2018年04月19日
麺屋 爽月(肉カレーうどん)@住之江区
180416_1.jpg

住之江区は粉浜の商店街の中にある「爽月」さん...一ヶ月ほど前に
リニューアルしたということで、本当に気になっていたんですが…
僕は休日に色々と予定が入っておりまして、なかなか時間がとれなか
ったんですよね…でも、ようやく訪問することができました。外観は
あまり変わってないようなんですが…早速中に入ってみましょうか…

180416_2.jpg

何と…壁紙の雰囲気も一新…壁に向かってのローカウンターテーブル
が長くなったり、テーブル席の配置など、色んな所が変わってるじゃ
ないですか…聞けば製麺機や厨房にも、手を加えたみたいですね…
(慣れるまでは、大変だったみたいです…)

180416_3.jpg

一番目を惹いたのはココ…厨房に向かってのハイカウンターテーブル
ですよ...お酒の冷蔵ケースも新調しているし、照明も細かく調整でき
るそうな…どうやら「夜飲み」が出来る様な雰囲気を、演出している
みたいですね…

180416_4.jpg

前回は「とり玉天セット」をいただいたのですが…この日はカレー
うどんを食べようと決めてたんですよ...「肉カレー」と「とり天カレ
ー」…非常に悩むところですが…

180416_5.jpg

【肉カレーうどん(800円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お肉の旨みがカレー出汁に加わることを期待して...「肉カレーうどん
」を選択。如何にもカレーうどんのお手本のようなビジュアルの一杯
が運ばれてくる...たっぷり過ぎるほどの国産牛が、中央で幅を利かせ
てるんですが...嬉し過ぎるけど、サービスしてくれたんでしょうかw
笹切りの葱の色鮮やかな緑や、プチトマトの赤がアクセントになって
いますね…

180416_6.jpg

しっかりとした和出汁が骨格にあり、そこにカレーの旨みが加わる…
使用しているルゥは、やや酸味も感じられ、スパイスもよく効いてま
すね...片栗による粘度は控えめで、カレーの粘度そのものって感じで
しょうか…辛味は程々だけど、旨みが強いので辛さ増しは必要ないか
な...煮込んで肉の旨みが…って感じの肉カレーではないものの、カレ
ーの具材として、お肉が必要不可欠な存在になっています。このカレ
ーつゆは、肉カレーじゃないと出せない旨みじゃないかな…

180416_7.jpg

こちらの麺ですが、パンチのある温かいスープの中でも、存在感が
際立っていますよね...前回いただいた時と比べると、やや細めに仕上
げているんだけど、適度なコシとなめらかな喉越しは、まさに僕の
理想に近い麺ですわ…唇に吸い付く様な、ややエロチックな食感が
クセになりそうです。

180416_8.jpg

基本、お昼は飲まないようにしてるんですけどね...試飲させてくれる
ということで、せっかくだからいただくことに...色々飲ませていただ
いたけど、これが一番印象に残ったかな...山廃純米吟醸、旦(だん)
でしたっけ?すっきりとした味わいなんだけど、後口のクッとくる
感じがいいですね…

180416_9.jpg

さらに「生しょうゆ」もいただきました。どうよ…この艶やかな麺を
見て下さいな...おろし生姜、刻み葱、レモンをキュッと搾って、生醤
油をかけていただきましょう…うどんを味わう上では、これが一番、
麺の旨みがわかる食べ方かもしれませんね…

180416_10.jpg

先ほどの温かい麺とは、印象が変わりますね...鼻に抜ける小麦の香り
というか、純粋に麺の旨みを堪能できます。弾力も強いし、するする
といくらでも食べられる感じ…これはたまりませんな…こちらの店主
さん、うどんに対する考え方も先進的だし、かなりの引き出しも持っ
ていますよね…勉強になりましたわ...ごちそうさまでした。


麺屋 爽月
(住所)大阪府大阪市住之江区粉浜2-11-3
(TEL)06-6606-8092
(時間)AM11:30 ~ PM3:00(L.O. PM2:30)(饂飩) 
    PM5:30 ~ PM9:00(L.O. PM8:30)(蕎麦)
(休)木曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月19日 09時36分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月16日
カップ麺Watch(NO.388)
今回はマルちゃんの大盛カップ...「ごつ盛り」シリーズをピックアッ
プ…スーパーの店頭で、結構安価で手に入るのが嬉しいですね…麺量
「90g」の大盛サイズ…数多くのラインナップの中から、今回は「坦
々麺」と「ちゃんぽん」をレポートしてみたいと思います。

cup388_a.jpg

【マルちゃん ごつ盛り「担々麺」】

まずは「ごつ盛り 坦々麺」から…上ブタをめくると、粉末スープ、か
やく、後入れの液体スープの小袋は3つ…熱湯3分で出来上がりです。
ふむ…ポークベースで白味噌、ねりごま、豆板醤等を使ったオーソド
ックスな担々スープですね…コクは弱めですが、決してバランスは悪
くない…辛さに関しては「辣」主体で構成されているみたいです。
しっかりとラー油の辛みも、前に出ていますよ…麺は密度感のない
細めの縮れ麺を合わせているんですが…「ごつ盛り」というネーミン
グほどは、がっつりと食べた気分にはならない…かやくも鶏ひき肉、
チンゲン菜、ゴマとチープな印象を受ける…実質、店頭で100円前後
で買えることを考えれば、コスパの高さは光るんだけど、もう少し
何か主張する部分があってもいいんじゃないかと…本当に可もなく
不可もなくの、無難な一杯でした。


cup388_b.jpg

【マルちゃん ごつ盛り「ちゃんぽん」】

続いて「ごつ盛り ちゃんぽん」をいただきました。上ブタをめくる
と、小袋が3つ…かやくと後入れの液体、粉末のスープが…美味しく
いただくために、手順通り作りましょう...ふむ...さっぱりした粘度
低めの白湯スープは、海鮮の旨みが効いている…特にあさりの風味が
際立ってますね…もう少し大味な感じを予想してたんだけど、絶妙な
塩分濃度と適度な油分で、実にバランスがいい…胡椒もやや強めで
アクセントになっていると思います。チープさは否めないんだけど、
僕的にはストライクですね...ちゃんぽんらしい密度感の低いフカッと
した太麺も、やさしい魚介豚骨と相性が良い…麺量もあって、食べ応
えも十分です。キャベツ、イカ、かまぼこ、キクラゲとちゃんぽんと
呼ぶにはやや寂しさはあるけど、価格を考えればバランスのとれた
良く出来た一杯だと思いますよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月16日 21時29分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2018年04月12日
天王寺都ホテル《同窓会》@阿倍野区
180409_1.jpg

先日、小学校時代のクラスの同窓会がありまして…日曜日の昼前から
お店を閉めて行って来ましたよ…会場になったのは、天王寺の「都ホ
テル」です。驚異のペースで飲んでいたのと(久しぶりに、ヘベレケ
になりました...)料理の名前がわからないので、写真だけ載せておき
ます。勿論メンバーの写真に関しては、タブーでございます。(・ω・)

180409_2.jpg

僕が今まで生きて来て、学校という思い出の中で、唯一はっきりと
覚えているのが、このクラスなんですよね...まるで「金八先生」を
地で行った様なクラスでした。このクラスじゃなかったら、わざわざ
日曜日に仕事を休んでまで、行くことはなかったと思います。

180409_3.jpg

荒々しかった先生も(笑)今は丸くなられて…そりゃあ、参加してる
我々がこんな年齢ですからね…皆んな、白髪アタマだったり、髪が
薄くなってしまったりと…それぞれの人生の重みを感じましたわ…

180409_4.jpg

一次会は3時間コースで、約一万円ですね…ホテルということで、
料理は豪華とまではいかないものの、そこそこの物が出てましたよ…
味も美味しかったと思います。

180409_5.jpg

特にこのローストビーフが旨かったなぁ…この日は回転式テーブルで
大皿に盛られた料理を、各自が取り分けるシッティング・ビュッフェ
スタイルだったんですが…「俺は痛風だから、イクラは食べれない」
とか、残された料理すべてが、僕に集まることになりまして…スタッ
フの人が大皿を下げる時も…「料理をまとめましょうか?」と残った
料理を僕の皿に盛ってくれる...あのね…俺がそんなに食べる様に見え
たんか?(# ゚Д゚)  そりゃあ、絶対に残すことはないけどさ…

180409_6.jpg

ミニちらし寿司や、なめこ蕎麦もありましたよ…ぜ〜〜んぶ食べたし
アルコールも相当に飲みましたよ…特にワインは何杯飲んだかわかり
ませんわ...(´ε`;;)

180409_7.jpg

デザートは桜の花をあしらったミニケーキ…そしてホットコーヒーを
いただく…この時点で、そこそこ酔ってたんですけど…かなり呂律が
回ってなかったし…この後、集合写真を撮ったりして…無事に同窓会
の一次会は終了ですわ...

180409_8.jpg

二次会はエレベーターで、17階にある「エトワール」に移動…ご覧の
景色でございます。この時すでに睡魔に襲われておりました…(^_^;;
皆んな童心に返って、馬鹿なことを言ってましたが...このメンバーだ
から、許されるって感じでしょうか…

180409_9.jpg

飲み物は確かに豊富だけど…アテはこの乾き物のみ…これで3千円
っていうのは、ちと高く感じるけど…接客はしっかりとしているし、
こんなモンやろね…この後、三次会に向かった人も沢山いたみたい
ですが、お店の掃除や集計の終わってない僕は、ここで断念…これ以
上飲んでたら、ちょっとヤバかったと思いますわ…(かなり弱くなり
ました。)でも、本当に楽しかったですね…次は何年後になるかわか
らないけど、ずっと続けばいいなぁ…と思います。ま、僕の場合は
次回から「二次会以降」の参加になると思いますが...


天王寺都ホテル
(住所)大阪市阿倍野区松崎町1-2-8
(TEL)06-6628-3200
(P)15台


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月12日 10時59分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月06日
優心(シビカラ麻婆うどん)@東住吉区
180405_1.jpg

先日まで開催されていた「愛の肉食麻婆ラリー」で、うどん屋として
参加していた杭全の「優心」さん…開催中は、何度もリピートされる
お客さんもいて、終了してからもメニューに残して欲しいという声が
少なくなかったそうな…そこで更に麻婆豆腐を勉強し、気付いた問題
点を改良し、より完成度の高いメニューが出来上がったというので、
確かめに行って来ましたよ...あの荒削りながらも、意欲的だった「愛
のサラマンボウ」がどのように改良されたのか、非常に楽しみです。

180405_2.jpg

注文を済ませたら、まずは優心自慢のお惣菜やサラダをいただきまし
ょう…食事の最初に野菜をいただくと、食物繊維の働きで、血糖値の
上昇が緩やかになるんですよね…メインの料理が美味しくいただける
ワケですよ…大根と人参のなますに、ブロッコリーの昆布あえ、サラ
ダには味噌マヨネーズをかけていただきましょう...(*^ω^*)

180405_3.jpg

【シビカラ麻婆うどん(1,180円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来ました〜。この度、限定ではなくレギュラーで登場した「シビカラ
麻婆うどん」です。大原店主自身もラリーには参加しており、様々な
お店で麻婆豆腐を食べることにより、かなり刺激を受けたみたいです
ね...あれから更なる改良を重ねて、登場させたという今回の一杯…
「黒」と「赤」二種類の麻婆ではなく、完全に一色にチューニングし
ての提供ですわ…自慢の麺の上に、自家製豆腐のブロックをのせて
上からたっぷりと麻婆餡をかけています。表面には香りの強い「朝倉
山椒」やピンクペッパーを散らして、最後に特製辣油をまわしかけて
いる…中央の三つ葉の緑が、いいアクセントになってますね…

180405_4.jpg

おお…前にも増して、パンチの効いた麻婆ですね...「シビカラ麻婆」
の名に恥じない、ビリビリと痺れの強い味わい…数字で表したら、
麻2:辣1ぐらいの割合でしょうか...辛味の強い中国山椒と、香りの
強い日本山椒など、シビ辛好きにはたまらないと思いますよ…中央の
豆腐を崩して攪拌させると、まろやかさが広がります。辣油の辛味や
風味もいい具合に作用していて、これはかなり旨いじゃないですか…
ラリーの時よりも、厚みが増した気がします。単にうどんの上に麻婆
をかけただけでなく、うどん用にかけだしとチューニングされた味わ
いですね...

180405_5.jpg

前回の「揚げ麺→茹で麺→ご飯」の流れは、ボリューム的にキツかっ
たという声が多かったので、ここは基本の茹で麺で勝負です。自慢の
全粒粉入り平打ちうどんでして…僕は300gでお願いしました。いつも
の如く、500gまで増量可能ということで...食べ方によっては前回より
ボリュームが大きくなる可能性も…自家製麺に麻婆餡が絡む絡む…
粗挽きやホールなどの花椒を噛んだ際に、口の中にパァ〜ンと広がる
シビレ爆弾がたまりませんわ...この辛さに関しては「麻」も「辣」も
細かく調整してくれるみたいですよ…

180405_6.jpg

麺を食べきった後は、〆ご飯の登場ですよ…「麻婆丼」も楽しめない
と話にならんでしょう…丼にドボンと投入して、最後の一滴まで味わ
うことに…たっぷりのミンチ肉や豆腐、麻婆餡が絡んで旨いの何の♪
やはり麻婆と合わせた和出汁が、麺やご飯との相性を良くしているん
でしょうね...前回よりバランスも良くなったし、ボリュームも十分に
満足できるものでした。この内容で「1,180円」は、確実にバリュー
価格だと思いますよ…サラダバーもついてますしね...

180405_7.jpg

食後はデザートのパンナコッタを、キャラメルソースでいただく…
(お代わりしたのはヒミツですw)今回の「シビカラ麻婆うどん」
ですが、裏メニューではありませんので、これからもずっと多くの人
に味わってもらうことが出来そうですね…今年は古いメニューを一新
して、更なるレベルアップと新作を、続々登場させるみたいですよ…
これは楽しみじゃないですか...


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木、金曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔土、日、祝〕
(休)火曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月06日 22時55分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年04月04日
カップ麺Watch(NO.387)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は言わずと知れた超人気店の、タテ型店カップをピックア
ップ...明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」と、エースコック「ラーメン家
みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメン」...早速いただいてみることに
しましょう...

cup387_a.jpg

【明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」】

まずは明星「とみ田 鶏白湯煮干そば」から...有名な「とみ田 」さん
なんですが、お店でいただいたことはなく、今回もこのカップのみの
評価となります。熱湯5分で、上ブタに貼り付いていた調味油を入れ
れば出来上がり...おお…強烈な煮干ですね…若干のエグミを感じさせ
る程、攻撃的なスープです。ベースとなる鶏白湯もボディがしっかり
しているので、強いながらもバランスはとれていますよ...当然塩分濃
度は高めになるんですが、この厚みのあるスープでピンボケ気味に
仕上げるよりは、ずっといいと思います。幅広の平打ち麺を合わせて
いるんですが、熱湯5分はやや長めかな...スープのりのいい強めのヌー
ドル麺って感じですね...この柔らかめの食感も、僕は嫌いじゃない…
かやくは鶏のほぐし身とメンマ、ネギ…鶏肉はしっとりと柔らかくて
美味しかったですね…本当にレベルが高くて、店カップとしても十分
な内容だと思います。きっとお店で食べれば、さらに感動するんで
しょうね...


cup387_b.jpg

【エースコック「ラーメン家 みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメン」】

続いてエースコック「ラーメン家 みつ葉 豚トンCHIKIしょうゆラーメ
ン」です。「あっぱれ屋」で修行して、奈良の富雄で独立…今や押し
も押されぬ名店となった「みつ葉」…奈良ということで行けない距離
ではないんですが、実は未訪なんですよね…お店で食べてないとはい
え、僕の頭に浮かぶのが、師匠である「あっぱれ屋」さんの「こくま
ろしょうゆラーメン」…基本的な路線は変わらないと思うので、それ
を頭に入れて、いただいてみることにしましょう…上ブタに貼り付い
た調味油の他に、中にも後入れの粉末スープがある…この粉末を最後
に入れるのが、どうやらカギになりそうですね…熱湯5分でいただい
てみましょう...おお…なかなかの泡立ちじゃないですか…師匠のお店
もエスプーマしてるのですが、カップ麺でも泡系は一時期流行りまし
たからね…でもやはりと言うか、かなり薄っぺらい印象で、お店で
出しているのとは全くの別物だと思います。ポークベースでピンボケ
気味かと思えば、醤油の主張もちゃんとしており、味の輪郭は残して
いる。これが店カップでなければ、何の問題もないんですけどね…
多加水の平麺を合わせているんですが、熱湯5分では足りないように
感じました。これまた全く別物なんでしょうね…かやくはまあるい
焼豚にネギ、メンマ…価格を考えればこんなものでしょう…キレで
食わせるカエシ主体のラーメンの再現はしやすいワケで…この旨味
たっぷりの一杯を再現するのは、至難の技だと思いますけどね…ま、
コストであるとか、色んな問題があるんでしょうが…


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月04日 23時06分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2018年04月03日
ジャポダイニング (黒毛和牛のカルボナーラ対決!)@堺市
180330_1.jpg

前回...「カルボナーラ対決!」ということで、二種類のカルボナーラ
を食べ比べしたワケですが…ナント、さらにパワーUPしたカルボナ
ーラ対決が味わえるということで、自家製生パスタやニョッキの専門
店...「ジャポダイニング(Japo Dining)」さんに、またまたお邪魔し
ました。JR阪和線の堺市駅から歩いてスグにある人気店ですわ…この
日も結構、賑わってましたよ...

180330_2.jpg

今回のはFacebookの「大阪グルメ探検部」との、スペシャルコラボ
企画になるみたいですね...「黒毛和牛のカルボナーラ ショート vs ロ
ングの戦い」ですよ…この日は寺田部長と初顔合わせだったんですが
なかなかの好青年じゃないですか…関西の「食」を愛し「店」を愛す
る同志ですからね…話が盛り上がらないワケがありません…せっかく
だから、色々頼んでシェアしていただきましょう…

180330_3.jpg

店主さんのおまかせで、色んな料理を出していただきました。まずは
生ハムたっぷりのオードブルですね…生ハムのクリームチーズ包みと
生ハムのアボガド巻き…こちらの生ハムは本当に美味しいんですよ…
しっとりとお肉の旨みが凝縮された感じ...ちょうどいい塩梅なんです
よね…こんなのいただいたら、アルコールが欲しくなる...(^_^;;

180330_4.jpg

なんか...オサレなのが運ばれてきましたよ…海鮮の旨みたっぷりの
シーフードカクテルですね...今で言うところの「インスタ映え」する
一品なんですが、ますますアルコールが欲しくなるじゃないですか…

180330_5.jpg

トロサーモンユッケは卵の黄身を潰して、絡めていただきましょう…
まったりとした旨みがいいですねぇ…このサーモンも脂がのって美味
しいですよ…シーフードカクテルも具沢山で、それぞれの食感の違い
を楽しむ…生タコも旨いなぁ…

180330_6.jpg

沢山で来てると、色んな料理をシェアできるのがいいですね…クリー
ムチーズとの相性は勿論、クリーミィで甘みのあるアボガドと生ハム
の塩気がこんなに合うとは...新鮮なサーモン、生タコなどの海鮮に
チーズやコーン、トマト、ネギなどを絡めてねっとりといただくと…

180330_7.jpg

こればっかりは、どうしようもないですね…車で来ていた隣の大食い
ねえさんには申し訳ないですが、アルコールをいただきましょう…
えっ?部長...昼から飲んで、大丈夫?(笑)しかし…こちらのスパー
クリングワインも美味しいですね...ゆっくりと飲みに来たいなぁ…

180330_8.jpg

巨大なアボカドの天ぷら…これが一番感動したかも…肉厚で濃厚な
アボガドの天ぷらを、葉わさび漬けや醤油マヨでいただく…アボガド
を天ぷらでいただいたのが初めてだったので、あまりの旨さにビック
リしてしまいました。

180330_9.jpg

【黒毛和牛のカルボナーラ・ショート】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と...いうことで、今回のメインイベントですよ…本格カルボナーラの
ショート麺とロング麺の食べ比べですね...まずは前回僕が感動した
「ショート」から…ベースになるのは、クリームを使用しない本場仕
様の「極カルボナーラ」ですね...「リガトーニ」という、極太のマカ
ロニのようなショートパスタを使用しているのですが、前回から少し
仕様を変えたみたいで、さらに存在感が増していますね…モチモチッ
とした食感と粘りが、病みつきになりますよ...底にたまっている、た
っぷりのチーズと卵黄を合わせた濃厚ソースを絡めていただきます。
あ…そうそう、卵も変更したみたいですね...やっぱコレ、最強です♪

180330_10.jpg

【黒毛和牛のカルボナーラ・ロング】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お次はロングですね...ベースになるのは、こちらでは定番となってい
る「黄金カルボナーラ」です。こちらは大盛りでお願いしました。
一般的に如何にもカルボナーラって感じの一杯なんですが、この美し
いビジュアルも、底からかき混ぜるので潰れてしまうんですよね…
ちょっと勿体無いけど、新潟県は川瀬養鶏場の色鮮やかな卵の黄身を
潰して、しっかりと混ぜていただく…超濃厚で旨みたっぷりですよ…
乾麺とは明らかに異なる、生麺の良さを前面に押し出した一杯です。

180330_11.jpg

前回のパンチェッタ(豚バラ燻製)の塩気の強さに対して、今回は
黒毛和牛を使用しているので、丸い味わいになった感じ…メリハリは
弱くなった分、旨みは増している…どちらも粗めに挽いたブラックペ
ッパーが合うんですよね…今回の主役の黒毛和牛ですが、かなりいい
お肉なんでしょう...やわらかくて脂の甘みもある…本当に贅沢な一杯
をいただきましたよ…

180330_12.jpg

食後は「バナナスムージー」をいただく…こちらのスムージーは究極
ですよね…前回は夏限定の巨峰をいただいて...「きょほぉ〜〜!!」
と叫んでしまったのですが…( ̄△ ̄;) 今回も旨いわぁ…

「黒毛和牛のカルボナーラ ショート vs ロングの戦い」ですが、ショ
ートかロングの黒毛和牛のカルボナーラに、スムージーかスパークリ
ングワインがついて「1,480円」は絶対にお得ですよ…4/15(日)迄
の提供ということで、未食の方はお急ぎください…

180330_13.jpg

【ウインナーとお餅のトマトチーズ】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えっと…ねえさん、まだ食べるんですかい?しかも大盛り?(^_^;;
「ウインナーとお餅のトマトチーズ」ということで、中にお餅が入っ
たヘビーな一杯ですわ...トマトの果肉たっぷりで、ニンニクをほんの
り効かせた濃厚な味わい…これにチーズとお餅が加わるんだから…
僕と寺田部長は味見程度に、残りは全ておねえさんが…手を出したら
「ガルルルゥ」と威嚇する…(笑)

180330_14.jpg

ぬっちゃ〜〜〜w 何とも重量感のあるビジュアルだと思いません?
やや硬めに茹でられた平パスタなんですが、コシもしっかりしていて
強いソースにも負けずに絡んでくる…ここで生パスタをいただくと、
パスタの中華麺との境目がわからなくなるんですよね...ってことは、
中華麺で出来ることは、生パスタでも全て使えるんじゃないかと…
あ〜〜んなことや、こ〜〜んなこと…非常に楽しみですよね…店主さ
んも勉強熱心だし、これからさらなる進化が期待できそうです。
いやぁ…お腹パンパン!大満足ですわ。(*´ω`*)


ジャポダイニング(Japo Dining)
(住所)大阪府堺市堺区東雲西町1-8-67
(TEL)072-227-7200
(時間)AM11:00 ~ PM2:30〔ランチ〕
    PM5:00 ~ PM9:00〔ディナー〕
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年04月03日 13時42分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2018年03月29日
麺や 清流(ホルモンまぜそば)@東大阪市
180327_1.jpg

近大前の「麺や 清流」さんに、あまり期間を開けずに再訪ですわ…
前回は清湯と白湯 、二種類のデフォをいただいたのですが...「まぜそ
ば」だけがまだ準備中ということで、ずっと気になっておりました。
この前訪問した際は、些か殺風景に見えた外装なんですが、提灯や
ノボリ...さらには写真入りの立て看板等、ようやく賑やかな感じに
なりましたね…同ブース内のカレー屋さん(リンリン)も営業が始ま
ったみたいだし、相乗効果で活気が出るといいですね…

180327_2.jpg

食券機のボタンを見ても、新たに「ホルモンまぜそば」が加わったの
がわかります。ふむふむ…麺量とニンニクの有無が選べるみたいです
ね…あと、ミニライスが付いてるみたいですわ…

180327_3.jpg

店内のPOPに「ニラ」の無料トッピングのことが書いてあったので、
店員さんに聞いてみると、何とカウンターの反対側に、ニラ置き場が
用意されているじゃないですか…(全然気付かなかったです)自由に
お取り下さいってことですね…

180327_4.jpg

【ホルモンまぜそば(800円)】(’18.3.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

念願の「ホルモンまぜそば」が着丼ですわ…麺量は300g、ニンニクは
アリでお願いしました。何とも肉々しいビジュアルじゃないですか…
主役のホルモン以外にも、旨辛の肉味噌や刻みチャーシューがどっさ
りのって、刻みネギや刻みタマネギも彩りを添えている…こりゃあ
美味しそうだ...まぜそば好きには、たまらない絵だと思います。

180327_5.jpg

ミニライスと自慢のニラですわ…ニラは辛味と旨みたっぷりの「ニラ
キムチ」ですね…粗めの唐辛子や擦り下ろしたニンニク、生姜の旨み
が利いてます。食欲増進の薬味でして、これだけをつまんでも十分に
アテになりますよ…これは後で登場してもらうことにしましょう…

180327_6.jpg

主役のホルモンは、甘辛く煮込んだシマチョウですね…脂の甘みと
歯応えがたまりません…噛めば噛むほど味が出るって感じで、まぜそ
ばだけでなく幅広く使えそうですね...ニラキムチとの相性も良さそう
ですよ…これを底から一気にかき混ぜましょう…

180327_7.jpg

おお...特製ダレの芳ばしい香りと、茹で麺の香りが合わさって…何と
も食欲を掻き立てるじゃないですか...ホルモンを漬け込んだタレは
もっと塩気の強いものを予想してたんですが、意外にまろやかな口当
たりに驚く。でもこれぐらいがちょうどいいんじゃないかな…行列店
の汁無しは、カドが立ち気味なものが多いですからね…肉味噌の甘辛
さや刻みチャーシューの旨みも、上手く全体と調和している。また…
タマネギがいい仕事をしてるんですよ...シャリッとした食感と辛味が
いいアクセントとなっている。

180327_8.jpg

見慣れた麺ですが、ミネヤの万能麺ですね…なめらかでコシも強いし
本当にいい麺ですよ…しかし、4月までに製麺機導入で自家製麺に
変わるみたいなので(もう変わっているのかな?)また印象が変わる
と思います。また食べに来ないと…

180327_9.jpg

味変で先ほどのニラキムチを投入する…風味もコクも一段と上がりま
すね…これはクセになりますわ…さらには卓上に鷹の爪と一味がある
んですが、同じカプサイシン系でも、今回のまぜそばには一味唐辛子
の方が、ベストマッチだと思います。全体的に引き締まって、輪郭が
際立つ感じ…こりゃあ旨い…

180327_10.jpg

具材を少し残るようにして麺を平らげると、残ったタレにミニライス
をぶち込む…追加でニラキムチを投入したり、自分好みのまぜご飯に
カスタマイズする…麺も旨いけど、やっぱりコメは最強ですね…麺量
が300gということで、結構ナメてたんですが…ガッツリ感もあります
よ…これは学生達に人気が出るでしょうね…自家製麺に変わったら、
再度いただきたいと思ってます。


麺や 清流
(住所)大阪府東大阪市小若江1-4-3
(TEL)06-6726-1123
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年03月29日 21時15分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・