2017年10月21日
堀内チキンライス(海南鶏飯)@阿倍野区
171019_1.jpg

この日は何故かしら、朝からジャスミンライスが食べたくて…お昼は
ここに行こうと決めておりました。アジア各国の料理を手軽に食べさ
せてくれる「堀内チキンライス」さん…特にチキンライスをメインで
提供しているお店なんですが…僕らが日ごろ口にするチキンライス
とは違い、シンガポールやタイ、ベトナムで食べられている現地仕様
のチキンライスを、リーズナブルな価格で提供してくれる貴重なお店
なんですよ...僕が初めて訪問した頃から比べると、有名になったのか
かなり忙しくなりましたよね…

171019_2.jpg

入り口近くの、カウンター席に腰掛ける...目の前にはオリオンビール
や泡盛など、沖縄の酒類を中心に、色鮮やかな酒瓶がズラリと並ぶ…
僕は昼間は飲まないようにしてるので、もちろん食事だけですよ…

171019_3.jpg

いつもの如く…メニュー帳の中に掲載されている、マンガを楽しむ♪
我々に馴染みの少ないアジアンメニューを、マンガで楽しく紹介して
るんですが…何とも味がありますよね...本当に退屈しませんわ…

171019_4.jpg

この店の看板メニューであるチキンライス…「海南鶏飯(シンガポー
ル)」「カオマンガイ(タイ)」「コムガー(ベトナム)」の三種類
から選べるようになってます。ジャスミンライスに関しては共通な
ようで、具材とタレが違うのかな…

171019_5.jpg

【海南鶏飯(750円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このお店の基本になるであろう(店の外の看板にも書いてるしね…)
「海南鶏飯(はいなんじーふぁん)」を久しぶりにいただきました。
いつもなら鶏の唐揚げを使った「カオマンガイトート」ばかりを注文
してしまうんですが、たまにはデフォもいいでしょう...僕らが「チキ
ンライス」と聞くと、喫茶店のトマトケチャップよろしくの定番メニ
ューを思い出すのですが、シンガポールではこうなるみたいです。

171019_6.jpg

ランチタイムということで、キャベツの千切りサラダがサービスで
付いています。醤油ベースの中華ドレッシングがかかってました。

171019_7.jpg

お味噌汁のお椀に入っているのは、こちらでは基本となる、鶏で出汁
をとったスープ...表面にうっすらと油を浮かべた清湯スープで、具材
は大根と刻み葱のみというシンプルな一杯…この日は特に、鶏の出汁
がよく出てたように思います。

171019_8.jpg

まぁるい型で盛られたジャスミンライスの周りには、柔らかい蒸鶏が
どっさりと盛り付けられている…正直、初めて目の前にした時は、
「色」が少ないだけに、視覚的に「美味そう」って感じはしなかった
んですが、食べたらビックリなんですよね...1993年の米騒動の時に、
未熟米やらタイ米やら、あまりいい印象を持ってなかった僕が、衝撃
を受けたのが、こちらのジャスミンライスだったんです。

171019_9.jpg

これが三種類のタレ...「生姜」「醤油」「チリ」...スプーンでタレを
すくって、蒸鶏やジャスミンライスに適量をかけながら、自分好みに
カスタマイズするというもの...どれもが奥深く、色々組み合わせたり
して楽しませてもらいました。僕の好みで言えば...「生姜」>「チリ」
>「醤油」って感じでしょうか…

171019_10.jpg

鶏の出汁で炊き上げた、タイ高級米ジャスミンライス...かなり高価な
タイ米だそうですわ...パラッとした食感ながらも、一粒一粒ムチッと
した弾力がありまして、絶妙な炊き加減ですね...香りも良くて、その
まま食べてもほんのり塩気があって旨いんですよ...本当にたまりませ
んわ...鶏の旨味に溢れてて、本当にスプーンが止まらない...三種類の
タレを絡ませて、最後まで飽きずにいただきました。値段もかなり
手頃だし、独特な雰囲気もある...いいお店ですよ。(*´ω`*)


堀内チキンライス
(住所)大阪市阿倍野区天王寺町南2-10-1
(TEL)06-7492-8265
(時間)AM12:00 ~ PM3:00 PM5:00 ~ PM9:30(平日)
    AM12:00 ~ PM9:30(土、日、祝日)
(休)火曜日(不定休あり) (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月21日 22時48分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年10月15日
優心(汁なし担々うどん〔辛さ増し〕)@東住吉区
171012_1.jpg

今月のアタマから正式に始まった「汁なし担々うどん」をいただく
ために、また「優心」さんにお邪魔しました。前回は提供する前の
最終形だったワケですが…かなりの完成度の高さに驚いたんですよ…
実際提供が始まって、何か変更点があるのか、確かめてみましょう…
まずは野菜を摂取しないといけませんね…こちらのお惣菜とサラダの
バイキングは、本当に価値があります。新鮮な有機栽培の野菜をたっ
ぷりいただきましょう...

171012_2.jpg

【汁なし担々うどん〔辛さ増し〕(1,180円)】
〔白湯スープ、ちょこっと御飯、バイキング付き〕
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回同様、艶やかな平打ちうどんの上に、食べるラー油、挽肉、胡麻
ダレを配置して、仕上げにカイワレ、糸唐辛子を添えている…ネギを
散らすのはやめたみたいですね...ビジュアル的には、前回とほとんど
変わってないのですが、この後の「汁あり」に変化する時のことを
考えて、タレの量を多めにしたみたいです。今回は一段階「辛め」で
お願いしました。

171012_3.jpg

しっかりとまんべんなく、かき混ぜていただきましょう…ラー油や
唐辛子の「辣」と、花椒による「麻」の痺れる辛さを、バランスよく
合わせているんですが...辛さ増しをしなくても、旨味たっぷりの濃厚
なタレのおかげで、全く不満なくいただけますよ...干し海老、ロース
トナッツの香ばしさを生かした食べるラー油に、甜麺醤と醤油で甘辛
く味付けて、生姜で風味を整えた挽肉と…旨味と辛味が絶妙に絡み合
う…前回よりも辛みを増したおかげで、より輪郭が際立った感じ…
これは使用している某高級唐辛子のおかげですな…

171012_4.jpg

全粒粉の粒々感がより強調された「優心」自慢の平打ちうどんは、
こんな感じの創作系には、最適なんですよね…なめらかで弾力もある
し、何よりタレとの絡みは申し分なし…僕は麺量300gでお願いしま
したが、500gまで増量無料...勿論辛さ増しにも対応してくれます。

171012_5.jpg

好みにより途中でお酢を回しかけると、さっぱりと味変するんですが
僕はそのままでいただきました。…って言うか、あまりの旨さで一気
に食べ切ってしまいそうになるんですが、1/3ぐらいを残さないと…

171012_6.jpg

後に続く味変グッズ…徳利の中には熱々の白湯スープが…さらには
「ちょこっと御飯」も用意されています。ふふふ…気持ちが高まる
じゃないですか...

171012_7.jpg

では...1/3ぐらい残した麺の上に、白湯スープを全てかけてしまいま
しょう...豚と鶏の旨味溢れる動物系100%のスープでして…合わせると
「汁あり担々うどん」にチェンジします。前回よりタレを多めにした
のは、この段階を考えてのことなんですが、よりスープにメリハリが
ついた感じがします。こりゃあ旨いわ...(*´ω`*) ここで麺を全て平ら
げてしまいましょう…

171012_8.jpg

最後に「ちょこっと御飯」をスープにダイブさせると…「担々雑炊」
の完成ですわ...旨辛のスープを吸ったご飯と、たっぷりの挽肉が絡ん
だら、究極の旨さじゃないですか…ある意味、麺よりも旨いかもしれ
ない…(笑)この濃厚な旨味を是非お試しあれ...うどんは500gまで
増量可…汁なし、汁ありと楽しめて、最後に担々雑炊で〆る…バイキ
ングやデザートまでついて、1,180円は安すぎるでしょう...(*^_^*)


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木、金曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔土、日、祝〕
(休)火曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月15日 22時51分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年10月09日
まるふく 美章園店(ランチ/寿司)@阿倍野区
171009_1.jpg

オープン当初...「寿司7貫にうどんが付いて税込500円!」のサービス
ランチで度肝を抜いた「まるふく 美章園店」さん…我が町、美章園
界隈で驚きのプライスで頑張っている居酒屋さんですわ…当然メイン
は夜になるんでしょうが、表の看板には「2,980円で刺身も鍋も寿司
も何でも食べ放題飲み放題!」という、これまた信じられない価格の
POPが目に飛び込んで来る...一時期、お昼は閉めてたように記憶して
たんですが、いつの間にか再開してるじゃないですか…あの驚きの
ランチは復活したんでしょうか…

171009_2.jpg

あるある…税込500円の「寿司」や「海鮮丼」は健在で、ナント限定
10食の「日替わりランチ」が380円⁉︎..とりあえず入ってみましょう♪
こちらは席数72席、最大50名まで同時宴会可能と、意外にキャパの
あるお店なんですよね…ランチ時は一階だけで営業しているのかな?

171009_3.jpg

【ランチ/寿司(500円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おおお!大将がしっかり握ったお寿司が8カンに、味噌汁が付いて、
税込500円ですよ!あり得ない!以前のうどんとの組み合わせは無く
なったみたいだけど、この価格は立派ですよ…ってか、これで利益を
出そうとかは考えてないんでしょうね…夜の仕込みの時間を利用して
ると思うし、限定ランチとかはダブついた食材なんかも有効活用して
たりするのかも…

171009_4.jpg

お味噌汁はごく普通なんですが、あるのと無いのでは大違い…入って
来られるお客さんのほとんどが、380円の「日替わりランチ」を注文
しておりまして…この日は「さんまととりの唐揚げ」ですわ…野菜も
ちゃんと付いているし、380円なんてとても考えられない…

171009_5.jpg

で…お寿司でございます。海老、イカ、タマゴ、穴子、カンパチ、鮪
ハマチ、鮭…写真を見ればわかると思いますが、ネタも新鮮でして…
鮪もハマチも、身がプリッとして旨かった。とても回転寿司のレベル
ではないですよ…こちらは確か4号店になると思うんですが、食材を
まとめて大量に仕入れるなど、低価格で提供するのに色々と工夫され
ているみたいですわ…次回は380円の「日替わりランチ」でも、レポ
ートしてみましょうか...


まるふく 美章園店
(住所)大阪市阿倍野区美章園2-27-11
(TEL)06-7171-0383 
(時間)〔平日〕AM11:00 ~ PM1:30(L.O)PM5:00 ~ 翌3:00
    〔土曜日〕PM4:30 ~ 翌3:00
    〔日・祝〕PM4:00 ~ 翌0:00
(休)無休 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet.html






                
■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月09日 17時08分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年10月08日
豚麺(上やきめし)@堺市
171007_1.jpg

以前から本当に気になっていたお店...堺市は中百舌鳥にある「豚麺」
さんに、ようやく訪問することができました。こちら…デカ盛り系
では有名なお店でして…ウチの大食いのお客さんに、ずっと勧められ
ていたんですよね...ボリュームだけでなく、味もなかなかイケるとの
こと…店内は満席状態で、活気がありますよ...特に大将の笑顔が素晴
らしい…本当に地元で愛されているのがよくわかります。見るからに
大衆中華なんですが、掃除は行き届いていますね…

171007_2.jpg

入り口付近に掲げてある「サービス定食」のPOP…やはり常連客の
注文率はかなり高いですね…向かいのテーブルに運ばれて来たのを、
横目で見てたんですが…まさにサービスを超えて、過剰サービスの
ボリュームじゃないですか…(笑)でもね…この日の僕には、指令が
出てたのですよ…

171007_3.jpg

通常のメニューはご覧の通り…本当はね...「豚麺」って言うぐらいだ
から、麺類を食べるべきなのかもしれないけど…この日は指令優先で
行きますよ…名物の「オムライス大」も非常に気になるんですが…

171007_4.jpg

【上やきめし(650円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほっほ♪...来ましたがな…これが噂の「上やきめし」ですか…通常の
「やきめし」が550円ってことは、たった100円上乗せするだけで、
こんなに豚肉が追加されるワケですな…話には聞いてたけど、この
肉の量はハンパないですよ…肉以外も具材たっぷりですわ…

171007_5.jpg

この肉の絡みかもしれないけど、ご飯がパラパラという感じではなく
ややしっとり、ふわっとした感じ…これはこれでいいと思う♪肉の旨
味も明らかにプラスされてますよ…他の料理と共にいただく焼飯では
なく、これをメインとしてもイケるような、やや濃いめの味付けで
ガツガツと頬張って食べる感じ...気取った高級中華では得られない
大衆ならではの旨みですよね…こりゃあ旨いわ…

171007_6.jpg

やきめしに付いているスープですが、鶏ガラのやさしい味わい…この
スープを飲んだら、こちらのラーメンの方向性がわかりますよね...

171007_7.jpg

【豚肉のカラシ煮(850円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

注文した後から気付いたけど、上やきめしと合わせて、豚肉祭りに
なりましたよ…(笑)同じカラシ煮でも、鶏肉にした方がよかった
かな…なんて。ほんのりカラシの効いた餡掛けを絡めているんだけど
豚肉の下味もしっかりしているし、たっぷりの野菜と相まって、ご飯
が進む味ですね…

171007_8.jpg

【ぎょーざ(300円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついでに餃子もいただきましたよ…パリッと表面を焼かれた餃子は
具たっぷりでして…どちらかと言えば、家庭的な味わいの餃子ですよ
ね...ふむ…メニューを眺めていると、興味のあるものが多すぎて…
豚骨スープの「パイタンラーメン」も食べてみたいし…定食類も非常
に気になります。これは再訪しないといけませんな...


豚麺
(住所)大阪府堺市北区中百舌鳥町5丁798-7
(TEL)072-257-1430
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:00
(休)火曜日、第1月曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.htm






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月08日 22時57分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年10月05日
ジャポダイニング (カルボナーラ対決!)@堺市
171003_1.jpg

前回訪問した際に、自家製生パスタの旨さに感動しまして…近いうち
にまた行こうと心に決めたのですが…一人では行けないチキン野郎の
ワタシ…(ラーメンやうどんなら、抵抗ないんだけど...)また友達を
誘いまして、行ってきましたよ...JR阪和線の堺市駅から歩いてスグに
ある「ジャポダイニング(Japo Dining)」さん…自家製生パスタや
ニョッキの専門店ですわ…

171003_2.jpg

こちらの名物なのが...「男盛 」ですよ...客層の9割が女性というコチ
ラのお店...何とか男性客に満足してもらいたいと始めた、採算度外視
のランチメニューが「男盛」でして…通常のパスタは、麺量150g程度
なんですが...男性なら大盛の400gまで、無料で増量してくれるみたい
ですわ...腹ペコ男子が泣いて喜ぶ、男性ランチ限定メニューですよ…

171003_3.jpg

でもね…この日の僕は目的がありまして...「男盛」は今回封印しまし
て、気になっていたメニューをいただいてみようかと…「カルボナー
ラ対決!」ということで、二種類のカルボナーラがあるわけですが、
本来ならば、友達とシェアするとかして食べ比べするんでしょうね…
でも...そんなまどろっこしいことは僕はしません...一気に二種類を注
文して、食べ比べてみようかと…僕も友達も麺喰いですからね…通常
盛りならば、二杯食べても物足りないのでは?な〜んて心配してた
ぐらいですから…

171003_4.jpg

こちらで人気のある「タピオカスムージー」もいただいてみましょう
よ…通常オッサンは、スムージーなんて縁がないですからね…前回も
恥ずかしいから、普通のジンジャエールを注文したぐらいですから…
それにしても、本当に沢山の種類があるんですね…

171003_5.jpg

【極カルボナーラ(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず運ばれてきたのは、クリームを使用しない本場仕様の「極カルボ
ナーラ」です。「リガトーニ」という、極太のマカロニのようなショ
ートパスタで、パンチェッタ(豚バラ燻製)、黒オリーブを絡めて
上から粗挽き胡椒とソルトフレークを散らした、シンプルなビジュア
ル…クリームを使わないカルボナーラ自体が初めてだったのですが…
シンプル故に、素材の旨味が際立つと思います。

171003_6.jpg

底にたまっているソースは、たっぷりのチーズと卵黄を合わせた濃厚
な味わい...シンプルなんだけど、これに心を射抜かれてしまった…
塩加減も含め、本当にベストバランスなんですよ…このリガトーニの
茹で加減も見事なんですよね…しっかりとした食感は残しつつ、芯が
残るようなことはない…この麺とソースが絡んだ様を見て下さいな…
これはたまりませんよ…次のをいただく前に、勝負が決まったような
気がするな…(笑)僕のど真ん中でしたわ...

171003_7.jpg

次のパスタが来る前に、ピクルスをいただきます。キュウリや人参、
パプリカ、大根と上手く漬けてますよね…さっぱりした味わいで、
次のパスタに向けて、味覚をリセットするには丁度いい…

171003_8.jpg

【黄金カルボナーラ(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕の中のカルボナーラのイメージに最も近い...「黄金カルボナーラ」
が運ばれて来る...いやぁ…美味しそうなビジュアルじゃないですか…
底からしっかりとかき混ぜて下さいとのこと...となると、中央の卵も
潰さないとですね…この卵の濃いオレンジ色の輝きは…どこかで目に
したことがあるような…

171003_9.jpg

そう…こちらの卵は「洋食ふきのとう」さんで使用している「こだわ
り卵」と同じ銘柄の卵(セラ・ルージュ)を使用してるみたいです。
潰した際のこの色鮮やかなオレンジを見て下さいな…濃厚な味わいが
きっと料理にも生きてくると思います。

171003_10.jpg

ブリンブリンという表現が一番当てはまるのではないかと…丸刃の
極太麺は、乾麺とは明らかに異なる食感を楽しませてくれる…この麺
であれば、オーソドックスなパスタのソースだけではなく、もっと
色んな方向性が見出せそうな気がしますね...前回訪問の際にいただい
た平パスタも美味しかったけど、今回もデュラム小麦をベースにした
生麺の良さがよく出ていると思います。

171003_11.jpg

最初の「極カルボナーラ」も「黄金カルボナーラ」も、共に粗めに
挽いたブラックペッパーが合うんですよね…カプサイシン同様、輪郭
が引き締まるし、風味も引き立ちます。

171003_12.jpg

クリィーミィーなソースを纏ったパスタの色艶ときたら…実に濃厚で
旨味で食わせるタイプ…チーズや卵の風味も利いてますね…塩分は
控えめながらも、パンチェッタの塩気等が絶妙に絡んで来る…麺量的
に物足りないかな…と思ってたんだけど、重厚なソースのおかげで、
ちょうどいいぐらいの満腹感を得られました。どちらも美味しかった
けど、個人的にはシンプルでクリームを使わない「極カルボナーラ」
の方が感動を覚えましたよ…

171003_13.jpg

けっ…男がタピオカ入りスムージーなんてねぇ...恥ずかしくて注文な
んか出来ませんわ…大体、50過ぎのオッサンが「スムージー下さい」
なんて…言えるワケな……「きょほぉ〜〜!!」うんめぇ〜〜!!
まさに巨峰じゃないですか…スムージーって、こんなに美味しかった
のか!この夏限定の一杯だったそうですが、僕の想像してたより甘み
は控えめで、フルーツの果汁ほとばしる旨さ...これなら他の種類も
試してみたいですね…パスタもスムージーも、共に感動に値するもの
で大満足でしたわ...

171003_14.jpg

ジャポダイニング(Japo Dining)
(住所)大阪府堺市堺区東雲西町1-8-67
(TEL)072-227-7200
(時間)AM11:00 ~ PM2:30〔ランチ〕
    PM5:00 ~ PM9:00〔ディナー〕
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html

■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月05日 14時21分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:2 Trackback:0
2017年10月02日
優心(汁なし担々うどん)@東住吉区
171002_1.jpg

【汁なし担々うどん(1,180円)】
〔白湯スープ、ちょこっと御飯、バイキング付き〕
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

体にやさしいうどん店「優心」さんが、4(水)から新たに投入する
「汁なし担々うどん」をフライングでいただきました。これから投入
されるであろう汁なし麺の第一弾になるのですが…今回の汁なし担々
うどんに関しては、相当に気合が入っているみたいで、かなりの自信
作だそうですわ...艶やかな平打ちうどんの上に、食べるラー油、挽肉
胡麻ダレのゾーンがあり、カイワレ、糸唐辛子を添えている…(ネギ
を散らすのを忘れたそうな…)うどんに関しては「温」のみの提供で
麺量500gまで増量無料、辛いのが好きな人は、事前に言ってもらえる
と、対応してくれるみたいです。

171002_2.jpg

それぞれのゾーンを、ちょこっとだけ味見してみる…食べるラー油は
干し海老、ローストナッツの香ばしさがいいですね…ラー油の辛みも
しっかりと効いてます。胡麻ダレのベースは白胡麻だそうで、豆板醬
とお酢でコクがありますよ…挽肉は甜麺醤と醤油で甘辛く味付けして
あり、生姜の使い方がポイントですね…上からは風味良く、痺れる
辛さの花椒がふりかけてあり…「麻」と「辣」のバランスも実に良い
感じ...これをしっかりとまんべんなく、かき混ぜていただきます。

171002_3.jpg

おおお〜!絡む、絡む!こういうタレと絡める食べ方は、優心さんの
平打ちうどんに合いますよね...全粒粉の粒々感がより強調されており
風味も本当にいい感じ…この担々うどん、たまりませんよ…ノーマル
でもそこそこの辛さがあって(辛いのが苦手な人でも、何とか食べれ
るレベル)この十分な旨味で、辛さ増しをしなくても満足できると
思いますよ...このままズルズルッと食べ切ってしまいそうになるんで
すが、1/3ぐらいを残しておきましょう♪

171002_4.jpg

徳利の中には、熱々の白湯スープが入っているんですよね…豚と鶏の
旨味溢れる動物系スープです。これを1/3程残した麺の上にかけると…

171002_5.jpg

「汁あり担々麺」にチェンジします。汁なしも旨いけど、これはこれ
で旨いよなぁ…ここで麺を全て平らげてしまいましょう...あ…スープ
は飲んではいけませんよ…

171002_6.jpg

最後に「ちょこっと御飯」の登場です。スープに全てダイブさせて
担々雑炊にしていただく…たっぷりの挽肉が絡んで旨いのなんの…
やはり日本人ですもんね...この旨さは麺に引けを取らない…うどんの
上に単に担々のタレをかけただけの、なんちゃってではなくて…よく
考えられているのがわかります。汁なしうどんが、500gまで増量可で
白湯スープ、ちょこっと御飯、バイキング、さらにはデザートまでつ
いて、1,180円なら十分に価値があると思いますよ...4(水)から
正式にスタートするみたいです。(・ω・)ノキリッ


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木、金曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔土、日、祝〕
(休)火曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月02日 15時30分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年09月22日
かど家(和牛こまぎれ定食)@阿倍野区
170921_1.jpg

ブログ仲間の記事を読んでいて、前から気になってたお店が、鶴ケ丘
にある焼肉食堂「かど家」さん...ここもまた定休日が月曜日でして…
それじゃあ連休の火曜日にでも…とお店に向かうも、臨時休業に見舞
われる始末...(^_^;; もうとことん縁が無いんだな…と諦めていたの
ですが、この日は開いているじゃないですか…何か嬉しくて、こみ上
げてくるものがありましたよ…

170921_2.jpg

さぁて…何を食べようかな…ベンツ君一推しの「和牛こまぎれ定食」
にしようかな…なんてメニューを眺めていると、次から次へとお客
さんが入って行く…こりゃあイカン!早く入店しないと…僕が席に
ついたと同時に、店内は満席状態ですわ...ホント人気店なんですね…

170921_3.jpg

【和牛こまぎれ定食〈L〉(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私…仕事柄、今まで焼肉屋に行くことがほとんどなく…注文の仕方も
慣れてないのですが…こんな感じのランチメニューだったら、わかり
やすいですね…とか考えながら、「和牛こまぎれ定食」の「L」が
運ばれてくる...ふむふむ…土、日、祝日はセルフ焼きになるみたい
ですが、平日はお店の人が焼いてくれるみたいですね…僕はその方が
ありがたい…(笑)うわん...美味しそうじゃマイカ...(*´д`*)ムッハー
えっ?ご飯の量が気になるって?

170921_4.jpg

ドド〜ンと、マンガ盛りでございます。おかわりを頼むのは邪魔臭い
ので…「大」を頼んだら、こんなことになりました...(*´ω`*) もう…
嬉しすぎる!炊き方も実にエエ感じですわ…

170921_5.jpg

温かいワカメスープとカクテキも付いてます。このカクテキがご飯に
合うんよね...あのマンガ盛りが、みるみるうちに無くなっていく…

170921_6.jpg

なるほどね…こりゃあ、ご飯がすすむわ…ハラミステーキなんかも
勿論美味しいとは思うんだけど、この濃く甘辛いタレが絡むのは、
この細切れ肉の方でしょう…柔らかくて、脂が甘い♪...(*^_^*)
アカン…がっついて食べてしまうわ…あっという間に完食。これは
他のメニューも食べたくなりますね…

170921_7.jpg

食後には、アイスコーヒーまで付いているんですね…これは嬉しい
ですよ…たっぷりの和牛こまぎれ肉に、大盛りご飯、さらにはコーヒ
ーまで付いて「1,000円」なんて、こりゃあ価値があります!(*´ω`*)
次回はやはり「ハラミステーキ定食」だな…いや、ミソチゲも牛すじ
カレーも魅力的やわ...どうしよう...


かど家
(住所)大阪市阿倍野区西田辺町2-1-22
(TEL)050-5589-8158
(時間)PM0:00 ~ PM2:00 PM5:00 ~ PM11:00
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.htm





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月22日 22時29分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・