2017年05月24日
カップ麺Watch(NO.340)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…日本のカップ焼そばの帝王と言えば...「日清 焼そば U.F.O.」…
これに関しては異論はないと思うんですが、今回はその「U.F.O.」シ
リーズの変り種...「豚ガリペッパー」」と、基本の「U.F.O.BIG」を
レポートしてみました。いずれも麺量130gと納得の大盛カップ…
早速いただいてみましょうか...

cup340_a.jpg

【日清 焼そば「U.F.O.極太 豚ガリペッパー」】

まずは「U.F.O.極太 豚ガリペッパー」から...これまたジャンキーそう
なパッケージですね…トン(ポーク)、ガリ(ガーリック)、ペッパ
ー(ブラックペッパー)ですか…外側フィルムを外すと、上ブタの上
に粗挽きペッパーの小袋が張り付いている…(このスタイルは初めて
です)多分、麺の下に隠れてしまって、そのまま上から熱湯を注いで
しまうケースが多いからかもしれませんね…(最近、他社の商品でも
同じようなことがありました…)熱湯5分で湯切りして、液体ソース
ふりかけをかければ出来上がり…ナント醤油系なんですね…とにかく
ガーリックの主張が強い…他の要素をかき消すぐらいガーリックが
効いてます。ポークベースのタレなんですが、何となく「油そば」を
食べているような気分になってきたぞ…(笑)粗挽きのブラックペッ
パーもいいアクセントになってますね…この極太平打ち麺がまたスゴ
イ…エッジを立たせたコシのあるなめらかな麺…カップの油揚げ麺の
中では、ダントツの出来ではないかと…お店の麺にも何ら負けてない
レベルだと思います。かやくはポークミンチに大切りキャベツ…麺量
が多いので寂しく感じますが、納得できる内容ではないでしょうか…
焼そばって感じはあまりしないんだけど、パンチの効いたにんにく醤
油ダレと粗挽きベッパーで、かなりジャンキーに仕上ってます。僕的
にはアリだと思いますよ...


cup340_b.jpg

【日清 焼そば「U.F.O.BIG」】

続いて定番の「U.F.O.BIG」をいただく…久しぶりのノーマルバージ
ョンなんですが、今回も外側フィルム内の上ブタの上に、ふりかけの
小袋が貼り付けてある…(やはりこのスタイルに変わったんですね..)
熱湯3分仕様です。ふむ…「やみつき濃厚エクストリームソース!」
を謳うように、かなり濃厚で酸味、甘味、そしてスパイシーさを感じ
るソース…この主張に関して言えば、カップ焼そばの中ではダントツ
かもしれない...それだけにペヤングをはじめとする、サッパリ系のソ
ースとは方向性が違う…良いも悪いも個性を際立たせており、この辺
が好みの分かれる所かもしれない…今回はマヨ等の飛び道具が入って
ないので、特にソースの個性を感じることができました。この濃厚ソ
ースと、しっとりしなやかで伸びのあるストレート麺との相性が見事
なんですよね…まさに王道!個人的には同じ日清でも、粉末ソースの
焼そばが好きなんですけどね…(笑)キャベツ、豚肉のかやくに、青
のり、紅ショウガのふりかけ...麺量とのバランスで寂しく感じるけど
この紅ショウガがいいアクセントになってますね…今回は醤油ダレの
変り種と定番ソース系…どちらも美味しかったです。さすが日本を
代表するカップ焼そばですわ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月24日 10時36分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年05月16日
カップ麺Watch(NO.339)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…ここんとこ、コンビニでカップ麺を仕入れる機会が多くなり、
廉価版の商品と遭遇することが少なくなったのですが...久しぶりに
近所の「業務スーパー」に行くと、いかにも大味っぽい(失礼w)
ビッグカップを発見!日清「デカブト」シリーズ…全部で4種類ほど
あるんですが、その中で「香熟味噌」と「黒マー油豚骨」を選択しま
した。太麺で麺量90gという、食べ応えタップリの大盛カップ…早速
いただいてみましょうか…

cup339_a.jpg

【日清 デカブト「香熟味噌」】

まずは「デカブト 香熟味噌」から...この商品って、以前あった「太麺
堂々」シリーズのリニューアル版になるのかな?上ブタをめくると、
小袋は後入れの液体スープのみ…かやくは最初から麺の上にかかって
いる。直感的にお湯少なめで作った方が良さそうなんだけど、盛り上
がる太麺の茹で上がりのことを考えて、しっかり内側のラインまで
お湯を注ぐ…熱湯4分で出来上がりですわ…う〜〜ん…やっぱり弱い
なぁ…ポークベースでゴマの風味を利かせたあっさり味噌…赤唐辛子
が入っているものの、インパクトがある程でもない…当然、太麺に
負けてしまっている…油揚げ麺臭がやや強めの太麺なんですが、食感
はなかなか…ボリュームもあるし、ブリンとした弾力、歯切れもいい
とにかくスープが弱いんですよ…かやくは太めのネギと唐辛子のみ、
実にシンプル…僕はハバネロ系の唐辛子を投入して、激辛バージョン
でいただきました。


cup339_b.jpg

【日清 デカブト「黒マー油豚骨」】

続いて「デカブト 黒マー油豚骨」です。上ブタをめくると、小袋は
2つ…後入れの粉末スープと調味油…熱湯4分で出来上がりです。表面
に黒マー油を浮かべたビジュアルは、結構濃厚そうに見えるんですが
やっぱり今回も弱いなぁ…ベースの豚骨もかなりあっさりめで、主役
である太麺に負けてしまっている…麺自体はそこそこいいだけに残念
ですね…スープとの絡みもあまり良くない…かやくはミンチ肉、いり
ごま、ネギ、赤唐辛子と価格相応…元々は廉価版のカップを中心に
食べていたんですが…やはり今回は差を感じてしまいました。この
シリーズはとにかく太麺が主役。ボリュームたっぷりなのは嬉しいん
ですけどね...(´ε`;;)


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月16日 22時38分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年05月09日
カップ麺Watch(NO.338)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は明星の店カップですが、いずれも汁なしで麺量130gの
大盛カップ...「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」と「らーめん専門店
ぶぶか 油そば」…もちろんどちらのお店も未訪でして、このカップ
のみの評価になるんですが...早速いただいてみましょう♪

cup338_a.jpg

【明星「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」】

まずは「麺屋こころ 監修 台湾まぜそば」から…上ブタをめくると
小袋は2つ…液体ソースと後入れのかやくのみ…熱湯5分で湯切りして
それぞれをかき混ぜれば出来上がりなんですが...想像してたビジュア
ルとは違いますね...食べればさらに、その思いは強くなる...僕の頭の
中にある台湾まぜそばとは違い、魚介がかなり前に出た一杯…カツオ
だしを効かせた粘度低めの醤油ダレに、ピリッと辛いチキンとオニオ
ンのオイルを合わせている...もっとラー油ギラギラの、ジャンキーな
一杯を予想してただけに、若干拍子抜けしてしまったんだけど…台湾
まぜそばと思わなければ、これはこれで旨い...ふりかけスタイルの
かやくも面白いですね…味付肉そぼろ、ネギ、ニラ、ガーリック、
チリ、魚粉、刻み海苔と麺量と比較すると少ないけど、価格を考えれ
ば仕方ないか...しかしこの極太麺は圧巻ですね…130gと麺量もたっぷ
りで、食べ応えもある…カップ麺としてはこれが限界じゃないかな…
って感じのブリンブリンの剛麺で、この麺を食べるだけでも価値が
ありますよ…東京で台湾まぜそばの専門店として活躍されているみた
いなので、これはこれで確立されているんでしょう...


cup338_b.jpg

【明星「ぶぶか 油そば」】

続いて「ぶぶか 油そば」です。東京、吉祥寺のらーめん専門店
「ぶぶか」は、明星ではお馴染みでして...もう何度も発売されており
シリーズ化された様な感じなんですが…僕も以前「にんにく醤油豚骨
らーめん」をいただいたことがあります。しかし元々は「油そば」が
評判のお店なんですよね...そういう意味ではカップ麺ではあるものの
このお店の本筋をいただくことになります。上ブタをめくると小袋は
4つ…かやく、液体ソース、ふりかけ、マヨネーズ…極太麺なんですが
熱湯3分で出来上がりです。うん...モチッとした弾力のある油揚げ麺…
なかなかいいじゃないですか…濃厚な醤油ダレとの絡みもいい…この
タレはチャーシュー漬け込みの醤油ダレに、ゴマ油をブレンドした
もので、濃厚ながらも重みのない、どちらかと言えばサッパリとした
味わい…これにマヨネーズの油分とローストガーリックの芳ばしさが
加わると、ジャンキーさが増しますね…キレで食わせるのではなく、
旨味重視な仕上がりです。かやくはチャーシューにメンマ、ナルト…
このふりかけが良いアクセントになっています。小ネギ、刻み海苔、
七味唐辛子、ガーリック、ブラックペッパーと、タレと麺で食わせる
単調になりやすい「油そば」に、食感の変化と旨みを引き立てる良い
脇役...と言ってもいいんじゃないでしょうか…麺量も130gとボリュー
ムがあるし、タレと油のバランスを見直すなど、シリーズ化に従って
細かく改良しているのも好感が持てます。できればお店の油そばを
食べてみたいなぁ〜と思ってみたり…僕は途中で激辛一味を投入して
ピリ辛仕様でいただきました。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月09日 21時39分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年05月05日
カップ麺Watch(NO.337)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…エースコックのカップ麺と「CoCo壱番屋」がコラボですよ…
カレーチェーンの中では、一番通いつめたお店が監修してるというこ
とで、かなり楽しみなんですけど...「甘口派に捧げる とろ甘カレー
うどん」と「辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」…いずれも
甘さ辛さをカスタマイズできる飛び道具を用意しており、期待が高ま
りますね...早速いただいてみましょう...

cup337_a.jpg

【エースコック CoCo壱番屋監修「甘口派に捧げる とろ甘カレー
うどん」】

まずは「CoCo壱番屋監修 甘口派に捧げる とろ甘カレーうどん」から
いただきましょう…「カレーは辛くないと」をモットーにしている
僕が、甘口派に捧げるカレーうどんですよ...恐る恐る「とろ甘ソース
」なるものを半分だけ入れてみる…茶褐色のトロミのあるソース…
一滴舐めてみると…「甘っ!」これはメープルシロップですか?いや
それ以上に甘いかな...混ざってない部分をすすってみると、ベースの
カレーも甘口なんですね…ポークベースでビーフエキスも入ってる…
イリコ等、和のテイストも加えているみたいだけど、甘みに耐えられ
ずギブアップ気味...仕方なく激辛唐辛子「バードアイ」を投入し、
理性を取り戻す…(笑)何か甘辛な一杯になって、これはこれで旨い
かも…肉そぼろ、ネギ、かまぼこと、かやくは価格相応…ココイチ
では「5辛以上」しか頼まないので、今回の甘さに悶絶しかけました
が、とろ甘ソースの量を調節すればいいと思います。


cup337_b.jpg

【エースコック CoCo壱番屋監修「辛口派に捧げる とび辛カレー
ラーメン」】

続いて「CoCo壱番屋監修 辛口派に捧げる とび辛カレーラーメン」
です。甘口派はうどんで、辛口派はラーメンときましたか…熱湯3分
で「とび辛スパイス」を最初から全部投入していただきます。うどん
の方もそうだったけど、麺がこんもり盛り上がって見えるのは、決し
てお湯少なめに作ったワケじゃないんですよ…麺量も結構あるって
ことでしょうね…(麺量90g)うむ…確かにココイチのカレーのテイ
ストですね...何となく粉っぽさを感じてしまうのは、ご愛嬌ですな…
ポークカレーがベースで、じゃがいもの旨味がたっぷり...本当に食べ
慣れた感じの欧風カレーで、まさに万人向けに仕上げています。辛さ
に関しては大したことはなく、今回もバードアイ投入でいただきまし
た。丸刃の中細麺を合わせてるんだけど、若干油揚げ麺のネガな匂い
を感じますね…ま、たっぷりボリュームもあるし、食べ応えもあるの
で良しとしましょう…キャベツ、肉そぼろ、葱とかやくもそこそこ...
価格を考えれば、よく出来ていると思います。ココイチ好きの期待を
裏切らない、コラボ商品に仕上がってますね…僕は断然「辛口派」
ですわ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月05日 12時32分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年05月01日
カップ麺Watch(NO.336)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。日清カップヌードル45周年を記念して発売された
贅沢スープのカップヌードル...あまりの評判の良さに、シリーズ化さ
れたみたいですね...今回はそのスタートとなった「贅沢とろみフカヒ
レスープ味」と「贅沢だしスッポンスープ味」をピックアップ…フカ
ヒレもスッポンも、庶民の僕には馴染みのない食材でして…何がどう
美味しいのかわからないのですが…高級食材とカップ麺のコラボ、
早速いただいてみましょう...

cup336_a.jpg

【日清 カップヌードル リッチ「贅沢とろみフカヒレスープ味」】

まずは「贅沢とろみフカヒレスープ味」から…小袋は上ブタに貼り付
いた調味油のみ...熱湯3分で出来上がりです。おお…これは旨い!!!
チキンとポークがベースのスープにオイスターソースを加えているん
だけど、本当にカキのエキスたっぷりって感じで、コクがある。コラ
ーゲン1000mg入りという、強烈な粘度の中華風スープなんですが…
このトロミのあるスープの中に、お馴染みのカップヌードルの麺が
入ると、あら不思議…あのどんなスープにでも合う、優しい食感の
ヌードル麺がトロミと同化して、まるでフカヒレの姿煮を食べている
ような錯覚に陥る...これ面白いですよ…味付けもメリハリを利かせて
おり、ピンボケ感も少ない…かやくはフェイクのフカヒレ、チンゲン
菜、キクラゲ、たまご、クコの実とそれなりに頑張っているんですが
キクラゲの食感が実にいいですね…贅沢感もしっかり出ているし、
これは価値のある一杯だと思いますよ...


cup336_b.jpg

【日清 カップヌードル リッチ「贅沢だしスッポンスープ味」】

続いて「贅沢だしスッポンスープ味」です。熱湯3分で後入れの調味油
を入れれば出来上がり…上にころがる白い肉は、まさかスッポン?
と思ったら、鶏つみれでした。(当たり前かw)うん…中華風の「と
ろみフカヒレ」に対して、今回は和のスープですね…風味豊かな鰹の
和風だしに生姜を利かせ、スッポンの粉末エキスを合わせている。
強烈なトロミのフカヒレに対して、実にさっぱりとした味わいで、
まるでスッポン鍋を食べているような気にさせてくれる…こちらも
コラーゲン1000mgを配合…面白みには欠けるけど、個人的にはフカ
ヒレよりコッチの方が好みかな…特にネギ油の使い方がいいですね…
かやくは鶏つみれ、クコの実、白ネギ、シイタケと、和を意識させる
感じ…いつものヌードル麺との相性も非常に良かったです。今回の
豪華版カップヌードルですが、どちらもレベルが高くて驚きました。
さすが世界のカップヌードルですね...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年05月01日 10時48分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
2017年04月20日
カップ麺Watch(NO.335)
本当に久しぶりに「一平ちゃん 夜店の焼そば」シリーズを購入して
みました。どちらかと言えば、若者向けの商品が多いのですが、僕は
結構好きなんですよね...ジャンキーさが加速する特製マヨ付きでして
「塩だれ味」はペッパーガーリックマヨ...「辛子明太子味」は明太子
風味マヨ…量も40%増量とのこと…マヨ好きにはたまりませんな…
早速いただいてみましょう♪

cup335_a.jpg

【明星 一平ちゃん 夜店の焼そば「塩だれ味」】

まずは「塩だれ味」から…何度もいただいている定番の味なんですが
確かに「ペッパーガーリックマヨ」の量が、多いのがわかりますね…
小袋がパンパンです。熱湯3分で湯切り…塩だれ、ふりかけ、マヨを
かければ出来上がりです。うむぅ...若干重めに感じるマヨが、増量に
よってさらに重くなってますね…(当り前だけど)塩だれのキレ味は
ほとんど感じず、かなりボケた味わいに...さすがにこれは、マヨが
勝ちすぎているか...やはりバランスは大事ですよね…ふりかけの中の
フライドオニオン、さらには麺にもオニオンエキスを練りこんでいる
のかな…これは実にいい感じですね…細めの油揚げ麺なんだけど、
しっかりとコシもあります。油揚げ麺特有のネガな匂いも、オニオン
とマヨで上手くマスキングされた感じ…マヨを全部かけるのではなく
て、自分の好みで調整すればいいんじゃないでしょうか...


cup335_b.jpg

【明星 一平ちゃん 夜店の焼そば「辛子明太子味」】

続いて「辛子明太子味」です。約3年前にいただいたことがあるんで
すが、不味くはないものの、明太子の風味が弱くてイマイチだったん
ですよね…今回は味の決め手の「明太子風味マヨ」が、40%増量と
いうことで、どのように変わってくるのか楽しみです。熱湯3分で
湯切りして、それぞれの小袋をかければ出来上がりです。色鮮やかな
ふりかけは、明太子、キザミのり、チリを組み合わせた顆粒状の特製
ふりかけですね…「一平ちゃん」らしい飛び道具で、実に面白いと
思います。ソースはバターの香り漂う醤油味で、ガーリック、ジンジ
ャー、魚醤の風味を活かした和風ソース...さっぱりとしているんだけ
ど、ここに特製マヨの油分が加わる...「塩だれ味」では重く感じた
マヨも、今回は丁度いい感じですね…でもやはりよく混ぜてしまうと
明太子の風味が落ちてしまうのが残念…オーソドックスな油揚げ麺も
しなやかでよく合っているし、さすが定番って感じでしょうか…


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年04月20日 23時01分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年04月15日
カップ麺Watch(NO.334)
ナゼか知らないけど、僕の休みは雨の日が多い…特にバイクの免許を
取りに行った頃から、雨に降られることが多くなった気がします。
で…週間天気予報によると、今度の月、火曜日(連休)も雨マークが
ついてるじゃないですか...本当にどうにかしてほしいですわ…(-.-“)

今回は本格ベトナム仕込みの、フォーを使った袋麺…「Pho・ccori
気分」シリーズと言うのかな…エースコックは本場ベトナムでは、
トップシェアを誇りますからね…僕は何度も本場の袋麺をいただいて
いるんですが、どれぐらい日本人向けにチューンしているのかも気に
なるところ...「トムヤムフォー」と「鶏だしフォー」...早速いただい
てみましょうか...

cup334_a.jpg

【エースコック「トムヤムフォー」】

まずは「トムヤムフォー」から…現地の袋麺は、チキンラーメン的に
熱湯を注いでフタをして、3分で出来上がりが基本なんですけどね…
今回は鍋で3分煮て下さいと書いてある...その通り作ってみたけど、
この米麺の性質上、熱湯を注ぐだけで十分な気がする…(残りのやつ
はそれで作ろうと思う)小袋は1つ...粉末スープのみです。コシのない
まるでスープと同化するようなフォーの食感...これがまた魅力なんで
すけどね...まさしく本格フォーですわ…ただ、スープはかなり日本人
向けにデチューンされてますね…独特な風味の油分は全く使わず、
鶏ガラ、エビ、魚醤の旨みに、唐辛子、レモングラス等の辛味や酸味
そしてココナッツミルクと、基本の味は守りながらも、あの現地の
ような強烈な個性がない…酸味も辛味もそこそこ効いているんですが
やはりキーワードになるのは、油でしょうね...単なる食べやすいトム
ヤムスープに、フォーを入れたものになっているのが実に残念です。
159kcalとローカロリーなのは、嬉しいんですけどね...


cup334_b.jpg

【エースコック「鶏だしフォー」】

続いて「鶏だしフォー」です。前回の「トムヤムフォー」が期待外れ
だったので、半ば諦め気味で袋を開けると、今回は粉末スープと一緒
に調味油の小袋が入っている。鍋は使わずに熱湯を注いでフタをして
3分…これが現地のインスタントスタイルです。ふむ…確かにうっすら
と芯が残る感じだけど、米麺のなめらかさは感じつつ、コシもしっか
りと楽しめる...気温の低い時期はキツイかもしれないけど、この調理
法の方が、フォーの良さを活かせるんじゃないでしょうか…スープは
あっさりとした鶏ベースで、香味野菜等の旨みも加わり、ほんのり
香辛料も効かせている…鶏油や豚脂のおかげで、しっかりと厚みも
感じられる...でもね...やはり日本人向けであることは確かで、現地
袋麺のような独特なクセは感じられない...食べやすいんだけど、何か
物足りないんですよね…僕は辛味香辛料をたっぷり加えて、激辛仕様
でいただきました。フォーは文句なしに美味しかったです。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年04月15日 22時50分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・