2018年04月23日
天翔(アサリ塩ラーメン)@堺市
180420_1.jpg

今月の8日より、定休日が火曜日から、日曜・祝日に変更した堺の
「天翔」さん…やはりスタッフ等、諸事情があるみたいですが...我ら
散髪屋にとっては行ける曜日が増えて、非常に嬉しい話です。せっか
くだから、まだお客さんに浸透してないであろう火曜日にお邪魔して
来ました。やっぱりお客さんはまばらでして…しばらくは火曜日が
狙い目かもしれませんね…

180420_2.jpg

この日は「醤油チャーシュー麺」を食べようと思ってたんですが、
ナント新しい期間限定が出てるじゃないですか…さぁ、どうしよう…
濃い醤油を食べる口だったんだけど、貝のエキスたっぷりの塩も捨て
難い...うむむ…

180420_3.jpg

卓上にはサービスのキムチが用意されているんですが、後々にセット
のご飯で使うことになるので、取り分けておきましょう…このキムチ
やクラッシャー用のニンニクは、お客さんごとに下げられて補充して
出してくれます。嬉しいサービスですよね…

180420_4.jpg

【アサリ塩ラーメン(780円)】(’18.4.17実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

結局、限定の「アサリ塩ラーメン」をチョイス...全く淀みのない透き
通ったスープの上に、キャベツ、ネギ、海藻サラダ、白髪ネギ、若鶏
ムネ肉チャーシュー、そして主役のアサリをたっぷりと盛り付けてい
る…見るからにサッパリとした一杯ですよね…

180420_5.jpg

おお…これは貝出汁の旨みたっぷりじゃないですか... スープ表面には
油分はほんのり程度で、スッキリ淡麗系に仕上げている…ベースは
鶏ガラでやさしい塩ダレでまとめ上げた、貝出汁塩味スープですね…
一見...「潮汁」のようなビジュアルなんですが、ベースが鶏ガラなの
で、ちゃんとラーメンとして成り立っている。何よりアサリの旨み
(コハク酸という旨味成分)が後押ししてくれて、あっさりしている
ものの、物足りなさは感じない…うん、塩ラーメンと合いますよ...

180420_6.jpg

アサリの身もプリプリで、結構な量が入ってます。鉄分たっぷりで、
僕のような肝機能の弱っている人には、ピッタリですよね…さらには
コレステロールを抑えてくれたり、血液がサラサラになったりと、嬉
し過ぎる一杯ですわ…食物繊維とミネラルたっぷりの「海藻サラダ」
の存在もあって、美味しくヘルシーな一杯ってところでしょうか…

180420_7.jpg

この優しいスープに合わせるのは、細麺かと思いきや…こちらで「太
麺」と呼ばれている、低加水の中太ストレート麺を合わせています。
これが意外に合うんですよ...コシもあって歯切れも良い上に、クセが
ないので合わせやすいんでしょうね…

180420_8.jpg

いつもの如く、セットメニューで「じゃこめしセット(150円)」を
注文しました。半チャーハンや玉子かけごはんのセットも魅力的だし
シンプルにごはんセットを注文して、卓上のキムチでいただいたり、
スープにダイブさせるのもアリだけど...僕の一押しは、何と言っても
「じゃこめしセット」なんですよ…

180420_9.jpg

先程のキムチと組み合わせると、最強のご飯の友になりますよ…この
「ちりめんじゃこ」の佃煮ですが、山椒がピリッと効いた甘辛仕様で
甘ったるくないのでいいですね...ああ…たまらん。マジ旨し...(*´ω`*)

今回の「アサリ塩ラーメン」ですが、期間限定になっていますので
興味のある方は、なるべく早めの訪問をお願いします。あと定休日が
日曜、祝日に変更されましたので、ご注意下さい...


天翔
(住所)大阪府堺市中区深井中町1211-13
(TEL)072-320-4113
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30
(休)日曜、祝日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月23日 21時24分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2018年03月29日
麺や 清流(ホルモンまぜそば)@東大阪市
180327_1.jpg

近大前の「麺や 清流」さんに、あまり期間を開けずに再訪ですわ…
前回は清湯と白湯 、二種類のデフォをいただいたのですが...「まぜそ
ば」だけがまだ準備中ということで、ずっと気になっておりました。
この前訪問した際は、些か殺風景に見えた外装なんですが、提灯や
ノボリ...さらには写真入りの立て看板等、ようやく賑やかな感じに
なりましたね…同ブース内のカレー屋さん(リンリン)も営業が始ま
ったみたいだし、相乗効果で活気が出るといいですね…

180327_2.jpg

食券機のボタンを見ても、新たに「ホルモンまぜそば」が加わったの
がわかります。ふむふむ…麺量とニンニクの有無が選べるみたいです
ね…あと、ミニライスが付いてるみたいですわ…

180327_3.jpg

店内のPOPに「ニラ」の無料トッピングのことが書いてあったので、
店員さんに聞いてみると、何とカウンターの反対側に、ニラ置き場が
用意されているじゃないですか…(全然気付かなかったです)自由に
お取り下さいってことですね…

180327_4.jpg

【ホルモンまぜそば(800円)】(’18.3.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

念願の「ホルモンまぜそば」が着丼ですわ…麺量は300g、ニンニクは
アリでお願いしました。何とも肉々しいビジュアルじゃないですか…
主役のホルモン以外にも、旨辛の肉味噌や刻みチャーシューがどっさ
りのって、刻みネギや刻みタマネギも彩りを添えている…こりゃあ
美味しそうだ...まぜそば好きには、たまらない絵だと思います。

180327_5.jpg

ミニライスと自慢のニラですわ…ニラは辛味と旨みたっぷりの「ニラ
キムチ」ですね…粗めの唐辛子や擦り下ろしたニンニク、生姜の旨み
が利いてます。食欲増進の薬味でして、これだけをつまんでも十分に
アテになりますよ…これは後で登場してもらうことにしましょう…

180327_6.jpg

主役のホルモンは、甘辛く煮込んだシマチョウですね…脂の甘みと
歯応えがたまりません…噛めば噛むほど味が出るって感じで、まぜそ
ばだけでなく幅広く使えそうですね...ニラキムチとの相性も良さそう
ですよ…これを底から一気にかき混ぜましょう…

180327_7.jpg

おお...特製ダレの芳ばしい香りと、茹で麺の香りが合わさって…何と
も食欲を掻き立てるじゃないですか...ホルモンを漬け込んだタレは
もっと塩気の強いものを予想してたんですが、意外にまろやかな口当
たりに驚く。でもこれぐらいがちょうどいいんじゃないかな…行列店
の汁無しは、カドが立ち気味なものが多いですからね…肉味噌の甘辛
さや刻みチャーシューの旨みも、上手く全体と調和している。また…
タマネギがいい仕事をしてるんですよ...シャリッとした食感と辛味が
いいアクセントとなっている。

180327_8.jpg

見慣れた麺ですが、ミネヤの万能麺ですね…なめらかでコシも強いし
本当にいい麺ですよ…しかし、4月までに製麺機導入で自家製麺に
変わるみたいなので(もう変わっているのかな?)また印象が変わる
と思います。また食べに来ないと…

180327_9.jpg

味変で先ほどのニラキムチを投入する…風味もコクも一段と上がりま
すね…これはクセになりますわ…さらには卓上に鷹の爪と一味がある
んですが、同じカプサイシン系でも、今回のまぜそばには一味唐辛子
の方が、ベストマッチだと思います。全体的に引き締まって、輪郭が
際立つ感じ…こりゃあ旨い…

180327_10.jpg

具材を少し残るようにして麺を平らげると、残ったタレにミニライス
をぶち込む…追加でニラキムチを投入したり、自分好みのまぜご飯に
カスタマイズする…麺も旨いけど、やっぱりコメは最強ですね…麺量
が300gということで、結構ナメてたんですが…ガッツリ感もあります
よ…これは学生達に人気が出るでしょうね…自家製麺に変わったら、
再度いただきたいと思ってます。


麺や 清流
(住所)大阪府東大阪市小若江1-4-3
(TEL)06-6726-1123
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月29日 21時15分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2018年03月24日
長崎チャンポン 浜浪(チャンポン・焼めし)@堺市
180323_1.jpg

久しぶりに、レベルの高い「長崎チャンポン」が食べたい…そこで
選択肢が二つに分かれまして…パンチの効いたチャンポンが食べたい
のか、もしくは正統派のチャンポンか…ありがたいことに、関西を
代表するチャンポンの名店が、どちらも堺市にあるんですよね…前者
の場合は「六五六」になるんですが...正統派となると、間違いなく
旧26号沿いにある「浜浪」さんになるでしょう…この日は焼めしも
食べたかったので、自然に此方に向かってました。

180323_2.jpg

何時もなら、お昼時は本当に混雑してるんだけど...運良くこの日は
空いてまして…2人掛けのテーブル席に、すんなり座ることが出来ま
した。壁にかかっているメニューの札を眺める…名物のチャンポン
以外にも、魅惑的な定食が並びます。しかも安い!...今度こそ、今度
こそ、定食を食べてやる…と、毎回意気込んで入って行くんだけど
結局、コレになってしまうんですよね…(´ε`;;)

180323_3.jpg

コレコレ...(*´ω`*)...こればっかりは、仕方ないでしょう…問題はチャ
ンポンにするのか、はたまた皿うどんにするのか...これでまた、悩む
ことになるんです。(^_^;;

180323_4.jpg

【チャンポン・焼めし〈大〉(1,000円)】(’17.10.10実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日はお汁が飲みたかったので、「チャンポン・焼めし」のセット
をいただく...いつもの如く100円UPで、焼めしを「大」にしてもらい
ました。嗚呼…こりゃあ旨そうだ…麺が隠れてしまうほどの具沢山で
ついつい顔が綻んでしまいます。例の「六五六」さんとは、全くタイ
プ違うでしょう?(どちらも旨いけど)自慢の白濁スープは、余計な
雑味や油分が見られない、実に上品なスープに見える。

180323_5.jpg

ところがですよ…ベースの豚骨のボディが厚く、一口スープを啜れば
重厚な旨味が口の中に広がる…単なる上品なスープではないんですよ
ね...しっかり乳化した動物系スープに、野菜や魚介の旨みが加わるこ
とにより、独特な甘みのあるクリーミィなスープに仕上げています。
この完成度の高さは、本場長崎でも通用するレベルだと思われ…
(自分では、それ以上だと思っているw)豚肉、海老、イカ、キャベ
ツ、ニラ、もやし、玉葱、かまぼこ、平天など…たっぷりなボリュー
ムで、食べ応えもありますよ…

180323_6.jpg

長崎直送の丸刃の太麺...太さのワリに麺密度が低めでして、スープの
絡みもいいし、如何にもチャンポンらしい麺だと思います。やっぱり
ここのチャンポンは最強ですわ…インパクトのある、派手な味付け
ではないものの、基本がしっかりとしていて、老若男女...誰もが旨い
と思わせるだけの底力があります。

180323_7.jpg

ここのチャンポンに負けないほど人気の高いのが、「浜浪」自慢の
「焼めし」です。関西の焼き飯ランキングの中でも、間違いなく上位
に入ってくるでしょうね…本当に独特な味付けで、コーンの甘みが
際立つ感じ...決して濃過ぎず、絶妙な塩梅...フワパラで食べ出すと止
まらなくなる...玉子、海老、コーンと具材は至ってシンプルだけに、
コメに纏わせる油や火加減など、基本が求められる…

180323_8.jpg

チャンポンは、途中で卓上の「拉麺胡椒」をぶっかけて、味変を楽し
む...やっぱりチャンポンには、胡椒が合いますよねぇ…優しい味わい
の焼めしとの相性も抜群ですよ…塩気を利かせたお下品系も美味しい
んだけど、ここのチャンポンや焼めしをいただくと、レベルの違いを
感じますわ…本当に関西を代表する一杯だと思います。


長崎チャンポン 浜浪
(住所)大阪府堺市堺区出島浜通3-1
(TEL)072-244-0209
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM11:00 
(休)日曜日、祝日 (P)5台


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月24日 22時52分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2018年03月13日
麺や 鳥の鶏次(鶏次レッド)@堺市
180312_1.jpg

最近「YouTube」の誘惑に負けてしまい、ひどい時は続けて4時間位
時間を費やしてしまうハシダ・メンです。はい…その後は決まって
自己嫌悪に陥るのですが、翌日も同じように繰り返してしまう…学習
能力ゼロ…そんなこんなで、ブログの更新が遅れてしまうんですわ…
今日も少し古い記事になりますが、お許し下さいな...堺の「麺や 鳥の
鶏次」さんに、久しぶりにお邪魔しました。相変わらず繁盛してます
ね…特に女性客が多いのにはビックリしました。

180312_2.jpg

前回はデフォの「鶏そば塩」をいただいたのですが、あまりの完成度
の高さに驚いてしまったんですよね…基本の鶏白湯をベースに、ブラ
ック、レッド、ホワイトと興味の湧くラインナップで、何を食べよう
か本当に迷ってしまいます。

180312_3.jpg

【鶏次レッド(800円)】(’17.7.3実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日は刺激的なスープの口だったので...「鶏次レッド」を注文して
みる。ふむ...赤く染まった一杯が運ばれてきましたよ…しっかりと
乳化したクリーミィなスープの上に、食べ応えのある自家製レアチャ
ーシューやホウレン草、刻みネギを盛り付けています。「鶏そば塩」
と違うのは、カイワレが糸唐辛子に変わったぐらいか…何よりたっぷ
りかかった自家製ラー油の赤が、気分を高めてくれますね…

180312_4.jpg

国産鶏を8時間以上炊き込んだという自慢のスープは、鶏以外の要素
が全く入ってない「純系鶏白湯スープ」なんですよね…これに自家製
ラー油を浮かべて辛味武装しているのですが、ボディのしっかりした
鶏白湯のおかげで、丸みのあるピリ辛に仕上がっています。鶏の旨味
で溢れているんだけど、重過ぎない…この辺の幅広い層に向けたチュ
ーニングは、本当に見事だと思います。

180312_5.jpg

ズッシリと密度感のある平打ち中太麺を合わせているんですが、食感
だけでなく、風味もなかなか良いじゃないですか...スープとの絡みも
申し分なし...低温調理法で作られたチャーシューをはじめ、トッピン
グに至るまでスキがない…前回も書いたと思うけど、本当にこれと
いった欠点が見当たらないんですよね…これは流行るワケですよ…
翌0:30までの通し営業にしても、それだけ店を回せるシステムと人員
を確保しているということですからね…参ったなぁ...(*^_^*)


麺や 鳥の鶏次
(住所)大阪府堺市北区中百舌鳥町2-300
(TEL)072-240-1711
(時間)AM11:00 ~ 翌0:30(L.O. AM0:00)
(休)無休 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月13日 10時37分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2018年03月09日
麺や 清流(鶏白湯しょうゆ)@東大阪市
180308_1.jpg

【鶏白湯しょうゆ(750円)】(’18.2.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「あっさりしお」を堪能した後、連食でいただいたのは…この店の
一番人気であろう「鶏白湯しょうゆ」です。やはりお客さんの大半が
大学生を中心とした若い層になると思うので「白湯 > 清湯」の割合は
変わらないでしょうね...目の前に運ばれてきた一杯…移転前の鶏白湯
と比べると、泡立ちを抑えたすっきりした印象に見えます。トッピン
グに関しては清湯と同様で、肩ロースのチャーシューにメンマ、刻み
葱、ナルトをのせて、海苔だけが省かれた状態…

180308_2.jpg

鶏ガラを強火で炊き込んで、髄の旨みを引き出したスープは、もみじ
を多く使った粘度重視ではなく、サラッとした口当たりが特徴です。
どちらかと言えば、骨よりも肉の旨みがよく出ている感じですね…
やや甘みのある醤油ダレと合わさることにより、丸みのある奥深い
味わいを楽しませてくれる…これは旨いですよ…

180308_3.jpg

麺に関しては、清湯と同じミネヤの細めのストレート麺を合わせてい
るみたいですね...主張こそ少ないものの、しなやかでコシも強く、
スープとの絡みも申し分ない...どんなスープにも合わせられるような
素直な麺ですわ…

180308_4.jpg

卓上には鷹の爪、一味唐辛子、胡椒が並べられているんですが、途中
から鷹の爪を加えて、味変を楽しむことにしましょう...まったり鶏白
湯とカプサイシンの相性はバツグンでして、全体的にキュッと輪郭が
引き締まった感じになる...旨いんですよ...コレが。清湯も白湯も、デ
フォとしてはレベルは高いと思います。気になるのは「モツまぜそば」
なんですが、もう始まっているみたいなので、近いうちに再訪問する
つもりですわ...ごちそうさまでした。


麺や 清流
(住所)大阪府東大阪市小若江1-4-3
(TEL)06-6726-1123
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月09日 10時21分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2018年03月07日
麺や 清流(あっさりしお)@東大阪市
180306_1.jpg

大東市の「ポップタウン住道オペラパーク」から、東大阪の近大前の
商店街に移転した「麺や 清流」さん...ようやく訪問することが出来ま
したよ…前回はファミリー主体の商業施設内だったんですが、今回は
大学前の通りということで、ターゲットも大きく変わってくると思わ
れます。うん…高級感溢れる前回の内外装に対して、学食をイメージ
したような気軽な雰囲気になっていますね…店内に入ると、まず食券
機と向き合うカタチになります。

180306_2.jpg

オープンして間もないということで、メニューを絞っての営業のよう
です。白湯、清湯、いずれも「しょうゆ」と「しお」が選べますよ…
ホルモンを使った「モツまぜそば」や「ホルモン丼」は、近々スター
トするみたいですね…食券機のボタンの配置から見ても、スタートに
「鶏白湯」を構えており、若い客層に向けて「こってり重視」にして
いるのがわかります。

180306_3.jpg

【あっさりしお(700円)】(’18.2.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

移転前のメニューの中でも、僕が最も気に入っていたのが「塩そば」
なんですが、今回は「あっさりしお」と名前を変えての提供となって
います。ここの清湯が本当にたまらんのですよ…どうです?この黄金
色に透き通ったスープ...惹き込まれそうなビジュアルでしょう?表面
の鶏油がキラキラと光り輝いてますよ…薄くスライスした肩ロースの
チャーシューにメンマ、刻み葱、ナルトをのせて、器の縁に焼き海苔
を添えています。

180306_4.jpg

鶏ガラを中心とした動物系オンリーのスープなんですが、オーナーの
話によると、前回より寸胴を大きくして炊く量も増やしているので、
旨みは増しているかも...とのこと。うん...あっさりとはしてるけど、
旨みは濃いんですよ…カエシはメリハリを利かせているものの、カド
を立たせない位のちょうどいい塩梅...鶏油の風味が香ばしくて、実に
いいですね...やっぱこのスープ、好きですわ…

180306_5.jpg

ミネヤの細めのストレート麺を合わせているんですが、素直でどんな
スープにも合いそうな、クセのない麺でして…なめらかでコシがあり
ます。肩ロースのチャーシューはしっとりと柔らかくて、メンマも
歯応えがある…シンプルな一杯だけど、奥が深いですよ…今回は連食
を考えていたので、食券をもう1枚購入しております。( ̄▽ ̄)


麺や 清流
(住所)大阪府東大阪市小若江1-4-3
(TEL)06-6726-1123
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月07日 22時39分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
2018年03月04日
カドヤ食堂(中華そば)@西区
180302_1.jpg

冬のオリンピックが終わったら、確定申告と…なかなかブログに集中
出来ないハシダ・メンです。もう少ししたら、生活が落ち着くと思い
ます。(^_^;; 最近はめっきりラーメンを食べる機会が少なくなって
しまったのですが、だからこそ食べる時はレベルの高い一杯を求めて
しまうんですよ…本当に久しぶりに、西区にある「カドヤ食堂」さん
にお邪魔しました。相変わらず店の外には行列ができている…立地条
件がズバ抜けているワケでもないのに、凄いですよね…

180302_2.jpg

並んでいる時に、何を食べようか考えましょう…つけそばも塩そばも
魅力的なんですが、本当に久しぶりなので、基本の「中華そば」に
しましょうかね…あと、御飯物も一緒にいただくことにしよう…

180302_3.jpg

【中華そば(880円)】(’18.2.26実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来ましたよ…こちらのデフォである「中華そば」です。しかしまぁ…
全く無駄のない完成された一杯とはこのことか…褐色のスープの上で
キラキラと光る香味油が素敵…しっとりと厚みのあるチャーシューに
食感のいい穂先メンマ、全体に散らした刻み葱、仕上げに乗せられた
焼き海苔と、オーソドックスに見える中華そばなんだけど、全てが
計算されているような気がする…

180302_4.jpg

鶏、豚の動物系に和風出汁を合わせたスープは、素材の良さが光りま
すね…比内地鶏の丸鶏の旨みに、豚足や背脂の旨みが厚みを持たせて
いる。香りのいい鶏油など、全体的にはオイリーな仕上がりなんだけ
ど、全てがちょうどいいバランスなんですよね…カエシもカドを立た
せず、柔らかい口当たり...しみじみ旨いなぁ…

180302_5.jpg

特筆すべきは、この自家製麺ですよ...にゅうめんを思わせるような、
グニュッと伸びのある細めの平麺…剛麺と呼ばれる麺とは対極の麺に
なるんですが…スープと同化してスルスルと上がる感じ、鼻に抜ける
上質な小麦の香り、どれもがスープとの相性を考えられているんでし
ょう…このやさしい麺、僕は好みだなぁ…

180302_6.jpg

一緒にいただいた「黒豚めし(480円)」...想像してたのとは違って
炊き込みご飯風のビジュアルに驚く…中には鹿児島黒豚のお肉が、
たっぷり入っています。生姜を程よく利かせており、体がポカポカと
温まりますね…ご飯の量も結構多くて、ラーメンとセットでいただけ
ば、お腹も満足できますよ…旨かったなぁ...ごちそうさまでした。


カドヤ食堂 総本店
(住所)大阪市西区新町4-16-13キャピタル西長堀1F
(TEL)06-6535-3633
(時間)AM11:00 ~ PM5:00(L.O.)
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月04日 13時53分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・