2017年11月08日
らーめん工房RISE(河内の塩)@八尾市
171108_1.jpg

先日、久しぶりにいただいた「焦がし黒醤油」に感動したので、友達
を連れて、八尾の「RISE」さんに再度訪問しました。友達はメリ
ハリの効いた味を好むので、絶対に気に入ってくれるだろうと思って
たんです。この日は天候が悪かったこともあり、ゆったりモードだっ
たんですが、その分…富永君と話をすることができました。

171108_2.jpg

友達は「焦がし黒醤油」を食べるとして…僕は何を食べよう…よくよ
く考えたら、僕はデフォである「河内の塩」をこちらではいただいた
ことがないんですよね…移転前の東成のお店では、何度か食べてはい
るんですが…よし、それにしよう…

171108_3.jpg

ラーメンだけでは物足りないので、ご飯モノもいただきましょうか…
「じゃこご飯」や「玉子かけご飯」も気になるけど、前回食べて美味
しかった「焼豚丼」が本命かなぁ…

171108_4.jpg

【河内の塩(730円)+マルチョウ(250円)】(’17.10.30実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらでは初の「河内の塩」を、マルチョウトッピングでいただきま
した。このラーメンは元々、金久右衛門の大蔵さんの力添えもあって
生まれた一杯なんですよね...そういう意味では、あの頃の金久右衛門
の旨さを、忠実に再現しているお店のひとつになるんです。で、当時
と比べると、器の隅に盛られていた「貝煮干し」の姿はなく、カエシ
の中に仕込まれているのかな...琥珀色に澄んだスープの上に、厚みの
ある豚バラチャーシュー、水菜、穂先メンマ、トッピングの丸腸…
そして中央には白髪ネギを盛り付けて、仕上げに梅チップをパラリ…

171108_5.jpg

おお...口の中に広がる貝系の旨味…鶏ガラ、豚骨ベースのスープに
貝出汁の旨味が合わさる…表面に浮かべた鶏油の加減で、ややオイリ
ーな仕上がりだけど、トッピングの丸腸からもさらに旨味の援護射撃
が加わる…これはたまらんなぁ…醤油系のラーメン同様、カエシの
アタリはやや強めなんだけど、カドを立たせるワケでなく、いい具合
にまとまっていますね…これは文句なしに旨いわ…

171108_6.jpg

ストレートの細麺を合わせているんですが、しっかりとコシもあって
のど越しもいい...このスープとの相性もいいと思います。

171108_7.jpg

ここの清湯スープには、純粋に「鷹の爪」をふりかけて食べるのが
一番合うんですよ...卓上の鷹の爪を多めに投入する...これはお約束で
すよね…全体がピリッと引き締まって、輪郭が際立つ感じ…色んな
辛味の薬味がある中で、これが一番好き…極上の国産牛の丸腸は、
臭みも全くなく、噛めば噛むほど脂の甘みや旨みが溢れ出てくる…
プルプルの食感がたまりませんよ…最強のトッピングですわ...

171108_8.jpg

セットで「焼豚丼(小)」をいただきました。本来なら370円するん
ですが、ランチタイムで「250円」になってます。甘辛いタレのかかっ
た細切れのチャーシューに、刻み海苔、ネギ、紅生姜を添えている…
このタレがたまらんのですよ…友達もかなり喜んでくれたし、本当に
大満足ですわ...ごちそうさまでした。


らーめん工房RISE
(住所)大阪府八尾市本町3-11-22
(TEL)072-997-9003
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM9:00 
(休)火曜日、月曜の夜 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月08日 22時54分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
2017年11月05日
あびんこ亭(塩らあめん)@住吉区
171104_1.jpg

この日はレベルの高い塩ラーメンが食べたくて…でも、時間に余裕が
なかったので、近場でお店を探す…と言っても、醤油はいくつかある
ものの、美味しい塩ラーメンってなかなか地元では少ないんですよ...
そうだ!久しぶりに(約9年ぶり)「あびんこ亭」に行ってみよう…
ってことで、あびこ筋を南下する。当時は僕の中でも、かなり評価が
高いお店だったんです。久しぶりに訪問して、どう変わっているのか
楽しみです。

171104_2.jpg

色んな「昼のお得セットメニュー」が用意されてます。僕の頭の中で
焼めしとチャーシュー丼が競い合う…どっちも似たような価格帯です
からね...ライスセット(おかわり自由)も捨て難いけど、おかずが
無いと食べれないしなぁ…

171104_3.jpg

ラーメンに関しては、ご覧の通り…メニューに変化は見られず、驚い
たのは前回訪問した時から、価格が全く変わってない…色んな意味で
努力されているんでしょうね…

171104_4.jpg

【塩らあめん(680円)】(’17.4.10実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりだったので、基本の「塩らあめん」を注文してみる。当時と
比べると、豚バラを使ったチャーシューが、やや大ぶりな豚肩ロース
のチャーシューに変更されているぐらいで、水菜、キクラゲ、アオサ
海苔等のトッピングは全く変わってない…

171104_5.jpg

動物系(丸鶏、豚足、鶏ガラ)と魚介(昆布、煮干し、節類、干貝柱
海老)を合わせたスープなんですが、結構強めのアタリに変わってま
すね…煮詰まった感じと言うか、この塩分濃度だと、年配の人には
キツそうな気がします。柚子の利かせ方も、もっとほのかでいいと
思うし...以前から旨味十分なスープではあったのですが、とにかく
全体的に強く感じますね...営業を続けているうちに、色々あって現在
の味になってしまったのかな…

171104_6.jpg

なめらかでコシの強い、中細ストレート麺を合わせています。この麺
に関してはいいんじゃないでしょうか…清湯スープにキクラゲという
のは、相変わらず珍しい組み合わせですよね...以前いただいた時は、
極力塩を使わず、素材から旨味や塩分を引き出しているような、まろ
やかなスープだったように記憶しているんですが…単なるコンディシ
ョンの問題であればいいんですけどね…

171104_7.jpg

ラーメンだけでは物足りないので...「チャーシュー丼セット、小
(180円)」をいただきました。ほぐしたチャーシューとたっぷりの
ネギが入っているんですが、甘辛いタレがかかって美味しいですよ…
小でも、そこそこボリュームがあります。

白い暖簾に白い看板と実にシンプルで、好感が持てますよね…長く
営業を積み重ねていくと、良い面も悪い面も出て来るんですよ…
(僕らの仕事もそうですが...)色んな意味で、引き締めも必要に
なってくるんでしょうね...


あびんこ亭
(住所)大阪市住吉区苅田2-15-10長居パークハイツ105
(TEL)06-6698-7233
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM5:30 ~ AM0:00(L.O. PM11:30) 
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月05日 22時41分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年10月25日
天翔(赤鶏豚ラーメン/激辛Ver)@堺市
171024_1.jpg

堺の「天翔」さんで、先月から始まっている、期間限定の「鶏豚(と
りとん)ラーメン」…過去の限定の中でも、最も僕が気に入ってる
一杯なんですが…昨年も「辛いバージョン」を作っていただいたんで
すよね...「天翔ラーメン」に「赤」バージョンがあるように、この限
定もホットバージョンに変更することは、可能なんですよ...(・ω・)ノ
アポなしで注文したんですが、快くOKしていただきました。

171024_2.jpg

今回もメニューには載せてないものの、誰でも(同じ値段で)作って
くれますので…注文の際に「赤の限定」...もしくは「赤鶏豚」とお伝
え下さい…あと、いつまでの期間限定かわからないので、確かめた方
がいいかもしれませんね…

171024_3.jpg

あとで「雑炊プレイ」をするために...「ごはんセット(50円)」を
追加しましょうかね…あ、餃子も食べたいな...(*´ω`*)

171024_4.jpg

【赤鶏豚ラーメン/激辛Ver(780円)】(’17.10.16実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えっとですね…元々、辛めの「赤鶏豚ラーメン」なんですが、元気
良く「辛めでお願いします。」と言ってしまったワケです。ここの
店主さんには、僕は相当な辛党で通っているみたいで…軽い気持ちで
言ってしまったワケですが…とんでもないのが運ばれて来ましたよ…
「赤鶏豚ラーメン/激辛Ver」ですな…あのぅ…昨年のバージョンと
比べると、上にかかっている唐辛子の量が明らかに違うんですけど…
昨年のまんべんなくに対して、今回は唐辛子の島のようなものが、
三箇所ほど出来ているじゃないですか…スープの色は不気味にもオレ
ンジ色に染まっている...エスプーマ仕様の泡立ったスープに、鶏もも
ロースト肉や豚バラチャーシューを並べ、紫玉葱、白髪ネギ、カイワ
レなど、盛り付け自体に変更点はありません...

171024_5.jpg

唐辛子の塊を攪拌させて、スープを一口…「ゴフッ!」むせ返る様な
辛みに悶絶する…これは今年食べた料理の中でも、最も辛いと断言
できるレベルですわ...勿論食べることは可能だけど、後の火砕流が
恐ろしい…(笑)天翔の豚骨をベースに、たっぷりの鶏肉を入れて
炊き込んだスープ…これに唐辛子や辣油…そして謎のベーストを加え
ているそうですが、そのペーストがどうも怪しい…(笑)きっとデス
ソース的なものではないかと…スープ表面に浮かべた目の粗い唐辛子
は、韓国産のモノで辛みは知れているんですが…激辛スープとタッグ
を組むと、結構力を発揮するんですよ...(^_^;;

171024_6.jpg

「天翔太麺」で使用してる、低加水の中太麺を合わせているんですが
コシもあって歯切れもよく、スープのりもかなりいいですね…麺を
持ち上げると、たっぷりと唐辛子が絡んできて…僕の毛穴は全開状態
ですわ...マイルドな「鶏豚」は影を潜めてはいるものの、肉の旨みは
しっかりと感じられます。

171024_7.jpg

麺を啜り終わったら、「ごはんセット」の白飯の出番ですよ…そのま
ま丼にダイブさせるのは、ご飯の量が多すぎると思うので、半分ぐら
いは卓上のキムチでいただきます。

171024_8.jpg

半分ぐらいになったら、スープ側にぶち込んで...「赤鶏豚雑炊」の
激辛バージョンでいただく…そう、ご飯で辛みを和らげようと思った
んですが、最後のひとすくいまで激辛でしたよ...でもね…やっぱり
ご飯はスープと合いますねぇ…なかなかの激辛だったけど、勿論完食
最後のスープも全ていただきました。皆さんは普通の「赤鶏豚ラーメ
ン」を注文して下さいね...ちょうどいい旨辛さだと思います。

171024_9.jpg

ハネ付きパリパリの「ぎょうざ(300円)」ですわ...皮がまた美味し
いんですよね...この餃子だったら、三人前ぐらいペロッと食べれると
思います。今回も大満足ですわ...いつまで提供してくれるのかはわか
らないけど、ここの「鶏豚」か「赤鶏豚」は絶対に食べて損はないと
思いますよ...


天翔
(住所)大阪府堺市中区深井中町1211-13
(TEL)072-320-4113
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM5:30 ~ PM10:00
(休)火曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月25日 10時18分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
2017年10月19日
中華料理 永楽(担担麺)@阿倍野区
171017_1.jpg

この日は、遠方へ食べ歩きに出かける気力もなく、歩いて行ける範囲
のお店で済ませることに…僕は地元LOVEですからね…JR美章園駅の
高架下を歩いていると、「永楽」さんの黄色い看板が目に留まる…
こちらは長く地元で愛されているお店でして、高齢のご夫婦を中心に
切り盛りされております。久しぶりに入ってみましょうかね…

171017_2.jpg

こちらで麺類と言えば「ニンニクラーメン」ばかり注文してたんです
が…他にも「豚骨ラーメン」や「カレーチャンポン」等…色々ありま
すよね…よし、今日は食べたことのないものを注文しましょうか…

171017_3.jpg

【担担麺(650円)※月曜は50円引き】(’17.3.6実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「担担麺」を注文したんですが、嬉しいことに通常700円のところ、
月曜日は50円引きで、650円になるそうです。褐色のスープの上には
ラー油を浮かべており、たっぷりの肉ミンチ、ミョウガ、青梗菜と
なかなか基本に忠実なビジュアルに、ホッと一安心ですわ…(^_^;;
下町の大衆中華屋さんでは、たまにとんでもないものが出てきたり
するんですよ...

171017_4.jpg

へぇ…正直言うと、ピンボケ気味の担々麺を予想してたんですが、
なかなかしっかりしている。ベースは鶏ガラになるのかな…ゴマの
ペーストはあっさりめながら、しっかりと「麻」も「辣」も効かせて
いる。辣油の心地よい辛さ、花椒のシビ辛さ共に満足できるレベルで
パンチこそはないものの、実にバランス良く仕上がっている…

171017_5.jpg

この中太の麺だけが残念だなぁ...少しクタッとした食感の多加水麺…
これが引き締まった麺であれば、かなり印象は変わってたと思います
ね…お客さんのほとんどが常連客で、見たところ結構賑わっているし
お店とお客さんとの意思疎通も、うまくいっているみたいですわ…
こういうお店をあーだこーだ批評すること自体、野暮なことなんで
しょうね...いいお店だと思いますよ...

171017_6.jpg

中華料理 永楽
(住所)大阪市阿倍野区美章園2-17-5
(TEL)06-6719-4090
(時間)AM11:00 ~ PM9:00
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月19日 09時56分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年10月11日
麺屋7.5Hz 東住吉店(塩そば)@東住吉区
171011_1.jpg

少し前の記事となります。この日は夕方に、ちと小腹が空きまして…
そんな時にコチラの中華そばは、ちょうどいいんですよね…うちの
近所にある「麺屋7.5Hz 東住吉店」さん…営業時間も早朝から深夜
までと長いし…一般的なラーメン屋さんと比べても、コスパは高いと
思う...「高井田そば」ということで、東大阪を中心に展開してるコチ
ラのお店なんですが、東住吉店は中心地から離れた南部に位置するこ
とになります。でもね...やはり根強いお客さんに支えられているみた
いで、結構賑わっているんですよね...

171011_2.jpg

いつもは勿論、わしわし太麺の「中華そば」を注文するんですが…
久しぶりに「塩そば」でも食べてみようかな...なんて思ったりして…
オープン当初から、この東住吉店では「塩そば」の需要が多くて、
この店オリジナルの「特製塩そば」があったりと、他店と比べても
塩の注文率は高いんですよね…おかげで女性客の割合も高いそうな…

171011_3.jpg

【塩そば(630円)】(’17.2.20実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

...ということで、スタンダードな「塩そば」をいただきました。醤油
系の中華そばと比べると、100円高めの値段設定なんですけどね…
澄みきった清湯スープの上に、柔らかい豚バラの叉焼やメンマ、ナル
ト、小口ネギを散らしている…見るからに女性ウケの良さそうな、
さっぱりした雰囲気ですよね…濃い醤油、ザク切りの太ネギ、栄大号
の極太麺を使った「中華そば」とは、正反対の一杯ですわ…ちなみに
オリジナルの「特製塩そば」は、やや大きめの器を使い、麺量、叉焼
共に1.5倍...そして、煮玉子半分、梅、ホウレンソウを追加するなど、
トッピングを充実させて差別化を図っています。

171011_4.jpg

鶏ガラ、カツオ、昆布でとった出汁に、塩ダレを合わせたシンプルな
スープで、化調さんはやや強め…塩分濃度も絶妙で、全くカドも立た
せず、実にさっぱりしたスープに仕上げていますね…昨今のブームに
乗った、旨味過多のスープとは違い…単純明快ですっきりとしたスー
プですわ...仕上げに振りかけた胡椒が、たまらなく合うんですよね…
叉焼は最初に底に沈めて、旨味を撹拌させる…通な食べ方ですわ♪

171011_5.jpg

このスープには、細麺が合っているんですよ...栄大号の極太麺だと、
完全に負けてしまうと思います。(でも、その組み合わせで注文する
人も多いそうな...)クセもなく、スルスルと入っていく細麺は、あっ
さりしたスープとの相性もいい...通常の高井田とは全く方向性が違う
一杯...ここに来るとついつい「中華そば」を頼んでしまいがちだけど
たまに食べたくなるんですよね...(*´ω`*)


中華そば専門店 麺屋7.5Hz(東住吉店)
(住所)大阪市東住吉区北田辺5-12-9
(TEL)06-6622-2422
(時間)AM6:00 ~ PM4:00 PM6:00 ~ 翌4:00
(休)木曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月11日 22時46分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年09月28日
麺屋 丈六(鶏白湯ラーメン)@中央区
170926_1.jpg

【鶏白湯ラーメン(700円)】(’17.9.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「和歌山中華そば」がメニュー落ちして、代わりにメニューに加わっ
た「鶏白湯ラーメン」を連食でいただくことに…全く初めての一杯
かと思いきや...しっかり乳化したスープと、器の縁に豆板醤を添えた
ビジュアル…この見覚えのある一杯は「一乗寺」ですかい?でも…
僕の脳裏にある「一乗寺」と比べると、黄色味がかっているし…粘度
もこちらの方がありそう…どうしても気になるので、後日…桃色な
女将に連絡を入れて確かめたところ、やはり週一限定だった「一乗寺
」がレギュラー化したみたいですね...仕入れてる鶏のコンディション
によって、スープに若干のバラツキがあるそうな…となると、この日
のスープはアタリかもしれない…(*´ω`*)

170926_2.jpg

鶏ガラに豚骨(拳骨)を合わせた白湯スープは、ドロッとした感じ
ではないものの、鶏の旨味たっぷりで濃厚に仕上がってますね…以前
いただいた「一乗寺」と比べても、かなり強めの鶏白湯だと思います
よ…濃厚スープにありがちなピンボケ気味の味付けではなく、キリッ
とカエシを効かせたメリハリのある濃厚白湯ですわ…こりゃあ旨い!
週一限定ではなくて、レギュラーにすることにより、スープの取り方
も変わったんだろうか…

170926_3.jpg

やや低加水の中細ストレート麺は、風味もコシも申し分なし♪しっか
りとスープに絡んでスルスルと上がってきます。スープの旨さは勿論
なんですが、やはりコチラの一杯は、麺の存在感が半端ないですね…
途中からフチに添えられていた豆板醤を溶かしてみる…濃厚白湯と
カプサイシン系の辛味は、相性抜群ですから…旨いに決まってます。
笹切りの葱も瑞々しいし、チャーシューも旨味たっぷり…同行した
友達も、あまりの旨さに感動しておりました。次回は「秋刀魚醤油」
を食べると、意気込んでましたよ...

170926_4.jpg

麺屋 丈六
(住所)大阪市中央区難波千日前6-16
(TEL)06-6643-6633
(時間)AM11:30 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM9:00 
   ------------------------------------------------------------------
   〈毎月第一日曜・おはようラーメン(夜営業なし)〉
    AM7:00 ~ AM10:00 AM11:30 ~ PM3:00
(休)水曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月28日 17時25分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年09月08日
天翔(鶏豚ラーメン)@堺市
170908_1.jpg

【鶏豚ラーメン(780円)】(’17.9.4実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「冷やしラーメン」をいただいた後、この日の大本命である『アレ』
を連食でいただく...ちょうど一年前に限定で出して大好評だった…
「鶏豚(とりとん)ラーメン」ですよ…限定を終了してからも、何度
も問い合わせがあったそうな...熱い要望に応えて、再度登場となりま
した。昨年のバージョンよりも、よりキメ細かく泡立ったエスプーマ
仕様のビジュアルに驚く...白濁したスープの上に、鶏ももロースト肉
や豚バラスライスをドド〜ンと並べ、紫玉葱、白髪ネギ、カイワレを
中央に盛り付けている。

170908_2.jpg

「鶏豚」の名の如く、純粋な鶏白湯ではないんですよね…天翔の豚骨
をベースに、たっぷりの鶏肉を入れて炊き込んだスープだそうです。
この深みのあるコクは、ガラではなく肉の旨みなんですね…スープを
飲んでみると、まったりとしてはいるものの、重みや獣臭はほとんど
感じられず、むしろサッパリとした口当たりでクセになる旨さです。
天翔さんらしく、カエシをやや強めに利かせており、ピンボケ気味の
白湯スープではなく、キレのあるスープに仕上げています。醤油ダレ
の加減か、後口に残る甘味が後を引くんですよ…

170908_3.jpg

「天翔太麺」で使用してる麺を合わせているんですが...一般的には
「中太」の低加水麺なんですけどね...こちらでは「太麺」と呼んでい
ます。コシも強めでスープ乗りもいい感じ…時折、玉ねぎが絡んで
シャリシャリっとした食感がたまりませんわ…

170908_4.jpg

このスープを最後の一滴まで堪能するには、やはりご飯が必要でしょ
う...ってことで、お昼はお得なセットメニューの中から「ごはんセッ
ト(50円)」を選択...まずは卓上にあるサービスのキムチで、半分位
いただきます。このキムチがまたいいよなぁ...専用のカスターセット
(キムチ&ニンニク)は、お客さん毎に補充されるという徹底ぶりで
すわ...本当に嬉しいサービスですよね…

170908_5.jpg

残った半分のご飯を、ライスダイブさせて雑炊で〆る...この旨さを
是非堪能していただきたい...こんなに旨いラーメンなら、本当にレギ
ュラーに加えてもらいたいのですが…現在の厨房では、どうしても
限定になってしまうみたいで...レギュラーとして提供するのなら、
いつ来店しても、全員のお客さんに食べてもらいたい…というのが
店主さんの考えだそうですわ...なるほどね...だったらこの期間限定が
あるうちに食べないと...「鶏豚」があるということは「赤鶏豚」も
出来るということで、僕は近いうちにその「ちょっと辛い赤鶏豚」を
いただくことにしましょうかねぇ...(*´ω`*)

170908_6.jpg

天翔
(住所)大阪府堺市中区深井中町1211-13
(TEL)072-320-4113
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM5:30 ~ PM10:00
(休)火曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年09月08日 22時51分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・