2018年04月19日
麺屋 爽月(肉カレーうどん)@住之江区
180416_1.jpg

住之江区は粉浜の商店街の中にある「爽月」さん...一ヶ月ほど前に
リニューアルしたということで、本当に気になっていたんですが…
僕は休日に色々と予定が入っておりまして、なかなか時間がとれなか
ったんですよね…でも、ようやく訪問することができました。外観は
あまり変わってないようなんですが…早速中に入ってみましょうか…

180416_2.jpg

何と…壁紙の雰囲気も一新…壁に向かってのローカウンターテーブル
が長くなったり、テーブル席の配置など、色んな所が変わってるじゃ
ないですか…聞けば製麺機や厨房にも、手を加えたみたいですね…
(慣れるまでは、大変だったみたいです…)

180416_3.jpg

一番目を惹いたのはココ…厨房に向かってのハイカウンターテーブル
ですよ...お酒の冷蔵ケースも新調しているし、照明も細かく調整でき
るそうな…どうやら「夜飲み」が出来る様な雰囲気を、演出している
みたいですね…

180416_4.jpg

前回は「とり玉天セット」をいただいたのですが…この日はカレー
うどんを食べようと決めてたんですよ...「肉カレー」と「とり天カレ
ー」…非常に悩むところですが…

180416_5.jpg

【肉カレーうどん(800円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お肉の旨みがカレー出汁に加わることを期待して...「肉カレーうどん
」を選択。如何にもカレーうどんのお手本のようなビジュアルの一杯
が運ばれてくる...たっぷり過ぎるほどの国産牛が、中央で幅を利かせ
てるんですが...嬉し過ぎるけど、サービスしてくれたんでしょうかw
笹切りの葱の色鮮やかな緑や、プチトマトの赤がアクセントになって
いますね…

180416_6.jpg

しっかりとした和出汁が骨格にあり、そこにカレーの旨みが加わる…
使用しているルゥは、やや酸味も感じられ、スパイスもよく効いてま
すね...片栗による粘度は控えめで、カレーの粘度そのものって感じで
しょうか…辛味は程々だけど、旨みが強いので辛さ増しは必要ないか
な...煮込んで肉の旨みが…って感じの肉カレーではないものの、カレ
ーの具材として、お肉が必要不可欠な存在になっています。このカレ
ーつゆは、肉カレーじゃないと出せない旨みじゃないかな…

180416_7.jpg

こちらの麺ですが、パンチのある温かいスープの中でも、存在感が
際立っていますよね...前回いただいた時と比べると、やや細めに仕上
げているんだけど、適度なコシとなめらかな喉越しは、まさに僕の
理想に近い麺ですわ…唇に吸い付く様な、ややエロチックな食感が
クセになりそうです。

180416_8.jpg

基本、お昼は飲まないようにしてるんですけどね...試飲させてくれる
ということで、せっかくだからいただくことに...色々飲ませていただ
いたけど、これが一番印象に残ったかな...山廃純米吟醸、旦(だん)
でしたっけ?すっきりとした味わいなんだけど、後口のクッとくる
感じがいいですね…

180416_9.jpg

さらに「生しょうゆ」もいただきました。どうよ…この艶やかな麺を
見て下さいな...おろし生姜、刻み葱、レモンをキュッと搾って、生醤
油をかけていただきましょう…うどんを味わう上では、これが一番、
麺の旨みがわかる食べ方かもしれませんね…

180416_10.jpg

先ほどの温かい麺とは、印象が変わりますね...鼻に抜ける小麦の香り
というか、純粋に麺の旨みを堪能できます。弾力も強いし、するする
といくらでも食べられる感じ…これはたまりませんな…こちらの店主
さん、うどんに対する考え方も先進的だし、かなりの引き出しも持っ
ていますよね…勉強になりましたわ...ごちそうさまでした。


麺屋 爽月
(住所)大阪府大阪市住之江区粉浜2-11-3
(TEL)06-6606-8092
(時間)AM11:30 ~ PM3:00(L.O. PM2:30)(饂飩) 
    PM5:30 ~ PM9:00(L.O. PM8:30)(蕎麦)
(休)木曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月19日 09時36分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月12日
天王寺都ホテル《同窓会》@阿倍野区
180409_1.jpg

先日、小学校時代のクラスの同窓会がありまして…日曜日の昼前から
お店を閉めて行って来ましたよ…会場になったのは、天王寺の「都ホ
テル」です。驚異のペースで飲んでいたのと(久しぶりに、ヘベレケ
になりました...)料理の名前がわからないので、写真だけ載せておき
ます。勿論メンバーの写真に関しては、タブーでございます。(・ω・)

180409_2.jpg

僕が今まで生きて来て、学校という思い出の中で、唯一はっきりと
覚えているのが、このクラスなんですよね...まるで「金八先生」を
地で行った様なクラスでした。このクラスじゃなかったら、わざわざ
日曜日に仕事を休んでまで、行くことはなかったと思います。

180409_3.jpg

荒々しかった先生も(笑)今は丸くなられて…そりゃあ、参加してる
我々がこんな年齢ですからね…皆んな、白髪アタマだったり、髪が
薄くなってしまったりと…それぞれの人生の重みを感じましたわ…

180409_4.jpg

一次会は3時間コースで、約一万円ですね…ホテルということで、
料理は豪華とまではいかないものの、そこそこの物が出てましたよ…
味も美味しかったと思います。

180409_5.jpg

特にこのローストビーフが旨かったなぁ…この日は回転式テーブルで
大皿に盛られた料理を、各自が取り分けるシッティング・ビュッフェ
スタイルだったんですが…「俺は痛風だから、イクラは食べれない」
とか、残された料理すべてが、僕に集まることになりまして…スタッ
フの人が大皿を下げる時も…「料理をまとめましょうか?」と残った
料理を僕の皿に盛ってくれる...あのね…俺がそんなに食べる様に見え
たんか?(# ゚Д゚)  そりゃあ、絶対に残すことはないけどさ…

180409_6.jpg

ミニちらし寿司や、なめこ蕎麦もありましたよ…ぜ〜〜んぶ食べたし
アルコールも相当に飲みましたよ…特にワインは何杯飲んだかわかり
ませんわ...(´ε`;;)

180409_7.jpg

デザートは桜の花をあしらったミニケーキ…そしてホットコーヒーを
いただく…この時点で、そこそこ酔ってたんですけど…かなり呂律が
回ってなかったし…この後、集合写真を撮ったりして…無事に同窓会
の一次会は終了ですわ...

180409_8.jpg

二次会はエレベーターで、17階にある「エトワール」に移動…ご覧の
景色でございます。この時すでに睡魔に襲われておりました…(^_^;;
皆んな童心に返って、馬鹿なことを言ってましたが...このメンバーだ
から、許されるって感じでしょうか…

180409_9.jpg

飲み物は確かに豊富だけど…アテはこの乾き物のみ…これで3千円
っていうのは、ちと高く感じるけど…接客はしっかりとしているし、
こんなモンやろね…この後、三次会に向かった人も沢山いたみたい
ですが、お店の掃除や集計の終わってない僕は、ここで断念…これ以
上飲んでたら、ちょっとヤバかったと思いますわ…(かなり弱くなり
ました。)でも、本当に楽しかったですね…次は何年後になるかわか
らないけど、ずっと続けばいいなぁ…と思います。ま、僕の場合は
次回から「二次会以降」の参加になると思いますが...


天王寺都ホテル
(住所)大阪市阿倍野区松崎町1-2-8
(TEL)06-6628-3200
(P)15台


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月12日 10時59分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月06日
優心(シビカラ麻婆うどん)@東住吉区
180405_1.jpg

先日まで開催されていた「愛の肉食麻婆ラリー」で、うどん屋として
参加していた杭全の「優心」さん…開催中は、何度もリピートされる
お客さんもいて、終了してからもメニューに残して欲しいという声が
少なくなかったそうな…そこで更に麻婆豆腐を勉強し、気付いた問題
点を改良し、より完成度の高いメニューが出来上がったというので、
確かめに行って来ましたよ...あの荒削りながらも、意欲的だった「愛
のサラマンボウ」がどのように改良されたのか、非常に楽しみです。

180405_2.jpg

注文を済ませたら、まずは優心自慢のお惣菜やサラダをいただきまし
ょう…食事の最初に野菜をいただくと、食物繊維の働きで、血糖値の
上昇が緩やかになるんですよね…メインの料理が美味しくいただける
ワケですよ…大根と人参のなますに、ブロッコリーの昆布あえ、サラ
ダには味噌マヨネーズをかけていただきましょう...(*^ω^*)

180405_3.jpg

【シビカラ麻婆うどん(1,180円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来ました〜。この度、限定ではなくレギュラーで登場した「シビカラ
麻婆うどん」です。大原店主自身もラリーには参加しており、様々な
お店で麻婆豆腐を食べることにより、かなり刺激を受けたみたいです
ね...あれから更なる改良を重ねて、登場させたという今回の一杯…
「黒」と「赤」二種類の麻婆ではなく、完全に一色にチューニングし
ての提供ですわ…自慢の麺の上に、自家製豆腐のブロックをのせて
上からたっぷりと麻婆餡をかけています。表面には香りの強い「朝倉
山椒」やピンクペッパーを散らして、最後に特製辣油をまわしかけて
いる…中央の三つ葉の緑が、いいアクセントになってますね…

180405_4.jpg

おお…前にも増して、パンチの効いた麻婆ですね...「シビカラ麻婆」
の名に恥じない、ビリビリと痺れの強い味わい…数字で表したら、
麻2:辣1ぐらいの割合でしょうか...辛味の強い中国山椒と、香りの
強い日本山椒など、シビ辛好きにはたまらないと思いますよ…中央の
豆腐を崩して攪拌させると、まろやかさが広がります。辣油の辛味や
風味もいい具合に作用していて、これはかなり旨いじゃないですか…
ラリーの時よりも、厚みが増した気がします。単にうどんの上に麻婆
をかけただけでなく、うどん用にかけだしとチューニングされた味わ
いですね...

180405_5.jpg

前回の「揚げ麺→茹で麺→ご飯」の流れは、ボリューム的にキツかっ
たという声が多かったので、ここは基本の茹で麺で勝負です。自慢の
全粒粉入り平打ちうどんでして…僕は300gでお願いしました。いつも
の如く、500gまで増量可能ということで...食べ方によっては前回より
ボリュームが大きくなる可能性も…自家製麺に麻婆餡が絡む絡む…
粗挽きやホールなどの花椒を噛んだ際に、口の中にパァ〜ンと広がる
シビレ爆弾がたまりませんわ...この辛さに関しては「麻」も「辣」も
細かく調整してくれるみたいですよ…

180405_6.jpg

麺を食べきった後は、〆ご飯の登場ですよ…「麻婆丼」も楽しめない
と話にならんでしょう…丼にドボンと投入して、最後の一滴まで味わ
うことに…たっぷりのミンチ肉や豆腐、麻婆餡が絡んで旨いの何の♪
やはり麻婆と合わせた和出汁が、麺やご飯との相性を良くしているん
でしょうね...前回よりバランスも良くなったし、ボリュームも十分に
満足できるものでした。この内容で「1,180円」は、確実にバリュー
価格だと思いますよ…サラダバーもついてますしね...

180405_7.jpg

食後はデザートのパンナコッタを、キャラメルソースでいただく…
(お代わりしたのはヒミツですw)今回の「シビカラ麻婆うどん」
ですが、裏メニューではありませんので、これからもずっと多くの人
に味わってもらうことが出来そうですね…今年は古いメニューを一新
して、更なるレベルアップと新作を、続々登場させるみたいですよ…
これは楽しみじゃないですか...


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木、金曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔土、日、祝〕
(休)火曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月06日 22時55分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月03日
ジャポダイニング (黒毛和牛のカルボナーラ対決!)@堺市
180330_1.jpg

前回...「カルボナーラ対決!」ということで、二種類のカルボナーラ
を食べ比べしたワケですが…ナント、さらにパワーUPしたカルボナ
ーラ対決が味わえるということで、自家製生パスタやニョッキの専門
店...「ジャポダイニング(Japo Dining)」さんに、またまたお邪魔し
ました。JR阪和線の堺市駅から歩いてスグにある人気店ですわ…この
日も結構、賑わってましたよ...

180330_2.jpg

今回のはFacebookの「大阪グルメ探検部」との、スペシャルコラボ
企画になるみたいですね...「黒毛和牛のカルボナーラ ショート vs ロ
ングの戦い」ですよ…この日は寺田部長と初顔合わせだったんですが
なかなかの好青年じゃないですか…関西の「食」を愛し「店」を愛す
る同志ですからね…話が盛り上がらないワケがありません…せっかく
だから、色々頼んでシェアしていただきましょう…

180330_3.jpg

店主さんのおまかせで、色んな料理を出していただきました。まずは
生ハムたっぷりのオードブルですね…生ハムのクリームチーズ包みと
生ハムのアボガド巻き…こちらの生ハムは本当に美味しいんですよ…
しっとりとお肉の旨みが凝縮された感じ...ちょうどいい塩梅なんです
よね…こんなのいただいたら、アルコールが欲しくなる...(^_^;;

180330_4.jpg

なんか...オサレなのが運ばれてきましたよ…海鮮の旨みたっぷりの
シーフードカクテルですね...今で言うところの「インスタ映え」する
一品なんですが、ますますアルコールが欲しくなるじゃないですか…

180330_5.jpg

トロサーモンユッケは卵の黄身を潰して、絡めていただきましょう…
まったりとした旨みがいいですねぇ…このサーモンも脂がのって美味
しいですよ…シーフードカクテルも具沢山で、それぞれの食感の違い
を楽しむ…生タコも旨いなぁ…

180330_6.jpg

沢山で来てると、色んな料理をシェアできるのがいいですね…クリー
ムチーズとの相性は勿論、クリーミィで甘みのあるアボガドと生ハム
の塩気がこんなに合うとは...新鮮なサーモン、生タコなどの海鮮に
チーズやコーン、トマト、ネギなどを絡めてねっとりといただくと…

180330_7.jpg

こればっかりは、どうしようもないですね…車で来ていた隣の大食い
ねえさんには申し訳ないですが、アルコールをいただきましょう…
えっ?部長...昼から飲んで、大丈夫?(笑)しかし…こちらのスパー
クリングワインも美味しいですね...ゆっくりと飲みに来たいなぁ…

180330_8.jpg

巨大なアボカドの天ぷら…これが一番感動したかも…肉厚で濃厚な
アボガドの天ぷらを、葉わさび漬けや醤油マヨでいただく…アボガド
を天ぷらでいただいたのが初めてだったので、あまりの旨さにビック
リしてしまいました。

180330_9.jpg

【黒毛和牛のカルボナーラ・ショート】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と...いうことで、今回のメインイベントですよ…本格カルボナーラの
ショート麺とロング麺の食べ比べですね...まずは前回僕が感動した
「ショート」から…ベースになるのは、クリームを使用しない本場仕
様の「極カルボナーラ」ですね...「リガトーニ」という、極太のマカ
ロニのようなショートパスタを使用しているのですが、前回から少し
仕様を変えたみたいで、さらに存在感が増していますね…モチモチッ
とした食感と粘りが、病みつきになりますよ...底にたまっている、た
っぷりのチーズと卵黄を合わせた濃厚ソースを絡めていただきます。
あ…そうそう、卵も変更したみたいですね...やっぱコレ、最強です♪

180330_10.jpg

【黒毛和牛のカルボナーラ・ロング】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お次はロングですね...ベースになるのは、こちらでは定番となってい
る「黄金カルボナーラ」です。こちらは大盛りでお願いしました。
一般的に如何にもカルボナーラって感じの一杯なんですが、この美し
いビジュアルも、底からかき混ぜるので潰れてしまうんですよね…
ちょっと勿体無いけど、新潟県は川瀬養鶏場の色鮮やかな卵の黄身を
潰して、しっかりと混ぜていただく…超濃厚で旨みたっぷりですよ…
乾麺とは明らかに異なる、生麺の良さを前面に押し出した一杯です。

180330_11.jpg

前回のパンチェッタ(豚バラ燻製)の塩気の強さに対して、今回は
黒毛和牛を使用しているので、丸い味わいになった感じ…メリハリは
弱くなった分、旨みは増している…どちらも粗めに挽いたブラックペ
ッパーが合うんですよね…今回の主役の黒毛和牛ですが、かなりいい
お肉なんでしょう...やわらかくて脂の甘みもある…本当に贅沢な一杯
をいただきましたよ…

180330_12.jpg

食後は「バナナスムージー」をいただく…こちらのスムージーは究極
ですよね…前回は夏限定の巨峰をいただいて...「きょほぉ〜〜!!」
と叫んでしまったのですが…( ̄△ ̄;) 今回も旨いわぁ…

「黒毛和牛のカルボナーラ ショート vs ロングの戦い」ですが、ショ
ートかロングの黒毛和牛のカルボナーラに、スムージーかスパークリ
ングワインがついて「1,480円」は絶対にお得ですよ…4/15(日)迄
の提供ということで、未食の方はお急ぎください…

180330_13.jpg

【ウインナーとお餅のトマトチーズ】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えっと…ねえさん、まだ食べるんですかい?しかも大盛り?(^_^;;
「ウインナーとお餅のトマトチーズ」ということで、中にお餅が入っ
たヘビーな一杯ですわ...トマトの果肉たっぷりで、ニンニクをほんの
り効かせた濃厚な味わい…これにチーズとお餅が加わるんだから…
僕と寺田部長は味見程度に、残りは全ておねえさんが…手を出したら
「ガルルルゥ」と威嚇する…(笑)

180330_14.jpg

ぬっちゃ〜〜〜w 何とも重量感のあるビジュアルだと思いません?
やや硬めに茹でられた平パスタなんですが、コシもしっかりしていて
強いソースにも負けずに絡んでくる…ここで生パスタをいただくと、
パスタの中華麺との境目がわからなくなるんですよね...ってことは、
中華麺で出来ることは、生パスタでも全て使えるんじゃないかと…
あ〜〜んなことや、こ〜〜んなこと…非常に楽しみですよね…店主さ
んも勉強熱心だし、これからさらなる進化が期待できそうです。
いやぁ…お腹パンパン!大満足ですわ。(*´ω`*)


ジャポダイニング(Japo Dining)
(住所)大阪府堺市堺区東雲西町1-8-67
(TEL)072-227-7200
(時間)AM11:00 ~ PM2:30〔ランチ〕
    PM5:00 ~ PM9:00〔ディナー〕
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月03日 13時42分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年03月20日
カレー堂 鳳店(ロースカツカレー)@堺市
180319_1.jpg

ちょうどブログをやりだした頃...ラーメン専門にしようか、それとも
カレーにしようか迷ってた時期があったんですよね…ラーメンもカレ
ーも、国民食みたいなモンですからね...結局ラーメンの方に走ってし
まったワケですが...今また自由に食べ出して、色んな発見があって、
楽しくて仕方がない…(ラヲタの頃は、外食でラーメン以外のものを
食べたら、罪悪感を感じてましたw)

鳳ウイングス中に入っている「カレー堂 鳳店」さん…大分前に友達
の記事を見て、ずっと気になっておりました。鳳店ということですが
本店は堀江になるんでしょうか...難波にも支店があるみたいです。

180319_2.jpg

大きく分けると...「オリジナル」と「バッファローカレー」の二種類
のカレーになるんでしょうか…あとはトッピングの違いになるみたい
ですね...大阪はまさにカレーのレベルが高く、スパイスカレーも人気
が高いのですが...やはり若葉マークの僕等にすると、食べ慣れた欧風
スタイルが基本になってしまうんですよね。モチロンその好きな欧風
カレーも、自分の確固たる基準があるのですが...友達の記事の写真を
見た時に、なんとなく理想に近い感じがしたんですよね...早速入って
みましょう…

180319_3.jpg

店内は落ち着いた感じで、カウンター席にテーブル席、家族連れでも
対応できますよ...こちらが写真入りのメニューです。やはり写真が入
っていると、わかりやすいですね…なるほど、バッファローは牛スジ
肉が一緒に煮込まれているみたいです。バッファローは辛口オンリー
で、オリジナルは甘口と辛口が選べるらしい...

180319_4.jpg

カレーだけでなく、オムライスのメニューも充実しています。これも
非常に気になるんですが…ご飯はチキンライスだし、横に添えられた
スパゲッティがたまらん色をしてるんですよ…プレートでいただくっ
ていうのが、子供心(俺は大人だ!)をくすぐります。

180319_5.jpg

注文の際に「出来るだけ辛めで...」と伝えると、カイエンペッパーを
持って来てくれた。これで調節してほしいとこのと。ベースのカレー
も、甘口と辛口で分けているんでしょうか…

180319_6.jpg

【ロースカツカレー〈オリジナル辛口〉(900円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

友達の話によると、バッファローの方はすじ肉が入っている加減か、
少し甘くまろやかになるみたいですね。どうせなら、ベースのカレー
をキリッと辛口でいただきたかったので、オリジナルの「ロースカツ
カレー」の辛口を選択。僕は具材ゴロゴロのカレーよりも、徹底的に
煮込んで溶け込んだカレーが好きなんですよ...(*^ω^*)

180319_7.jpg

和牛ブイヨンをふんだんに使い、数十種のスパイスを効かせたカレー
は、野菜やフルーツの旨味も合わさって、実にフルーティな味わいで
甘みとコクを感じる。関西によくあるインディアンカレー的な後から
辛味がジワジワ来るタイプではなく、最初から辛味も感じられ、僕の
好みのタイプではある。ココイチで言えば、3辛ぐらいかな…途中で
カイエンペッパーを足して、辛味を引き上げる。チャツネが前に出た
感じで、甘味、旨味がかなり強く、前半美味しく感じていたルゥが、
後半やや重く感じました。(体調にもよるんだろうけど...)

180319_8.jpg

カレーにはやっぱり福神漬けですよね…茶色と白のコントラストに、
色鮮やかな赤が映えます。ロースカツは肉質が硬めで衣もやや重め。
もっとサクッと揚がっていたら、カレー自体の印象もさらに良くなっ
ていたと思うんですけどね...ちょっと厳しめに書いたけど、美味しい
故の叱咤ですから...ランチ等、お得なメニューも沢山あって、ここは
また利用させてもらうつもりです。


カレー堂 鳳店
(住所)大阪府堺市西区鳳東町7-733 おおとりウィングス内1F
(TEL)072-271-7700
(時間)AM11:00 ~ PM9:00
(休)無休 (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月20日 22時25分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年03月15日
手作りうどん 天粉盛(カツカレーうどん)@西成区
180314_1.jpg

西成区は津守にある「天粉盛」さん...この辺りではかなりの人気店
でして、僕も大好きなうどん屋さんの一つなんですが...我々散髪屋に
とっては、月曜定休...さらに月曜が祝日の場合は、翌日(火曜)が
休みという、かなり敷居の高いお店なんですよ…(^_^;; そんな中、
僕がずっと気になっていた週末限定のメニューが、レギュラーメニュ
ーに加わったと聞いて、辛抱たまらず行ってきました。

180314_2.jpg

いつもの如く開店直後の訪問なので、一番客でございます。お店の
壁には、店主が敬愛する「永ちゃん」のポスターが...(*^ω^*) ここは
店主さんだけでなく、スタッフも皆...接客が素晴らしいのですよ…
あっという間に満席になったのですが、丁寧な対応は変わりません…

180314_3.jpg

本日限定の「牡蠣ともずくのあんかけうどん」も、激しく気になって
いたのですが…初心貫徹、僕の固い気持ちは変わりませんよ...(*^_^*)

180314_4.jpg

【カツカレーうどん(1,100円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度、正式にメニューに加わった「カツカレーうどん」です。仲間
のレポートを見て、前からずっと気になってたんですよ…しかしまぁ
数量限定と書いてあるので、売り切れることもあるんでしょう…今回
は麺大盛り(無料)にしてもらったのですが、これは結構なボリュー
ムですよ…こちらのカレーうどんには、全て小ごはんが付くみたいで
これなら満腹必至じゃないでしょうか…あと、ハネが気になる人用に
紙エプロンも用意してくれているみたいです。

180314_5.jpg

前回は「ちく天カレーうどん」をいただいたので、カレー出汁自体は
初めてではないのですが、鰹や昆布の旨味が前に出た「和」のカレー
でして、やっぱり旨いわ…辛さは程々なんだけど、旨みが強いので
物足りなさは感じない…カレーを極端に突出させるわけでなく、本当
にバランス良くまとめていると思います。

180314_7.jpg

肉厚のとんかつなんですが、脂身は少なめでさっぱりした感じ…衣は
薄めでして、カラッと揚がってるんですが...カレー出汁に浸している
うちに、カレーの旨みが染み込んで、シナっとした食感になる部分も
ありまして...これはこれで旨いんですよ…よし、カツの数枚は〆の為
に残しておきましょう…

180314_6.jpg

自慢の自家製うどんですが、剛麺とまではいかないものの、しっかり
したコシと、伸びやかな食感が素晴らしい...カレーつゆを、たっぷり
纏って上がってくる。このうどん、啜った際の鼻に抜ける小麦の香り
がたまらんのですよ...本当に旨い麺だと思います。

180314_8.jpg

さぁ…うどんを全て啜った後は、最後のお楽しみが待ってます。小ラ
イスをカレー出汁の中にダイブさせて、カレー雑炊を堪能することに
これはお約束ですよね...とんかつも数枚残しているし、カレーと共に
煮込まれていた牛肉からも、いい味が出てますわ…大盛りということ
で、麺量もたっぷり…カレー出汁の量も多めだし、雑炊も含めて完食
すると、本当にお腹いっぱいになりましたわ…超大満足です!


手作りうどん 天粉盛
(住所)大阪市西成区津守1-9-7
(TEL)06-6568-7077
(時間)AM11:30 ~ PM3:00
    夜の部 PM5:30 ~ PM10:00(土、日曜のみ)
(休)月曜日(月曜が祝日の場合は翌日) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月15日 22時55分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年02月27日
優心(愛のサラマンボウ)@東住吉区
180224_1.jpg

「愛の肉食麻婆ラリー」が絶賛開催中なんですが、元々月曜日のお昼
しか食べ歩けない僕にとっては、なかなかハードルが高いんですよ…
それでも何とか開いているお店を「◯べログ」でチェックして、梅田
方面に向かうも...「エスサワダ」さんと「紅虎餃子房」さんに連続で
フラレるなど…(´;ω;`)ブワァ はい…のんびりと進めますわ…ってこと
で、ホームである杭全の「優心」さんにお邪魔しました。前回は開催
前のフライングだったのですが、今回は正式にいただきましたよ…

まずは優心自慢のお惣菜やサラダをいただきましょう…スパム入りの
カレーポテサラが美味しかったなぁ...この野菜の価格が高騰する中で
新鮮な有機野菜やお惣菜がたっぷりいただけるなんて...本当にありが
たいですね…

180224_2.jpg

【愛のサラマンボウ(1,180円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来ました〜「優心」さんの渾身の一杯…「愛のサラマンボウ」です。
「肉々しい絡み合い」ということで、青梗菜を境にしてミンチ肉た〜
っぷりの「黒」と「赤」二種類の麻婆豆腐をかけています。黒が男性
赤が女性をイメージしているんですよね…今回は動物系のスープは使
用せず、旨味を増したかけだしをベースにしています。

180224_3.jpg

「黒麻婆」は「麻」を主体としたシビ辛麻婆でして...黒すりゴマ等で
より黒みを演出...辛味の強い中国山椒と、香りの強い日本山椒など
シビ辛好きにはたまらない味わいですよね…特に仕上げにふりかけた
「朝倉山椒」の風味がたまりませんわ...また粗挽きやホールなど、噛
んだ際に口の中に、パァ〜ンと広がる花椒のシビレ爆弾が、癖になり
そうです。「赤麻婆」は真っ赤な「辣」主体の麻婆でして...多めのラ
ー油でカプサイシンたっぷりに仕上げています。仕上げにふりかけた
ピンクペッパーとパプリカが、アクセントになってますね…

180224_4.jpg

この個性の強い麻と辣の麻婆豆腐の下に隠れているのが、フライ麺で
すわ...パリパリの細麺や中華麺でなく、自家製のうどんを揚げた、本
当の意味での「皿うどん」でございます。あえてハードな揚げ加減は
避けて...表面はサクッと、中はシナ〜ッとなる揚げ加減にしているの
が特徴ですね...パリサクの歯応えと麻婆餡がかかって解ける食感と、
どちらも楽しむことが出来る…

180224_5.jpg

今回の麻婆豆腐ラリーの参加店の中でも、豆腐までも自家製で作るの
は珍しいのではないでしょうか...口の中で溶けるような食感と、大豆
の風味がたまらない…豆腐が足りない場合は、お惣菜やサラダのコー
ナーからすくって来て、追加投入も可能です。

180224_6.jpg

フライ麺(150g)を堪能した後は、優心自慢の全粒粉入り平打ちう
どんの登場です。やや硬めに茹で揚げたエッジの利いたうどんでして
これこそがうどん屋で食べる麻婆豆腐って感じがしますね…こりゃあ
旨いわ…

180224_7.jpg

最後は〆ご飯の登場でして、麻婆丼も楽しめるワケですわ…たっぷり
すぎる麻婆豆腐のおかげで、揚げ麺→茹で麺→ご飯と、三種類の食べ
方を味わえるんですよ...それぞれに美味しさがあって、甲乙つけがた
い味わいですね…

180224_8.jpg

大原店主イチオシの自家製「香味ラー油」を投入してみる…うん、
風味とコクが一段とUPしますね…〆ご飯をいただく頃には、麻味も
辣味も程よく入り混じっておりまして…時折ホールの山椒が口の中で
炸裂するぐらい...ほら…こんなにもミンチ肉が絡んでくるんですよ…
本当に肉々しい麻婆豆腐でしたわ...この「愛のサラマンボウ」をまだ
堪能されてない方は、お急ぎください...ホワイトデー(3/14)までの
提供ですので...ちなみに、今回は「裏メニュー」扱いになります。
店内のメニュー表には記載されておりません…声をかけてもらえれば
(売り切れ御免ですが)誰でも作ってくれるそうです。予約もできる
みたいですよ...是非っ♪(*´ω`*)


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木、金曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔土、日、祝〕
(休)火曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年02月27日 20時17分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・