2017年02月21日
Park side Cafe RIAN(西京白味噌担々麺)@堺市
170220_1.jpg

まずはお知らせです。ブログを開設してから、ずっと字が小さいから
読み難いとご指摘を受けていたのですが...決して今までこだわりが
あって、変更しなかったのではありません…
「やり方がわからなかった」だけなんです。(^_^;; やっと読みやすい
ぐらいのサイズになったのではないかと…(←今頃かいなw)
今まで改行がPC向けだったのを、スマホ向けにしてみたり…文章も
すっきりとまとめて、読みやすくなるよう、努力するつもりです。
これからもよろしくお願いしますね...m(_ _)m

さて…本当に久しぶりに、堺にある「パーク サイド カフェ リアン」
さんにお邪魔しました。実はですね…久しぶりと言いますか、二度程
フラレているんですよ…テレビ出演の影響か、かなりの忙しさで
駐車場も満杯状態でして…泣く泣く断念した次第です。
最近は少しだけ、落ち着いたのかな...

170220_2.jpg

照明は落として...大きな窓から自然の光が入って来る...窓の向こうは
大泉緑地が広がる...まるで絵画みたいでしょう?車もほとんど通ら
ないし…何とも落ち着く雰囲気ですよね...テーブルも椅子もかなり
ゆったりサイズで、本当に長居してしまいそう…(*´д`*)
ドッグカフェなんですが、普通に食事もできますよ...

170220_3.jpg

店内に掲げたブラックボードが、メニュー表の代わりです。
日替わり(多分)になるのかな…さて、何をいただきましょうか…

170220_4.jpg

店主の長谷川さんは、料理の母体は中国料理でして...それに様々な
要素を組み合わせている。もうね…料理のアイディアがどんどん
溢れてくるみたいで…彼のFacebookを見てると、面白いですよ…
あと、当てずっぽうな発想だけでなく、ちゃんとカタチにする所が
凄いんですよね…かなりの引き出しを持っているんでしょう…

170220_5.jpg

【西京白味噌担々麺(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりに長谷川さんが作った手延べ麺が食べたくて…
「西京白味噌担々麺」を注文することに…こちらは初訪問の時に
いただいた「リアン風担々麺」の改良版になるんでしょうか…
肉味噌、切り干し大根、小松菜を配したビジュアルは、前回同様…
パッと見は担々麺らしくないけど、トロリと粘度のある白いスープに
心を奪われてしまう…こりゃあ美味しそうだ♪

170220_6.jpg

白胡麻を使った担々スープなんだけど、動物系をベースにしておらず
鍋の中で味を組み立て、西京白味噌を牛乳でのばしているそうな…
胡麻はペーストしたものではなく、すり胡麻を使用しているので、
ザラみを舌に感じることができる...前回いただいた時は、花椒と
五香粉のブレンドでシビ辛仕様だったのですが、今回は西京白味噌と
胡麻の甘みをダイレクトに味わうことができます。多分、ここでしか
味わえない独創的な担々麺に仕上げています。

170220_7.jpg

今回の辛味の飛び道具は…「桂林辣椒醬」なる謎の黒い薬味…
長谷川さんは、こういった香辛料にもかなり詳しいんですよね…
結構辛みは強いが、じんわりと来る甘みと大蒜のコクも、感じる
ことができます。

170220_8.jpg

奥の調理場でせっせと伸ばしていた自家製の手延べ麺…幅広の平打ち
で厚みもそこそこある...小麦(強力粉)と水だけで作った麺でして…
塩やかんすいは使わない...コシはそれほど強くはないんだけど、
独特な食感で面白いんですよ...ミルク担々麺との相性もなかなか…
この担々麺は食べる価値がありますよ…

170220_9.jpg

【ふわとろ水餃子炒飯(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

せっかくだからと、連食で「ふわとろ水餃子炒飯」を注文する私…
はい...単品ではなくて、定食を連食する人は少ないそうな...(^_^;;
さっぱりと薄味で仕上げた炒飯の上に、トロ〜リとタマゴの餡が
かかっている…上には自慢の水餃子を盛り付けており、美味しそう
だと思いません?

170220_10.jpg

とぅるんとぅるんのタマゴの餡が、旨いよなぁ...ほんのりと塩味を
利かせた優しい味わいで、カラダが浄化されそうな感じ...(*´ω`*)
味の濃い大衆中華的な炒飯もいいけど、こういうのを食べると
料理の奥行きを感じますね…水餃子は実に具沢山...モチッとした
自家製の皮の中に、ぎっしりと餡が詰まってます。特にレンコンの
食感がアクセントになってましたね…

170220_11.jpg

炒飯に付いているスープは「カニの粕汁」ですね…粕汁と言うほど
酒粕はあまり主張させず、野菜の甘みがよく出ています。スープ取り
のセコガニの足も浸かっていて、カニの風味がいいですね…何より
粕汁は栄養たっぷりで、体を温める効果があるんですよ…今の時期
にはピッタリですわ…炒飯に粕汁を合わせるあたり、かなり独創的
だとおもうんですが...(*^_^*)

170220_12.jpg

食後はコーヒーをいただいて、まったりタイムです。茶目っ気のある
店主さんや、ほんわかした奥さんとのやりとりで、時間を忘れる程
くつろいでしまうんですよね...店内はワンちゃんが居るとは
思えない程静かで、まるで時が止まった感じがする…とにかく
居心地がいいということですよ...また行かせてもらいます♪

170220_13.jpg

Park side Cafe RIAN(パーク サイド カフェ リアン)
(住所)大阪府堺市北区南花田町520-1
(TEL)072-205-6941
(時間)AM11:30 ~ PM7:00
(休)水曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月21日 22時02分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
2017年02月10日
担々麺専門店 信玄(駒川スタミナラーメン)@東住吉区
170209_1.jpg

はい…最近、ひじょ〜〜に調子にノッてるセカオバこと、世界のオバタ店主…
この日も余裕の笑顔でございます。「何か最近、セカオバも浸透して来たみた
いで…」と喜んでおりまして...まさに全開状態ですわ...(^_^;; 重厚で旨味た〜
っぷりの担々麺で有名なコチラのお店なんですが…最近、あるメニューが話題
になっておりまして…

170209_2.jpg

コレコレ…これですわ…入口には「駒スタ!やってます」って書いてるし…
それもかなり評判がいいみたいで…リピーターも多いそうな…やっぱり調子に
ノッてますよね…(笑)

170209_3.jpg

【駒川スタミナラーメン〈担々ミンチ入〉(800円)】(’17.1.23実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは「駒川スタミナラーメン」とやらを、いただこうじゃないですか…
やはり名の通り、奈良の某店のスタミナラーメンを彷彿させる、野菜たっぷり
のビジュアル...大きく違うのは、中央に自慢の「担々ミンチ」を盛り付けて
いる…これに関してはミンチ無しも選べるそうな...だったら、ただのスタミナ
ラーメンになってしまうじゃマイカ…(笑)「辛めで…」と注文したので、
白菜や豚肉に、赤いツブツブが絡んでますなぁ…

170209_4.jpg

鶏ガラ、豚ベースの動物系スープは、こちらの中華そばや担々麺のベースと
なるもの…それに白菜、豚肉の甘味や旨味が加わる…ニンニクのパワーも
加わって、関西人には馴染みの深いスタミナラーメンに仕上がっている…ただ
担々ミンチによるものか、ボディはこちらの方が厚め…あとカエシは少し甘め
に感じました。ピリ辛に関しては、二味唐辛子(唐辛子、山椒)さらには
豆板醤も使っているのかな...食べているうちに、じんわりと汗ばんでくる…

170209_5.jpg

ミネヤさんの低加水、中太縮れ麺を合わせているんですが、しっかりと歯応え
があっていいですよね…合わせるスープが違うだけで、結構印象が変わるんだ
なぁ…と感心してみたり。単なる○スタのコピーではなく、信玄らしさを前に
出した一杯に仕上げており、なかなかいいじゃないですか…これは人気が出る
と思いますよ…今度はミンチ無し、ニンニク増しをいただくことにしよう♪

170209_6.jpg

担々麺専門店 信玄
(住所)大阪市東住吉区鷹合2-1-5
(TEL)06-6696-8300
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM11:00 
(休)水曜、第3火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月10日 22時55分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年02月04日
中華そば 閃(ごま中華そば)@住吉区
170203_1.jpg

連食でございます。「煮たまご醤油中華そば」をいただいた後、食券機の横の
POPが気になる…無闇矢鱈に新商品を連発しない福井君だけに、こうやって
メニューに並んでいるのは、レギュラーに加えても遜色ないレベルに仕上げて
いるんだろう…と勝手に解釈してみる…(笑)「※ごまちゅうをお買い求め下
さい…」えっ...「ごまちゅう」って言わなあかんのン?(´ε`;;)

170203_2.jpg

【ごま中華そば(850円)】(’16.11.22実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

食券を渡すと同時に「ごまちゅう下さい♪」って言ったら、福井君も一緒に
顔を赤らめる…なんじゃ、この空気はw…ドロッと濁ったスープは、清湯一筋
の「閃」にすれば珍しい…と思ったら、ベースはデフォの醤油になるそうな…
ゴマのペーストが利いてるんでしょうね...玉葱、チャーシュー、白髪葱、青葱
メンマ、もやし、鷹の爪を綺麗に盛り付けている…

170203_3.jpg

ふむ...担々麺から、辣の辛味をなくした感じ…と言えば、わかりやすいかな…
だからと言って、間延びしたした感じではなくて、山椒をピリリと効かせてい
るんですよね...さらにもやしには辣油を絡めており、仕上げにふりかけた鷹の
爪と共に、まったりした中でのピリッとしたアクセントになっている…あっさ
りと淡麗なデフォに比べて、ゴマの旨みで厚みを持たせた重厚な味わいに、
思わず笑みがこぼれてしまう...シャリッとした食感の玉葱が、これまた良い
アクセントになっています。

170203_4.jpg

麺は共通になるのかな...中細の低加水麺はスープとの相性も良く、しっかりと
持ち上げてくれる…弾力や歯切れもいいし、何より風味もいいんですよね…
担々麺のような刺激があるワケではないけど、実に上手くまとめていますよ…
出来れば、この辛いバージョンも作ってくれたらな…と、つぶやいてみる…
ごちそうさまでした。(*´ω`*)

170203_5.jpg

中華そば 閃
(住所)大阪市住吉区苅田7-6-15
(TEL)06-6608-5001
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM6:00 ~ PM10:00
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月04日 23時03分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年02月02日
中華そば 閃(煮たまご醤油中華そば)@住吉区
170201_1.jpg

今月に入っていきなり、自分のホームページが見れなくなった...そう言えば、
何かメールが来てたみたいだけど...いつもの如く、読まずに食べちゃったん
ですよね...(^_^;; 「J:COM」のWebサービスが、1月で終了してしまったみ
たいです。うう…それは非常に困る…ヘアサロンの重要な内容がギッシリと
詰まっているのに…(99.9%が食べ物のことばかりですw)再開までしばし
お待ち下さい...多分「FC2」にお引越しすることになると思います。完了した
ら、連絡させてもらいますので...m(_ _)m

さて…本当に久しぶりに、あびこにある「閃」さんに行ってきました。暫く
来ない間に、さらに人気店になったみたいで…お隣の店舗も借りる事になった
みたいですね...拡張するのかどうするのか…今後が楽しみです。福井君も相変
わらず頑張ってましたよ...

170201_2.jpg

店内に入って、食券機とにらめっこ…福井君に「何を食べればいいの?」って
尋ねると…「久しぶりなんで、醤油を食べて下さい...」とのこと。さすが
デフォ好きの店主さんらしい返事ですね…(笑)

170201_3.jpg

【煮たまご醤油中華そば(850円)】(’16.11.22実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

見慣れた一杯が運ばれて来る…徹底的に磨きをかけたデフォ...「煮たまご醤油
中華そば」ですよ…まるで高倉健のように「不器用ですから…」と言わんばか
りに、奇を狙わない正統派の一杯なんですよね...濃い醤油色のスープの上には、
奮発してトッピングした「煮たまご」が丸ごと一個、さらにはチャーシュー、
メンマ、焼海苔、白葱を優しく添えている...有田焼の器の健気な白さが、より
真剣にラーメンと向かい合う気持ちにさせますね…

170201_4.jpg

店主さんの話によると、カエシの醤油を変えたそうな…今回はいつもよりメリ
ハリの利いた感じで、過去食べた中でも一、二を争う出来だったように感じま
すね...鶏の旨味にガツン系の煮干しが加わる...エグみや雑味は、ほとんど感じ
ず、ついつい唸ってしまう程の旨さなんですよね...徒らに限定に走るワケでは
なく、真剣にデフォの「中華そば」に向かう姿勢が、素晴らしいと思います。

170201_5.jpg

三河屋製麺の中細の低加水ストレート麺は、バツグンのコシの強さと歯切れが
特徴。スープとの相性もいいですね...本当にあまりケチをつけるところがない
んだけど、福井君の飽く無き探求は、これからも続くんでしょうなぁ...(*´ω`*)
ワタシ…この店に来る前に、某人気店にフラレておりまして…お腹にはまだ
余裕がある...ってことで、二杯目に突入するのでした。


中華そば 閃
(住所)大阪市住吉区苅田7-6-15
(TEL)06-6608-5001
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM6:00 ~ PM10:00
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html







■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月02日 22時54分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
2017年01月27日
本家第一旭 たかばし本店(ラーメン)@京都府
170126_1.jpg

「新福菜館 本店」の店を出ると、なかなかの行列が出来てました。中華そば
とヤキメシを食べた後ですが、当然このまま帰るワケにはいかないでしょう…
と、そのまま隣の「本家第一旭 たかばし本店」の行列の最後尾に並び直す。
どちらかと言えば、行列はこちらの方が長いかな…ま、共に歴史のある名店
ですからね..よく流行ってますわ…

170126_2.jpg

並んでいる間にメニュー表を渡されて、メニューを確認…さて、何を食べよ…
って言っても、シンプルなメニュー構成なんですよね…トッピングとサイズが
違うぐらい…余談ですが、僕の前に並んでいた中国人らしいカップル…正しく
観光客って感じで、ガイドブック片手に並んでいる…日本語は全く喋れない
様子...ふむ…中国人は日式(豚骨)ラーメンを好むようですが、ここのような
中華そばの良さをわかってもらえるのだろうか…と、余計なことを考えてみた
りして...(^_^;;

170126_3.jpg

自分の番が回って来て、ようやく店内に案内される...ここもまた久しぶりで、
13年ぶりぐらいになるのかな...カウンターから見える景色は、あまり変わりは
ないように感じるけど、店内は綺麗になってますね…

170126_4.jpg

相変わらず活気のある接客…店員さんもキビキビと動いて気持ちがいいですね…
だからこそ、これだけ永きに渡り人気店のまま居られるんでしょう…壁にデカ
デカと掲げたステンレス製の巨大なメニューボードが圧巻です。

170126_5.jpg

【ラーメン(700円 )】(’16.6.14実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デフォの「ラーメン」をいただく…麺の硬さや野菜の量を尋ねられるが、そこ
は「普通」でオーダーしてみる...ほんのり醤油色をしたスープの表面には脂の
層があり、並盛りでも多めのチャーシューを敷き詰めた上には、刻んだ九条葱
とモヤシが盛り付けられる...目新しさはないものの、いかにもラーメンらしい
ビジュアルで、本当に美味しそう♪

170126_6.jpg

豚骨と肉の旨みを白濁させないよう、絶妙な火加減で引き出したスープは、
オイリーな見かけより意外にさっぱりとした味わい…ほんのりと玉葱の甘みも
感じますね…カエシもカドは立たせないものの、しっかりとキレを感じる
スープに仕上げています。久しぶりに食べたけど、ここから派生して広がった
ラーメンは大阪にもありますからね…何となく懐かしさがこみ上げてくる…

170126_7.jpg

あえて「硬め」を選ばす。普通を選択したんだけど...あれれ…こんな麺でした
っけ?僕の遠い記憶では、もっと粉っぽい麺だったように記憶してたんですが
ちょっと(いいように)印象が違ってました。スープ乗りのいい中細ストレー
ト麺で、スルスルと入っていく感じ…(ワタシ...粉っぽいのは苦手なので…)

170126_8.jpg

途中から卓上の胡椒をぶっかけて、下品にカスタマイズ...いやぁ…このスープ
と胡椒の相性がいいんですよね…隣でヤキメシを食べてなければ、白飯を注文
したんですけど...(*´ω`*) 「新福菜館 本店」と「本家第一旭 たかばし本店」...
京都を代表する店舗が軒を並べているなんて、素敵すぎますよね...個人的には
醤油馬鹿なので、新福派なんですが…どちらも捨て難い。これからもさらに
歴史を積み重ねて行ってほしいです。

170126_9.jpg

本家第一旭 たかばし本店
(住所)京都市下京区東塩小路向畑町845
(TEL)075-351-6321
(時間)AM5:00 ~ 翌2:00
(休)木曜日 (P)2台


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年01月27日 22時46分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年01月25日
新福菜館 本店(中華そば)@京都府
170124_1.jpg

昨日は白内障手術を終えてきました。先週やった右目も、経過は順調でして…
この調子だと、日常生活ではメガネは不要になるかもしれませんね…細かく
言えば、老眼は必要になると思うけど…まあ、痛い目をした価値はあったと
いうことですわ…レーシックをやったと思えば、安いモンですな…って、術後
もしばらく眼科に通わなければいけないし…それが一番大変になるでしょう。

さてさて…ちょっと前の話になります。京都の八幡に用事で来てたら…衝動的
に京都の古典的中華そばが食べたくなりまして…そうなると本店で食べたいと
思いまして...バイクを走らせてJR京都駅の東側...たかばしの高架橋へ向かう…
京都を代表する「新福菜館 本店」と「本家第一旭 たかばし本店」という歴史
ある店舗が軒を並べているんですよ...懐かしいなぁ…10年ぶりぐらいになると
思います。外観がやけにお洒落になっているので、 ビックリしましたわ...

170124_2.jpg

店内は食堂的な雰囲気で、シンプルにまとめている…お昼にはまだ時間がある
というのに、店内は超満席ですわ…この日は大将の怒号が飛び交っておりまし
て…スタッフも大変ですなぁ...(´ε`;;)店内は異常な緊張感に包まれる…

170124_3.jpg

おっ…これは辛子味噌ですな…味変には欠かせないアイテムですからね…
せっかくたかばしに来たからには、一店舗で帰るのは恥ずかしいし(何でw)
さらにコチラでは、中華そば以外にも「必食のメニュー」が存在する…

170124_4.jpg

【中華そば(700円 )】(’16.6.14実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

連食をする人の為にか「小」も用意されているんですが…やはり通は「並」を
頼まないと、話にならんでしょう...目の前に運ばれて来たのは、醤油馬鹿が
愛して止まない漆黒のスープ…大阪の「高井田そば」同様、食べ慣れてない人
にすれば、見た目でドン引きしてしまうであろう、超硬派な醤油汁ですわ...
チャーシューにもやし、タケノコ、たっぷりの刻み葱を中央に盛り付ける…

170124_5.jpg

ふふふ…コレコレ。鶏ガラ、豚骨ベースの醤油味なんだけど、完全にキレで
食わせるタレ勝ちのスープでして…濃口醤油の香ばしさや酸味がたまらんので
すよ…勿論、見た目の濃い色に反して、意外とあっさりとした後口が特徴…
初めて食べた人の印象では、ボディが弱めに感じるかもしれないけど、これは
こんなモンでしょう...京都ラーメン最古の看板を背負ってますからね…食べ手
を選ぶラーメンではあるけど、この行列話見れば...多くの人に支持されている
のがわかりますよね…このテのスープは、飲んだ後の〆にはたまらん一杯なん
ですよね...

170124_6.jpg

この濃い醤油色に染まったストレート中太麺が、またモチモチッとして旨いん
ですよね…久しぶりに食べたけど、やっぱり中毒性があると思いますわ…

170124_7.jpg

で…必食の「ヤキメシ(500円)」ですよ…正直言うと、このヤキメシの方が
気になってました…(笑)この褐色のコメを見ればわかるけど、ラーメンの
醤油ダレを使っているんですよね…チャーシューの煮汁が加わった、ここなら
ではのヤキメシですわ...中華そば同様、見た目ほど濃い味付けではなく、素朴
な味わいに、笑みがこぼれてしまう…

170124_8.jpg

強い火力により、パラっと仕上がっている…やっぱここに来れば、絶対に食べ
ないといけないでしょう...さらに中華そばは、卓上の辛子味噌で味変を楽しむ…
うん…コクが増した感じになりますね...これはいい…味はもちろんのこと、
歴史も共に味わうことができました。さぁ、お隣に行きましょうか...(*^ー゚)b


新福菜館 本店
(住所)京都市下京区東塩小路向畑町569
(TEL)075-371-7648
(時間)AM7:30 ~ PM10:00〔月、火、木~日〕
(休)水曜日 (P)4台


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年01月25日 22時52分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
2017年01月20日
らーめん専門 和海 (塩╱親鳥鶏油)@尼崎市
170120_1.jpg

昨年の年末の話です。確か2年連続じゃなかったかな…その年の締めに、一番
気に入ってる一杯をいただきたい...ってことで、尼崎にある「和海」さんに
お邪魔しました。もちろんウチからは距離もあるし、店の前には行列も出来て
いるし…ラーメンに興味のない人には「どうしてそこまでして…」って思うで
しょうが…それだけの価値があるんですよね…

170120_2.jpg

この日もかなりの行列だったんですが、待っている間に何を食べようか決めま
しょう…久しぶりに「味噌」を食べようかなぁ…な〜んて考えてたら、店内に
案内される...しかもナイスタイミングでラヲタ席じゃないですか…(笑)

170120_3.jpg

【塩╱親鳥鶏油(800円 + 50円 )】(’16.12.20実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕の注文した「味噌」は却下され(笑)...代わりに運ばれて来たのは…「塩」
の「親鳥鶏油バージョン」ですわ…木下店主がどうしても…と推す一杯です
からね...そりゃあいただきましょうよ…節オイルや煮干オイル等、こちらには
基本の「塩」用の飛び道具があるんですが…今回の親鳥鶏油は、丹波地鶏の
親鳥からとった鶏油だそうで、結構手間がかかっているそうな…ビジュアル的
には、和海自慢の豚バラ、鶏ムネ、鶏モモの三種類のチャーシューを中心に、
メンマ、水菜、くるま麩などが丁寧に盛り付けた、一目で「和海」とわかる
一杯ですね…何か安心してしまいます。(*´ω`*)

170120_4.jpg

僕がここで一番多く注文した一杯が「塩」なんですが…強い日もあれば、優し
い時もあって、毎回微妙に感覚が変わる…それが無添加の難しさであり、楽し
さでもあるんですがね…この日の「塩」は香味油の加減か、いつものバランス
重視より、鶏の旨みが前に出た感じ...ちょっとしたことだけど、結構印象が
変わるんですね…ベースがしっかりしてるから、どのようにチューニングして
も旨いんですよ…たまらん♪たまらん♪

170120_5.jpg

店主さんの話によると、麺のカンスイの量を減らしたそうな...感覚的には差は
感じにくいけど、なめらかでコシもあるし、何より風味がいいですよね…自家
製麺を始めた頃より、かなり進化したように感じます。ここの旨味爆弾の様な
スープに対抗するには、それなりの麺を合わさないとねぇ…(笑)

170120_6.jpg

ラーメン一杯だけだったので「ふわ玉丼(中)500円」をいただくことに…
ここに来たら、これを食べないと始まらんでしょう…でもでも、小、中とある
んだったら…「大」も言えば、作ってくれるんでしょうか...(`・ω・´) キリッ

170120_7.jpg

ふわふわ玉子の食感、そして継ぎ足しの秘伝甘辛タレの味加減♪…全てがパー
フェクトなんですよね…ラーメン屋さんで出している丼の中では、間違いなく
トップクラスだと思います。距離と行列で、僕にとってはかなり敷居の高い
お店だけど、やっぱり通ってしまいますわ!(*^_^*)


らーめん専門 和海
(住所)兵庫県尼崎市武庫川町2丁目19-3
(時間)AM11:30 ~ PM3:30 
(休)日、月曜日 (P)隣にコインPあり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年01月20日 22時47分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・