2017年11月21日
ゴールド ファラフェル(サンド)@東住吉区
171118_1.jpg

皆さんは「ファラフェル」ってご存知でしょうか?

ひよこ豆に新鮮な野菜とハーブ、スパイスを混ぜ合わせ、素揚げした
エジプト発祥の食べ物でして…大阪では、あまり耳にしないのですが
実はですね…僕の自宅から、徒歩2分ぐらいの所に出来たお店…
「GOLD FALAFEL(ゴールド ファラフェル)」さん…大阪ではここ
しかない「ファラフェル」の専門店だそうです。

近所ということもあって、ずっと気にはなっていたのですが…開店当
初は、僕と定休日がモロ被りだったんですよ…それが今年の5月より
定休日が変わりまして…晴れて月曜日に伺うことができました。
可愛いお店でしょ?スフィンクスのマークがたまらん…(笑)

171118_2.jpg

メインはテイクアウトになるんでしょうか…店内は壁に沿ってのカウ
ンター5席と、実にこじんまりとした感じ…女性一人で切り盛りされ
ていました。椅子にも例のスフィンクスのマークが施されている…

171118_3.jpg

お店の前には桑津東公園があり、川を挟んで反対側には、僕が休日に
カットに行っている、介護老人保険施設の「桑の実」がある...はい…
思いっきり住宅街でして、お世辞にも商売に適した立地条件ではない
んですよね…車の交通量が多いワケでなく、駅からも微妙に遠い…
(最寄駅は、JR大和路線 東部市場前駅になります。)でもね…何と
もほのぼのした所なんですよ…奥さんもこの場所が好きで、オープン
されたそうです。

171118_4.jpg

「ファラフェル」自体、全く初耳のワタシ...言ってみれば、中東の
コロッケみたいなものなんでしょうか…主役のファラフェルと野菜を
トルティーヤで包んだ「ロール」…同様にピタパンで挟んだ「サンド」
そして、大きなお皿にジャスミンライスを添えて盛り付けた「プレー
ト」と、主には三種類になるのかな?プレート以外はテイクアウト
できるみたいですね…

171118_5.jpg

こちらがテイクアウトになるのかな...ファラフェル単体でも買えるみ
たいですね…ソースも何種類かあって、選べる様になってます。あと
揚げたてのポテトチップやトルティーヤチップス、ドーナツ等のデザ
ート類とドリンクになるのかな…さて、何を注文しましょうか…

171118_6.jpg

【サンド(880円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悩んだ挙句、たっぷりの具材をパンで挟んだ「サンド」をいただきま
した。この日はアボガドを切らしていたみたいで…「代わりに他の
野菜をたっぷり盛り付けておきます。」とのこと...運ばれてきたのは
ご覧の通り可愛くデコレーションされたもので、この丸く茶色いのが
ファラフェルになるんですね...ひよこ豆、玉ねぎ、ニンニク、生パセ
リ、そしてツナギは小麦粉を使っているみたいです。ハープやスパイ
スを混ぜ合わせて、カラッと素揚げしています。肉を使わないヘルシ
ーなファーストフードということで、海外では人気があるそうな…

171118_7.jpg

この木製のサンド立てが、何ともオサレじゃないですか...注文の際に
ソースを選ぶのですが、お店の人にお任せすることに…今回はタヒニ
(フレッシュなパセリ、ミントを使った練りゴマベースのソース)と
オーロラ(オーガニックケチャップと豆乳マヨネーズを使ったソース)
のミックスで、ハラペーニョやパクチーもプラスしてもらいました。
それほど強いクセも感じないし、抵抗なくいただけると思います。

171118_8.jpg

日本のコロッケと比べると、表面はカリッとして中の弾力が半端ない
ですね…ギュッと中身が詰まった感じと言うか…この独特な食感は、
茹でたひよこ豆ではなく、そのままを潰して混ぜ込むことにより生ま
れたものらしい…非常に栄養が高く、腹持ちもいいのが特徴ですね…
たっぷりの野菜を同時にとれるのも嬉しいところ…専用のピタバンを
仕入れているそうで、熱を入れてフワフワの状態で、たっぷりの具材
を挟み込んでいます。これ…見た目以上にボリュームがありますよ…
ベジタリアンにはたまらない一品じゃないでしょうか…

無農薬・減農薬にこだわった食材を使い、ソースも試行錯誤を繰り
返して、より安心、安全な物を提供できる様に頑張っておられます。
全て植物性のみで調理しているので、アレルギーのお子様にもいいん
じゃないでしょうか…あと、店内は現代アートの「田口 行弘」さんの
作品を飾っており、食事をしながらギャラリーとして、楽しめる様に
なっています。非常にこだわったお店でしたわ…皆様も是非♪

171118_9.jpg

GOLD FALAFEL(ゴールド ファラフェル)
(住所)大阪市東住吉区桑津4-12-32
(TEL)090-4277-9315
(時間)AM11:00 ~ PM6:00 
    AM11:00 ~ PM10:00(L.O. PM9:30)
(休)火、水曜日(不定期) (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月21日 21時40分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年11月17日
カップ麺Watch(NO.370)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…レベルの高いノンフライ麺をウリにしている、ニュータッチの
凄麺シリーズ…日本全国のご当地ラーメンを再現しているのですが…
今回は「和歌山 中華そば」と「京都 背脂醤油味」をピックアップ…
早速いただいてみましょうか...

cup370_a.jpg

【 ニュータッチ 凄麺「和歌山 中華そば」】

まずは「和歌山 中華そば」から…この凄麺シリーズは、何度もいただ
いているんですが...「和歌山 中華そば」は初めてじゃないですかね…
ご当地ラーメンの中でも、全国区の知名度だと思うんですが…上ブタ
をめくると小袋は3つ…かやくと液体、粉末の後入れスープが…熱湯
3分で出来上がりです。スープをかき混ぜてる時も、醤油の芳ばしい
香りが...紅白逆転した色鮮やかなナルトが目を引きます。ふむ…一般
的に和歌山中華そばを商品化する時は、「井出系」のものが多いので
すが、こちらは少し「車庫前系」に寄せた仕上がりですね…(単に
ボディが弱いだけなのか)「醤油>豚骨」で若干の尖りも感じるけど
後口の独特な甘みであるとか、和歌山中華そばらしさはよく表現でき
ていると思います。ま、和歌山の中華そばの知名度を上げたのは「井
出系」なんですが、元々の出所は同じですから…井出系と呼ばれる
お店でも、その日のコンディションによっては、車庫前系に近い日も
あるワケで…その味的なムラも、和歌山中華そばを楽しむ要素になっ
ているんですよね…しかしこのパツっとした低加水の極細ノンフライ
麺は面白いですよ...何で和歌山系に極細麺?...って思ったけど、この
弾力の強さ歯切れは凄いです。(意外に合っているので驚きました)
一般的な和歌山中華そばのカップとは違うけど、よく出来ていると
思いますよ...


cup370_b.jpg

【ニュータッチ 凄麺「京都 背脂醤油味」】

続いて「京都 背脂醤油味」です。これは過去に何度かいただいている
安定の京都背脂中華そばですね…上ブタをめくると小袋は3つ…先入
れのかやく(チャーシュー、メンマ)と後入れの液体スープ、かやく
(九条種ねぎ)が入っており、熱湯5分で出来上がりです。うん…
醤油のカドのとれた、まったりやさしいスープですね…豚骨ベースで
数種の醤油を合わせているんですが、濃厚な背脂のおかげで、後口に
甘みも感じます。系統で言うと「ますたに」や「ほそかわ」系になる
のかな…背脂チャッチャとまではいかないけど、しっかりと背脂の
存在を感じられます。このスープにはカプサイシン系の薬味が合うん
ですよね...最初から入ってたみたいだけど、途中で一味唐辛子を多め
に投入してみる…キリッと引き締って、旨くなりますよ…モチモチの
多加水麺を合わせているんですが、経時劣化の少ない良く出来た麺
ですね…スープとの相性もいいと思います。大量のネギがまた、いい
仕事してますわ…食感までは無理だけど、風味に関しては京都 背脂
醤油ラーメンを引き立てるのに、一役かっていると思います。ヤマダ
イさんの凄麺シリーズ...派手さこそないものの、本当によく頑張って
いると思いますよ...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月17日 23時00分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
2017年11月16日
キッチン・レジェ(グリルチキン・サワラのムニエル)@住吉区
171116_1.jpg

ブログ仲間のベンツ君が、通い詰めているお店ということで、前から
気になっていたお店...あびこの「キッチン・レジェ」さんに行こうと
スマホで検索していると...おろっ、ウチの古いお客さんがやっている
歯科医院の並びじゃないですか...あびこ筋はよく走っているものの、
中の道には入ったことはないんですよね...あびこ筋沿いのパーキング
に車を駐めて、お店に向かって歩いてると...気になる店がいくつか
ありました。この辺りは後日、改めて攻めてみたいと思います。

そうこう言ってるうちに「キッチン・レジェ」さんに到着…赤いテン
トに赤いドア...看板も赤を基調にした可愛らしいお店…全く下調べを
してなかったんだけど、何を食べればいいんだろ…

171116_2.jpg

これは日替わりになるんですかね…この後、連食の予定もあるので
お得なランチを軽〜くいただきましょうか…(*^_^*)

171116_3.jpg

こちらがランチメニューになるんですね...日替わりの内容に関しては
先程の表の黒板や、店内のホワイトボードに記載しているそうです。
日替わりにするか、自家製ハンバーグにするか...迷いますね…
ちなみに店内のBGMは「押尾コータロー」が流れてました♪(*´ω`*)

171116_4.jpg

白い壁に木目…そこに椅子やテーブルの赤が映えますね…こちらは
店主さん一人で切り盛りされているんでしょうか…気さくで物腰の
柔らかい店主さんなんですが…フレンチ一筋でかなりのキャリアが
あるみたいですね...敷居が高いフレンチを(下町洋食のレベルでは
なく)気軽に入れるお店にしたい…と考えておられるみたいです。

171116_5.jpg

この日のスープは、カボチャのクリームスープになるのかな…クリー
ミィでほのかな甘みがいいですね…体がほっこりと温まります。

171116_6.jpg

【グリルチキン・サワラのムニエル〈日替わり〉(850円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悩んだ挙句、本日の日替わりセットをいただくことに...パンかライス
を選べるのですが、日本人なら「コメ」を食わないとねぇ…(笑)
この日のメニューは、グリルチキンとサワラのムニエルだそうです。
モチロン、サラダも付いてますよ。

171116_7.jpg

「サワラのムニエル」なんですが、やわらかいサワラの身にエノキの
クリームソースがかかっている…しっとりと美味しいですね...

171116_8.jpg

「グリルチキン」には自家製のデミソースを絡めているんですが、
ジューシィな鶏もも肉に香ばしく焼き目を付けています。魚と肉の
メインの料理ともに言えることですが、下味は濃くすることなく、
さっぱりといただけるように工夫されていますね...優しい味わいだか
らこそ、素材の味が際立つというか…幅広い層に支持されそうな味付
けだと思います。次回は「ビーフシチュー」でも狙ってみようかな...

171116_9.jpg

キッチン・レジェ
(住所)大阪市住吉区苅田3-13-22 フローラルハイツ
(TEL)06-6608-7708
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM9:30(平日)
(休)水曜日(不定休あり) (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月16日 22時56分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
2017年11月15日
新作のボード絵「食戟のソーマ」
171115.jpg

またまた久しぶりのボード絵になりました。多分、これが今年最後の
ボード絵になるんじゃないかと…今回は週刊少年ジャンプに掲載され
ている...「食戟のソーマ」を描きました。テーマは料理になるんです
が…常に料理の対決シーンが出てくるワケですわ…我々のような、食
に興味があり、食べ歩きをしている人間にとっては、色んな部分で
疑問に感じることがあるのですが...本職の人にしてみれば、さらに強
く感じる部分は多いと思います。まぁ...漫画ですからね…

この漫画…登場人物が料理を食べた際のリアクションが面白くて…
どことなく昔、少年サンデーで掲載されていた「焼きたて!ジャぱん
」に近い部分がありますね...絵のタッチは綺麗だし、特に女の子が
可愛いんですよ...「薙切えりな」を描きたかったんですが、頭をハゲ
させるのは可哀想なのでやめました。(笑)今回もいつもの如く、
無理矢理ハゲネタに持って行ったんですが...ちょっと強引すぎたか...

小学生は…う〜ん…リアクションが薄かったかな...知っている子が
少なかったような…確かアニメ化もされたんですよね…やはり次回は
媚びを売るわけじゃないけど...「ONE PIECE」でも描こうかな...


□■ボード絵■□

http://hashidamen.web.fc2.com/hobby/h_board.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月15日 22時45分 | 記事へ | ボード絵 | Comment:0 Trackback:0
2017年11月14日
カップ麺Watch(NO.369)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…いつものお手軽感あふれるカップヌードルの豪華版…今では
定番になりつつあるんですが…今回は「無臭にんにく卵黄牛テール
スープ味」と「贅沢とろみフカヒレスープ味」を取り上げてみたいと
思います。何でもカップヌードル史上、最高級の贅沢スープだそうで
楽しみじゃないですか...

cup369_a.jpg

【 日清 カップヌードルリッチ「無臭にんにく卵黄牛テール
スープ味」】

まずは「無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」から…このシリーズは
二度目になるんですが、前回の「スッポン」からバトンを受けて登場
したのが、今回の「牛テール」になるワケです。まぁ…フカヒレや
スッポン...さらには牛テールと、とてもラーメンの食材としては縁遠
く(決して無いワケではないけど...)ましてやカップ麺として登場す
るなんてねぇ…(笑)そこは王者、日清さん…前回は感動するぐらい
高いレベルで作り上げて来たワケですよ…今回も期待してもいいと
思います。熱湯3分で仕上げの「無臭にんにく卵黄ペースト」を入れ
れば出来上がり..うンまっ!スゴいなぁ〜コレ。カップ麺のスープの
域を超えてますよ…牛テールや牛骨をじっくり煮込んだ牛骨スープに
無臭熟成黒にんにく卵黄ペーストが加わる…しっかりと厚みがあって
キレよりも旨みで食わせるスープですね…もう牛骨の旨味が半端ない
です。いつものヌードル麺は、今回完全に引き立て役ながら、やはり
この麺じゃないとダメなんだろうなぁ…と思います。極力主張せず、
スープと同化して上がってくる。量は仕方ないけど、しっかりと旨味
のある牛肉に、コリコリのキクラゲ、ネギ、レッドベルペパーとかや
くもそれなりに主張してました。一般のカップヌードルと比べると、
高めの値段設定となりますが、このリッチ感!十分に価値はあると
思いますよ...


cup369_b.jpg

【日清 カップヌードルリッチ「贅沢とろみフカヒレスープ味」】

続いて「贅沢とろみフカヒレスープ味」です。これをいただくのは
2回目になるんですが、前回は本当に感動しましたからね…熱湯3分で
仕上げの贅沢香味油を入れれば出来上がりです。これはイカンです。
これまた旨すぎですわ…チキンとポークをベースに、濃厚オイスター
ソースを加えて仕上げたトロトロの中華風スープ…「コラーゲン
1000mg配合」というのが実感できる程、超粘度のスープです。この
シリーズに共通して言えることだけど、まさに「旨みで食わせるスー
プ」なんですよね…カキの旨み、シイタケの風味が強く…フカヒレ風
加工品、チンゲン菜、キクラゲ、玉子、クコの実などの食感の異なる
かやくが絡まることにより、本当にお店でフカヒレをいただいている
ような気分になる…特にいつものヌードル麺がトロミと同化して、フ
カヒレの姿煮的にズルッ、トロンと入ってくるんですよね…これは
面白いなぁ…所謂、麺的な役割よりも、スープと同化するための食材
になっているんですよ...前回から連続登板してるのを見てもわかる様
に、本当にスバ抜けて完成度の高い一杯だと思います。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月14日 22時30分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
2017年11月13日
中国料理 好天(麻婆丼・葱汁そば)@堺市
171109_1.jpg

地元ではかなりの人気店で、連日大盛況の「中国料理 好天」さん…
前回、JoJo氏に紹介してもらいまして...「葱汁そば」の旨さに感動
したんですよね…その彼が、強く推すメニューがありまして…僕も
ずっと気になってたんですよ…今回は勿論、それ狙いでございます。
とても中華料理ぼく見えない、カフェのような店構えなんですが…
早速中に入ってみましょうか…

171109_2.jpg

ふふふ…あるある。単品で注文しましょうか…さらに「辛めでお願い
します。」と言ってみる…どんなのが来るか楽しみですね…ジャスミ
ンティーをいただきながら、待っていますと...来ましたよ♪

171109_3.jpg

【麻婆丼(600円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうなんです。今回の目的は「麻婆丼」ですわ...器の色の加減もある
と思うけど、全体的に黒っぽくギラギラした感じ…辛めを注文すると
「麻」が追加されるみたいですね…表面にたっぷりと花椒がふりかけ
てある…まさにシビ辛バラダイスですわ...熱々らしく、湯気の上がり
方が半端ない…

171109_4.jpg

ああ…これは旨すぎる…ベースは鶏ガラになるのかな...くずした豆腐
と挽肉が、絶妙なトロミと相まって、ご飯との相性は抜群…豆板醤も
効いているけど、やはりメインになるのは花椒の痺れるような辛さの
「麻味」になりますね...ナンチャッテではなくて、本当にビリビリと
期待以上の仕上りでした。

171109_5.jpg

【好天風葱汁そば(600円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あの味が忘れられなくて…単品で「好天風葱汁そば」を頼んでしまい
ました。見るからにあっさりしてそうな清湯スープの上に、うっすら
油を浮かべており、チャーシューと細長く切った葱を盛り付けたシン
プルなビジュアル…中には旨味が凝縮した様なチャーシューが隠れて
いる。このスープは激熱なので、要注意ですよ…

171109_6.jpg

食べればビックリ...鶏ガラのあっさりしたスープの上にかけられた、
超激アツのピーナッツオイルが、葱の香ばしさやコクを引き出してい
る...実は想像以上に濃厚な味わいなんですよ…多加水のタマゴ麺が
旨みを纏って上がってくる。所謂、流行りのラーメン店とは趣きは
違うけど、これはこれでアリでしょう...(*´ω`*) 麻婆丼と葱汁そば…
いずれもレベルが高すぎて、中毒性がありますわ…次回は「柔らか
酢豚」を狙ってみようかと...ごちそうさまでした。


中国料理 好天
(住所)大阪府堺市堺区一条通20-13
(TEL)072-238-5373
(時間)AM11:00 ~ PM2:00 PM5:00 ~ PM10:00 
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html







■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月13日 20時06分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:2 Trackback:0
2017年11月08日
らーめん工房RISE(河内の塩)@八尾市
171108_1.jpg

先日、久しぶりにいただいた「焦がし黒醤油」に感動したので、友達
を連れて、八尾の「RISE」さんに再度訪問しました。友達はメリ
ハリの効いた味を好むので、絶対に気に入ってくれるだろうと思って
たんです。この日は天候が悪かったこともあり、ゆったりモードだっ
たんですが、その分…富永君と話をすることができました。

171108_2.jpg

友達は「焦がし黒醤油」を食べるとして…僕は何を食べよう…よくよ
く考えたら、僕はデフォである「河内の塩」をこちらではいただいた
ことがないんですよね…移転前の東成のお店では、何度か食べてはい
るんですが…よし、それにしよう…

171108_3.jpg

ラーメンだけでは物足りないので、ご飯モノもいただきましょうか…
「じゃこご飯」や「玉子かけご飯」も気になるけど、前回食べて美味
しかった「焼豚丼」が本命かなぁ…

171108_4.jpg

【河内の塩(730円)+マルチョウ(250円)】(’17.10.30実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらでは初の「河内の塩」を、マルチョウトッピングでいただきま
した。このラーメンは元々、金久右衛門の大蔵さんの力添えもあって
生まれた一杯なんですよね...そういう意味では、あの頃の金久右衛門
の旨さを、忠実に再現しているお店のひとつになるんです。で、当時
と比べると、器の隅に盛られていた「貝煮干し」の姿はなく、カエシ
の中に仕込まれているのかな...琥珀色に澄んだスープの上に、厚みの
ある豚バラチャーシュー、水菜、穂先メンマ、トッピングの丸腸…
そして中央には白髪ネギを盛り付けて、仕上げに梅チップをパラリ…

171108_5.jpg

おお...口の中に広がる貝系の旨味…鶏ガラ、豚骨ベースのスープに
貝出汁の旨味が合わさる…表面に浮かべた鶏油の加減で、ややオイリ
ーな仕上がりだけど、トッピングの丸腸からもさらに旨味の援護射撃
が加わる…これはたまらんなぁ…醤油系のラーメン同様、カエシの
アタリはやや強めなんだけど、カドを立たせるワケでなく、いい具合
にまとまっていますね…これは文句なしに旨いわ…

171108_6.jpg

ストレートの細麺を合わせているんですが、しっかりとコシもあって
のど越しもいい...このスープとの相性もいいと思います。

171108_7.jpg

ここの清湯スープには、純粋に「鷹の爪」をふりかけて食べるのが
一番合うんですよ...卓上の鷹の爪を多めに投入する...これはお約束で
すよね…全体がピリッと引き締まって、輪郭が際立つ感じ…色んな
辛味の薬味がある中で、これが一番好き…極上の国産牛の丸腸は、
臭みも全くなく、噛めば噛むほど脂の甘みや旨みが溢れ出てくる…
プルプルの食感がたまりませんよ…最強のトッピングですわ...

171108_8.jpg

セットで「焼豚丼(小)」をいただきました。本来なら370円するん
ですが、ランチタイムで「250円」になってます。甘辛いタレのかかっ
た細切れのチャーシューに、刻み海苔、ネギ、紅生姜を添えている…
このタレがたまらんのですよ…友達もかなり喜んでくれたし、本当に
大満足ですわ...ごちそうさまでした。


らーめん工房RISE
(住所)大阪府八尾市本町3-11-22
(TEL)072-997-9003
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM9:00 
(休)火曜日、月曜の夜 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月08日 22時54分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・