2017年03月21日
カップ麺Watch(NO.330)
今回はニュータッチの低価格帯カップ麺...「大阪 なにわの焼そば」と
「元祖 キムチラーメン」をピックアップ…真面目な商品作りで定評の
ある、ニュータッチの底力を味わってみることにしましょう...

cup330_a.jpg

【ニュータッチ「大阪 なにわの焼そば」】

まずは「大阪 なにわの焼そば」から...これ...関西限定なんでしょうか
ね...パッケージからして、コテコテなんですけど...「大黒屋」さんの
「串かつソース」を使用しているそうな…ソースと言えば大阪ですか
らね…上ブタをめくると、小袋は3つ…熱湯4分で出来上がりです。
ふむ…粘度は低めのフルーティなソース…串かつ用ということで、
何にでも合うようなサラリと甘めのソースで、口当たりが実にいい…
これにカプサイシン系の辛味が加われば、完璧なんですけどね…僕は
一味を投入していただきました。オーソドックスな油揚げ麺なんです
が、弾力もあってなかなか旨いですよ…麺量も100gあって、満足感も
あります。具材はキャベツ、薄切り肉、アオサ入り揚げ玉とそれなり
にがんばっています。特に揚げ玉は個性があっていいですね…大阪の
下町感溢れるソース焼そば...なかなかいいじゃないですか…価格も
抑えてあるし、言うことなしです。


cup330_b.jpg

【ニュータッチ「元祖 キムチラーメン」】

続いて「元祖 キムチラーメン」です。何度もリニューアルを繰り返し
た本格キムチラーメン…それもそのハズ、即席麺でキムチラーメンを
初めて発売したのは、このメーカーなんですよね…(昭和61年3月
発売)僕も何度かいただいているんですが、食べる度に旨くなってい
る…低価格帯カップでありながら、ニュータッチのレベルの底上げと
共に、どんどん進化しているんでしょう…小袋は3つ…かやくと後入
れの粉末スープに調味油...もう作っている段階で、キムチ特有の香り
がスゴイです。熱湯3分で出来上がり...まさにキムチキムチした一杯…
もうね…本場の「辛ラーメン」以上にキムチしています。単にキムチ
を入れたラーメンではなくて、スープから何から、キムチの旨みを
最大限に活かす工夫が見られる…ホント全てが一体化して、まとまっ
ているんですよ...「キムチラーメン」と名がつくカップ麺の中でも、
飛び抜けていると思います。魚醤、ニンニクベースのスープに、発酵
キムチの甘み、酸味、辛味がベストマッチ…普通の油揚げ麺を合わせ
ているんだけど、スープともよく合っています。白菜キムチ、ニラ、
フライドガーリックと、かやくも頑張っていますね…僕は後から一味
をたっぷり投入していただきました。本当に「元祖」という名に恥じ
ないキムチラーメンだと思いますよ...(*´ω`*) 


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年03月21日 22時52分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年03月13日
カップ麺Watch(NO.329)
全国のご当地ラーメンを、手軽なカップ麺で楽しませてくれる…
サッポロ一番の「旅麺」シリーズ...今まで何度かとりあげたことが
あるんですが、結構な種類がありますよね…量販店で安価で手に入る
し、非常に助かります。今回は「長崎 中華街 ちゃんぽん」と「会津
喜多方 魚介醤油ラーメン」をレポートしてみました。

cup329_a.jpg

【サッポロ一番 旅麺「長崎 中華街 ちゃんぽん」】

まずは「長崎 中華街 ちゃんぽん」から…このシリーズで「長崎ちゃ
んぽん」は以前いただいたことがあるんですが…今回は「中華街」と
いう名前が入っている…何が違うんだろ…中華街のエキスが入って
いるとか…(笑)上ブタを開けると、かやくと粉末スープの小袋が
2つ…熱湯5分で出来上がりです。ちゃんぽんらしい麺密度の低い丸刃
の中太麺は、油揚げ臭がやや強め…スープ吸いも良く、これはこんな
ものでしょう…豚骨をベースにエビ、イカ、オイスター等の海鮮エキ
スに野菜の旨味が加わった、甘みとコクのある白湯スープ…コショウ
や一味を加えると、さらに旨くなりますよ…かやくはキャベツ、かま
ぼこ、コーン、人参と彩りもいい…全体的にチープな感じは否めない
けど、上手くまとめていると思いますよ...


cup329_b.jpg

【サッポロ一番 旅麺「会津 喜多方 魚介醤油ラーメン」】

続いて「会津 喜多方 魚介醤油ラーメン」です。ふむ…喜多方ラーメン
ですかぁ...モチロン現地で食べたことはないのですが、頭の中に浮か
ぶのは「坂内 小法師」…あれを基準にいただいてみることにします。
小袋は2つ…液体スープとかやくのみ、熱湯3分で出来上がりですわ…
特徴的な多加水平打ち麺ですが、一般的なカップうどんの平麺に似て
るものの、粉の配合の加減か、弾力やコシは若干弱く感じる。豚骨
ベースの清湯スープに、煮干やかつお等の魚介を合わせているのです
が...さっぱりとした口当たりでして…正直何か物足りない…二種類の
濃口醤油を使ったカエシがややアタリが強く感じるのも、きっとベー
スのスープが弱いからでしょうね…このあたりは「坂内」でも同様に
感じるから...そういう意味では、現地の味を上手く再現しているの
かもしれません...さっぱりした口当たりなのに醤油の輪郭が見える...
そんな感じです。トロトロチャーシューでいただきたいところですが
そこは低価格カップですからね…かやくはペラいチャーシューにネギ
ナルト、メンマとそこそこ頑張ってます。それなりに再現はされて
いると思うんですが、何だろう...このモヤモヤした気分は…(苦笑)


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年03月13日 22時43分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年03月09日
カップ麺Watch(NO.328)
コンビニで見慣れない袋麺を発見...なかなかソソるパッケージじゃ
ないですか...宮崎「辛麺」と「辛辛麺」…メーカーは「株式会社 一
(はじめ)」?...全く知りませんわ…でも、パッケージはしっかり
しています。「辛麺」と言えば、東成区の「辛麺屋 枡元」で頂いた
ことがあるんですが...あまりパッとした印象がなかったんですよね…
宮崎のご当地ラーメンとしては、有名みたいです。早速レポートして
みましょうか...

cup328_a.jpg

【宮崎「辛麺」】

まずは「辛麺」から…裏の作り方を見ると、鍋に生卵を落とすように
なってたんですが…そんな邪魔くさいことはしません…(鍋が汚れる
のが嫌だし...)それに僕の予想では(色んな人のレビューを見て思っ
た)卵を入れると、味がボケてしまうような気がするんですよね…
袋麺とは言え、ニラが付いているのは嬉しい…あっという間に卵を
入れないバージョンの「辛麺」の出来上がりです。なるほどねぇ〜…
これにとき卵が加わると、辛みも味もかなりやわらかくなるでしょう
ね…断然このままの方が旨いです。鶏ガラベースのスープに本来なら
ミンチ肉の旨みが加わるんでしょうが…今回は袋麺ということで具材
は入っておらず、エキスで対応しています。辛みはほど良い程度で、
カプサイシン系の辛みとコショウでパンチを効かせており、ほんのり
感じる酸味もいいですね…やっぱり本家には悪いけど卵なしですよ...
ニンニクやショウガも効いていて、スタミナ系の感じ…体がポカポカ
してきます。ニラもいい仕事してますよね…麺はオーソドックスな
油揚げ麺を合わせており、スープとの絡みも良好…辛みの足りない
部分は「鬼」で対応...なかなか美味しくいただけました。


cup328_b.jpg

【宮崎「辛辛麺」】

続いて「辛辛麺」です。パッケージが赤に変わって、より攻撃的な
感じがしますね…ベースの「辛麺」の辛さ増しになるワケですが…
お店(枡元)で「20辛」をいただいても、全然平気だった私ですから
辛さに関しては、全く問題ないないでしょう…今回も卵なしのストレ
ートで、お湯少なめにしていただきました。ふむ...心地よい辛さで
普通に美味しい...後から「鬼」とかで辛味武装することもなく、丁度
いい感じ…ただ、ベースの宮崎地頭鶏などの旨みは、ベースの幸麺の
方がわかりやすいと思う。辛味、酸味、甘味等のバランスがとれて
いて、クセになりそうですね…麺はプアな感じはするけど、これは
これでいいのかも...ご当地袋麺ということで、なかなか手に入り難い
と思うけど、見つけたら買ってみる価値はありますよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年03月09日 22時11分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年03月03日
カップ麺Watch(NO.327)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。今回はサンヨー食品のタテカップ...「塩らーめん
ピリ辛」と「桃花春 醤油味」をピックアップ...定番袋麺の変りダネ
カップと店カップですね...早速いただいてみましょうか...

cup327_a.jpg

【サッポロ一番「塩らーめん ピリ辛」】

まずはサッポロ一番「塩らーめん ピリ辛」から...このサッポロ一番
シリーズのカップは、どうしてもベースの袋麺と比べてしまうのです
が、麺にしてもスープにしても、袋麺と同じ様にはいかないみたいで
いつもガッカリしてしてしまうんですが、最近「別モノ」として捉え
ております。上ブタの上には切り胡麻の小袋が…熱湯3分で出来上が
りです。ふむ…切り胡麻の中に唐辛子も入れているのかな?青唐辛子
と赤唐辛子…ダブルの辛み?あとメーカーの説明によると、酢の酸味
も加えている?う〜ん…どれもが中途半端で、ベースである「塩らー
めん」の味はするものの、コクもキレも今一つ…特に辛みに関しては
ピリ辛を食べる口になっていたので、後からハバネロパウダーを追加
することに...お酢による酸味は、麺を平らげてスープを飲み干す際に
感じられる程度...塩分的には足りているものの、とにかく弱い…麺は
いつものカップ用の平麺...これはこれでしなやかで好きなんですが...
かやくはキャベツ、スクランブルエッグ、カニカマ、ネギ、赤唐辛子
とボリューム的にも満足できました。このシリーズ…色々と変り種を
出すのもいいんだけど、ビシッと袋麺の味を再現した一杯を、出して
くれませんかね…(難しいとは思うけど...)


cup327_b.jpg

【サッポロ一番「桃花春 醤油味」】

続いて「桃花春 醤油味」です。ちょっと前に藤原製麺バージョンの
袋麺をいただいたのですが...どうしても比べてしまいますよね…
上ブタに貼り付けてある小袋の粘着剤が強すぎて...どうせ上から
フィルムで包むんだから、ここまで粘着剤を付けなくても…(笑)
熱湯3分で出来上がり...わかっていたことだけど、同じお店の商品で
袋麺とカップでここまで表現が変わってくるとは…僕は実際のお店で
食べたことがないので、まさに両商品の比較となるんですが…共通し
てるのは「ニンニク臭」…今回のは特にそれがキツイですね…豚脂の
甘みもコチラの方が強い...ややタレ勝ちの豚骨醤油なんですが、この
豚脂の風味と油揚げ麺特有の匂いで、よりジャンキーな仕上がりに
なってます。麺の差が大きすぎて、やはり藤原製麺バージョンと比べ
てはいけませんね…本当に凡庸の中細縮れ麺…スープに完全に負けて
いる印象…唯一、今回優位に立てるのが、かやくが入っていること…
沢山のチャーシューチップ(ハムだな…コレは)メンマ、青ねぎが
入っている…もう少しハムに味があればいいんですけどね...全く入っ
てないよりはありがたいけど...そんな感じです。とにかく袋麺との
差を大きく感じる結果となってしまいました。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年03月03日 23時07分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年02月24日
カップ麺Watch(NO.326)
また懐かしのシリーズに戻りましょう…少し昔に発売されたカップ麺
を、アナタと共に語り合う...「カップ麺Watch」です。(*^ー゚)b
今回はエースコックのパンチの効いたカップ麺をチョイス!
「EDGE 鬼シビ辛みそラーメン」と「スーパーカップ ギョーザパンチ
焼そば」…いずれも刺激的な雰囲気が漂っていますよね…早速、
いただいてみましょうか…

cup326_a.jpg

【エースコック「EDGE 鬼シビ辛みそラーメン」】

まずは「EDGE 鬼シビ辛みそラーメン」から...「シゲキたりてる
っちゃ?」...愛しのラムちゃんじゃないですか...(*´ω`*) 好きすぎる…
「驚きとやりすぎ」をコンセプトに、今まで様々なやり過ぎ商品を
輩出してきた「EDGE」シリーズなんですが、僕はこれが初めてなん
ですよね...はたして本当にやり過ぎなのか…上ブタの上に貼り付けた
調味油の他に、中にも粉末の激辛小袋が入っている…「本気だ…」
熱湯5分で出来上がりですわ…かき混ぜる前にベースのスープを飲ん
でみると、普通のポークベースの味噌味…これにそれぞれの小袋を
入れると、凶暴なスープへと激変する…パッと見は辣味の強そうな
感じがするんだけど、麻味の効かせ方がハンパない…まさに鬼シビ
ですよ…色んなカップ麺を食べて来たけど、ここまで花椒を効かせた
ものは、食べたことがない…これ、麻味に耐性がない人は、一口で
アウトでしょう…ビリビリッと痺れる刺激は、まさに「やり過ぎ君」
ですわ…麺はモチロン、かやくのキャベツに至るまで「これ…味付け
キャベツか?」と思う程、味が乗っかかってくる…まず小袋を入れた
段階で、ヤバイ匂いが漂ってきましたからね...そっか…「EDGE」
シリーズやるなぁ〜。角刃の平打ち中太麺も非常に出来が良く、個性
の強いスープに負けていない…清湯系のスープであれば、弾いてしま
いそうな強い麺だけど、このスープとの相性はバッチリ…頭の毛穴
から汗をふき出しながらも全汁!シビ辛好きの期待を裏切らない
最高の一杯でした。


cup326_b.jpg

【エースコック「スーパーカップ ギョーザパンチ焼そば」】

続いて「スーパーカップ ギョーザパンチ焼そば」です。以前頂いた
「スーパーカップ1.5倍 ギョーザパンチ」の焼そば版ですね...ふむ…
初回版の売上がかなり良かったらしく、そのリニューアルした
ラーメンと同時に発売されたそうな…「※ 具材に餃子は入っておりま
せん…」と書いてあるんですが、きっとこんなことにでもクレームを
言う人がいてるんでしょうね…小袋は液体ソースとかやくのみ…熱湯
3分で出来上がりです。ふむ...まさに餃子テイスト...焼そばの方が
ダイレクトですね…動物系にガーリックやオニオンを合わせたのを
ベースに、餃子のタレを思わせる、酢、醤油、ラー油の組み合わせは
まさに餃子を食べているような気分にさせてくれます。弾力のある
太麺との相性もなかなかで、油揚げ麺特有の匂いと相まって、より
ジャンクさを引き上げています。麺量130gっていうのも嬉しいなぁ…
ただ麺量が多い分、キャベツ、ニラ、肉そぼろ等のかやくは寂しさを
感じますね...肉そぼろなんて、行方不明になってましたから…(笑)
全体的に塩分濃度は高めなんですが、ラーメンより好印象。
このシリーズ、面白いと思いますよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月24日 13時49分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年02月14日
カップ麺Watch(NO.325)
前回に引き続き「ぴょんこ姐」さんからの頂き物シリーズです。
この前は、チョコソースの焼そばという、大きな山を越えましたから
ね...もう怖いものは無いです。(笑)如何にもバレンタイン商戦に
向けての「甘いモノ」軍団のカップうどん...マルちゃん「甘〜い
きつねうどん」...これはね…甘い出汁が嫌いではない僕にとって、
屁でもないと思うんですよ...カップリングとしては、巷で出汁が甘い
と評判の、日清「どん兵衛 すきやき」をチョイス...早速いただいて
みましょうか...

cup325_a.jpg

【マルちゃん「甘〜い きつねうどん」】

まずはマルちゃん「甘〜い きつねうどん」から...ハイ…ピンク一色で
ハートマークまでありますからね…完全にイロモノのニオイが漂って
きます。上ブタをめくると粉末スープに唐辛子、後入れの液体スープ
と小袋は3つ…熱湯5分で出来上がりです。ふむ…何も言われずに
食べたら…「甘めだな〜」って思うだろうけど、この甘さは全く
問題ナシ…かつお節、雑節、昆布、煮干等、ベースとなる出汁が
しっかりとしているんですよ…確かに後口にクドい程残る甘みに
関しては、やりすぎ感はあるけど、まだ「美味しい」と呼べる範囲内
です。この甘みは後入れの醤油だれによるものか…甘めに仕上げた
淡口醤油のうどんつゆだそうです。僕はノーマルのマルちゃんは、
もう少し甘みがあれば…と思う方なので、今回の限定商品は実に
面白いですね…麺はいつものごとく、コシと弾力があり、おつゆとの
相性も悪く無い...甘みのある大きな油揚げ、かまぼこ、ふわふわ
タマゴ、ネギとかやくに関しては、何も言うことはありません…
何とか任務完了ですわ...ぴょんこ姐、ありがとうございます。(*´ω`*)


cup325_b.jpg

【日清「どん兵衛 すきやき」】

続いて日清「どん兵衛 すきやき」です。これは「甘〜い きつね」に
対抗するために購入した一杯なんですが…賑やかなパッケージですね…
「じゃぱん ぬーどるず」というシリーズの中の一つだそうな…上ブタ
をめくると、小袋が2つ…液体スープとかやく…熱湯5分で出来上がり
です。ふふふ…これは甘いなぁ〜。甘めのわりしたを使ったすき焼き
風のつゆ…ウチもすき焼きは甘めに仕上げるので、全く抵抗がない…
肉汁の旨味も加わって、なかなかの甘旨仕様ですよ…先程の「甘〜い
きつねうどん」に匹敵する程の甘さ…もしかすると、それ以上かも
しれない…でも、こちらは後口にクドさを感じることはなかったです。
驚いたのは、かやくに使われている牛肉らしいモノ…これはフェイク
牛肉なんですね...大豆加工品...所謂「大豆ビーフ」ですわ…
僕はたまに酒のアテで「大豆ジャーキー」を買ったりするんですけど
ね…最近は本当によく出来ていて、何も言わなければ疑うことなく、
肉と思って食べてしまうと思います。これを使った食品が、これから
どんどん出てくるかもしれませんね…麺は安定したどん兵衛らしい
平麺…これに関しては、何も言うことはないでしょう…甘いすき焼き
に抵抗のある人はキツイかもしれないけど、僕的には非常に美味しく
いただくことができました。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月14日 21時58分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年02月07日
カップ麺Watch(NO.324)
白内障手術を終えた翌日、お店でボォ〜〜ッとたたずんでいますと、入り口で
スレンダーな美女が立っているじゃないですか…ニッコニコ笑顔の「ぴょんこ
姐」が「手術成功おめでとうございます♪」…と紙袋を差し出す…こ...これは…
コンビニで見かけたけど、絶対に手を出さないでおこうと心に決めた恐ろしい
カップ麺じゃないですか...「ありがとうございます!」と言ってみたものの、
僕にとって重要なのは、これが朝食として成り立つのか...ということ(いつも
カップ麺は、週末の朝に食べている)麺料理?それともスイーツ?(´ε`;;)
僕は酒飲みだけど、チョコレートも大好きなんですよ...でもそれが、カップ
焼そばと合体するなんて、とても考えられない...ペヤング やきそば「ギリ チョ
コレート」と明星 一平ちゃん 夜店の焼そば「謎チョコキューブ入り 2017新作
チョコソース」...これ食べるのは、かなり勇気が要りますよ...早速いただいて
みましょうか...

cup324_a.jpg

【ペヤング やきそば「ギリ チョコレート」】

まずは、ペヤング やきそば「ギリ チョコレート」から…板チョコを模した
パッケージデザインにかなりビビリながらも、外側のフィルムを剥がしてみる…
中には液体ソースにかやくと、フツーに焼そばじゃないですか…熱湯3分で湯
切りして、それぞれをかければ出来上がりですわ…何か甘〜い香りがするんで
すが…「これはスイーツだ!」と自分に言い聞かせて、衝撃の一口目…「あれ
?こんなもの?」...正直な感想で言えば、やるならやるでもっと思い切れば
いいのに…ソースを絡めている際に漂ってくる、甘いチョコの香りを嗅いだ時
すでにもう自分の覚悟は決まっているのに…チョコソースは薄くて甘みも中途
半端...となると、ベースの油揚げ麺の風味も味に絡んでくるワケで…やきそば
とも言えないし、スイーツとも言えない…僕はチョコ好きだから問題なく食べ
れたけど(美味しいとは思わない)甘いのが苦手な人は、一口でアウトでしょ
うね...(^_^;;


cup324_b.jpg

【明星 一平ちゃん 夜店の焼そば「チョコソース」】

続いて、明星 一平ちゃん 夜店の焼そば「謎チョコキューブ入り 2017新作チョ
コソース」です。これが正式名になるんですね...はい...もうどうにでもなれ!
ですわ…(笑)上ブタをめくると、油揚げ麺が褐色に染まっている…ナント
麺にココアパウダーを練り込んでいるそうな...あまりの本気度に閉口してしま
う…熱湯3分で湯切りして、液体ソース、チョコソース、仕上げに謎チョコキュ
ーブをふりかければ出来上がり...もうね…甘い匂いで、酔ってしまいそうです。
今回も焼そばとは思わず、スイーツだと割り切っていただく…う〜ん、やはり
予想以上に甘さは控えめでして、ココアパウダーやシナモンの利いたチョコレ
ートソースの「焼そば」なんですよ...不思議なことに、最終着地点は焼そば
として成り立っているんです。何とも複雑な味わいで、驚いてしまいました。
チョコベースなんだけど、絶妙な塩加減なんですよね…謎チョコキューブは
ココアパウダーとシュガーを固めているのかな?チョコっぽくはないけど、
食感が面白い...また買いたいとは思わないけど、これはこれでアリかな…と。
完成度に関しては「一平ちゃん」の方が上だと思う…よりスイーツに振った
ペヤングに対して、甘いけど焼そばらしさを残している一平ちゃん...もうね…
食べ終わった後の部屋の、甘ったるい匂いが気持ち悪くて...ごめんなさい…
もう二度とこのテのシリーズには、手を出さないようにします...(´ε`;;)
でも、次回につづく。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月07日 14時33分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・