん
な意味でリニューアルされているんでしょうか…今回は「辛旨味噌」
と書いてあります。何度もこうやって手に取ってしまうのは、完全に
僕がハマっているからでして…定期的にどうしても食べたくなってし
まうんですよね…熱湯5分で仕上げに辛味オイルを入れれば出来上が
りです。ビリッと最初から来る辛さがたまりませんね…でも、すぐに
辛さに慣れて旨味に変わります。オリジナルの味噌ベースのスープに
唐辛子の辛み、野菜の旨みが加わる。ただ辛いだけではなくて、しっ
かりと旨みがベースにあるのが、最大の特徴ですね…同社の「北極ラ
ーメン」と比べると、辛みは抑えているみたいです。辛味オイルの調
節により、幅広く対応できるのではないでしょうか…前回の「一風堂
」のカップと同様、太めの平麺がいいですね…なめらかでコシも強く
僕好みの麺ですわ…かやくはキャベツ、豆腐、豚肉、人参、キクラゲ
中でも、豆腐がいい仕事してますね…辛くて甘くて旨い...汗をかきな
がら、あっという間に完食でございます。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月11日 22時56分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2018年03月05日
カップ麺Watch(NO.383)
今回は台湾の袋麺になるのかな…「味味A」という如何にもアジアっ
ぽいパッケージ…現地で売られていると思うんだけど、裏には日本語
で書いた商品説明のシールが貼り付けてあるので、安心ですね…それ
にしても、海外の即席麺の商品レベルも、かなり上がりましたよ…
昔のような怪しさは、あまり感じなくなったと思います。「排骨鶏湯
麺」と「香辣牛肉湯麺」...早速いただいてみましょうか...

cup383_a.jpg

【味味A「排骨鶏湯麺」】

まずは「排骨鶏湯麺」から...現地の人はチキンラーメンのように、丼
に麺を入れ、上から熱湯を注ぎフタをするパターンなんでしょうが、
僕は鍋で煮込むことに…袋麺でありながら、キャベツ、ネギ、エシャ
ロット等、かやくが入っているのが嬉しいですね...固体とも液体とも
呼べない入れにくいスープはご愛嬌…チキン味ということで、チキン
ラーメン的なものを想像してたんだけど、マー油のような焦がしネギ
のおかげか、より醤油色が強い…鶏肉の旨みを生かしたスープに、香
味油で炒めたネギで、香ばしく風味付けしている。残念ながら味付け
は弱く、ピンボケ気味ですね...やはりお湯少なめで調理した方がよさ
そうです。不味くはないんだけど、後口に残る酸味が少し気になるか
な…油揚げ麺のネガな匂いもマイナスですね…ただ、シンプルな味付
けなので、幅広く支持されそうな感じ...ナント台湾では、30年以上も
親しまれているロングセラー商品だそうです。


cup383_b.jpg

【味味A「香辣牛肉湯麺」】

続いて「香辣牛肉湯麺」です。今回は現地式に、丼に麺やスープを入
れて、熱湯を注いで3分でいただいてみる…乾燥麺の幅が大きくて、
丼に納まらないのが難点ですが…前回と違いかやくは入っておらず、
粉末スープと調味油のみ…この辺の統一性はないんですね…(笑)
ベースは牛ダシで唐辛子、花山椒、八角などのスパイス…さらには
豆板醤やチリソースを加えた、辛口牛肉ラーメンとのこと…う〜ん…
後口にほんのり辛味がくる程度で、辛口って感じではないなぁ…牛ダ
シはクセもなく、食べやすくは仕上げていますね…ただ、微妙に日本
人の好みとはズレているんですが…お湯を注ぐだけの作り方も、全く
問題なし...湯戻しも上手く出来てましたよ…こちらも台湾ではベスト
セラーの商品だそうですが、共に言えることは、もう少しメリハリを
利かせて欲しいなぁ…というのが正直なところですわ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月05日 22時47分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2018年02月23日
カップ麺Watch(NO.382)
今回はセブンプレミアムのタテカップ...「カレーうどん」と「肉うど
ん」をピックアップ…コンビニのPB商品とは言え、セブンイレブンは
本気ですね…種類も多いし、レベルも高い...「カレーうどん」はエー
スコック、「肉うどん」は明星が、製造担当してるみたいです。早速
いただいてみましょうか...

cup382_a.jpg

【セブンプレミアム「カレーうどん」】

まずは「カレーうどん」から…エースコックのタテカップうどんと
いうことで、ベースになっているのは「まる旨カレーうどん」あたり
かと思いきや、上ブタを開けてみても、固形のカレールゥは入ってお
らず、普通に熱湯を注ぐだけのジャパニーズタテカップスタイル…ス
パイスをもっと前に出したカレースープを予想したんだけど、「和」
が強調されたカレーつゆですね…魚介出汁にプラスして、玉ねぎの
甘さもよく出ています。カレースープにありがちな、粉っぽい感じが
消しきれてなかったのがマイナスだけど、全体的に上手くまとまって
いると思う。中太の平うどんの出来がいいですね…なめらかでコシが
ある…できればもう少し麺量があれば(55g)嬉しいんですけどね…
かやくに関しては少量ではあるものの、牛肉が結構いい味を出してま
したよ…他には揚げ玉、玉ねぎ、ネギと価格を考えれば、よく頑張っ
ていると思います。十分にお勧めできる一杯ですわ…


cup382_b.jpg

【セブンプレミアム「肉うどん」】

続いて「肉うどん」です。どうやらコレは西日本限定商品のようです
ね...モチロン東日本限定のものもあるみたいで、パッケージの商品名
が西日本は縦書き、東日本が横書きになっています。今回も小袋は
無く、熱湯4分で出来上がりです。昆布、鰹、煮干しの出汁を利かせ
たつゆに、サバ節、牛だしを加えて、さっぱりと甘みのあるおつゆに
しています。いわゆる関西風になるんでしょうが、もう少しメリハリ
を利かせてもいいんじゃないかと...あっさりしてるとも言えるんだけ
ど、僕的にはピンボケ気味の甘めのおつゆです。麺は「カレーうどん
」と比べると、密度感ゆるめの平麺...フカフカした食感なんですが、
相性は悪くない...このおつゆに強い麺を合わせていたら、さらに厳し
い評価になったと思います。主役の牛肉は甘辛い味付けなんですが、
食感がカタく、これに関しても「カレーうどん」の牛肉の方が出来が
いいですね…機会があれば、東日本向けの「肉うどん」も食べてみた
いと思います。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年02月23日 23時04分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・